TOP > 料理家が教える 地域の食材 味わい方、活かし方

料理家が伝える地域の食材 味わい方、活かし方

料理家が伝える

地域の食材 味わい方、活かし方

2017 Autumn

日本各地の、それぞれの地域で育まれた食材の数々…
食材に合った調理法を学んで、その魅力と味わいを再確認しませんか。
各地の料理家の方々に、とっておきのレシピを教えていただきました。

青森県の「帆立貝」「長芋」「にんにく」を使った帆立貝と長芋の香草焼き

帆立貝の甘み、長芋のシャキッとした食感、にんにくの香りが生み出す絶妙なマリアージュ。
味噌が味のアクセントに!

帆立貝と長芋の香草焼き

帆立貝・長芋・にんにく

帆立貝・長芋・にんにく

陸奥湾で水揚げされる帆立貝は、タンパク質やグリコーゲンなどを豊富に含んでおり、身がぷりぷりとして甘みがあります。長芋は、色が白くて粘りが強く、シャキシャキとした歯ごたえが特長。
どちらも青森県で高い漁獲量・生産量を誇る食材で、これらの食材を使った料理に非常に良いアクセントを加えるのが、日本の生産高の8割をしめる青森県産のにんにく。その味わい深いにんにくは、酢漬けやホイル焼きでも食べられています。

平田 真理さん

平田 真理ひらた まりさん

パンコーディネーターアドバンス、お米マイスター。『パンとデリの教室M’s Kitchen』主宰。パンとパンに合う料理や、米の銘柄に合わせた料理の試食スタイルが好評。

岡山県の「連島つらじまごぼう」を使った連島ごぼうと豚肉のカレー風味
ごま味噌ドレッシングのサラダ

柔らかく、甘みが強い連島ごぼうを使った秋らしいサラダ。
味噌・ごま・カレー粉を合わせた特製ドレッシングが、連島ごぼうの甘みをさらに引き立てます。

連島ごぼうと豚肉のカレー風味ごま味噌ドレッシングのサラダ

連島ごぼう

連島ごぼう

長年培われた特別な生産方法や、気候・風土・土壌などの生産地の特性により、高い品質と評価を持つ産品の名称(地理的表示)を、知的財産として国が保護する「地理的表示(GI)保護制度」。連島ごぼうは、岡山県で初めてこの制度に登録された食材です。色が白くてアクが少なく、身の柔らかさと強い甘みが特長で、さっと茹でるだけでもおいしくいただけます。

加納 亜美子さん

加納 亜美子かのう あみこさん

トータルフードコーディネーター。『一期会(いちごかい)』主宰。前職では、洋食器とワインの輸入会社に勤務し、WEBショップ運営を担当。現在は、料理教室以外に洋食器講座やソムリエとのコラボワイン会なども開催。

『貝印オンラインストア』では、このページで紹介している商品やその他の新作商品など、毎日の料理が楽しくなる便利なアイテムが購入できます。
貝印オンラインストアはこちら

Backnumber

2017 Summer 地域の食材 活かし方、味わい方

2017 Spring 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Winter 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Autumn 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Summer 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Spring 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Winter 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Autumn 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Summer 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Spring 地域の食材 活かし方、味わい方

Page Top