料理家は“雰囲気美人”を目指そう! 渡邉季穂さんインタビュー【好感度アップコラム】

多くの生徒のハートをつかむ料理教室主宰者とは、具体的にはどんな人なのでしょうか。特に気になるのは、そのビジュアルや雰囲気。「またこの先生に会いたい」「先生のようにきれいで料理の上手な人になりたい」と生徒に思ってもらえたら、やはり本人もうれしいしビジネスにも効果ありです。けれど私は美人じゃないし……などとあきらめるのはちょっと待って! 実は雰囲気の美しさは育てることが出来るものなのです。著書『雰囲気からして美人』が話題となっている、トータルビューティーカンパニー「uka」代表でネイリストの渡邉季穂さんに、その秘密を伺いました。

2019年04月17日

若作りより、自分をきちんと知ることが美しさの基本

「近頃、『雰囲気からして美人』という本を出版したのですが、サロンで毎日多くのお客様とお会いしていて感じるのは、今の人は基本的にみんなきれいだということ。どちらかというと、やりすぎ、若作りのしすぎのほうが問題なんじゃないかな」と言う渡邉さん。まだまだ日本には若い女性を支持する流れが根強く存在し、年齢を重ねると「諦めるか抗(あらが)うか」という選択になってしまっている人が多いというのです。

「ヨーロッパでは女性の魅力は40代から、と考える人もたくさんいると思いますが、そういう熟成の魅力というのは、“その人らしさが表現できていること”“自分に自信を持っていること”がカギになるのではないでしょうか。自分のいいところをちゃんと理解して、自分に自信を持っていれば、それだけでみんな美しい雰囲気をまとえると思います」と渡邉さん。

自分への信頼が、いい雰囲気のオーラを生み出す

では、周囲の人にその「美人の雰囲気」を感じさせるのは、具体的にはどんなシーンなのでしょうか。

「静止した顔形やスタイルではなくて、ちょっとしたしぐさや立ち居振る舞い、おしゃべりの仕方、そういうところに、心の余裕のようなものが感じられれば、いいオーラとして醸し出されていくのではないでしょうか」。

それは、自分に自信を持ち満足していることから生まれるものだと、渡邉さん。

けれどSNSのフォロワーがなかなか増えないとか、生徒が思うように集まらないなどの状況が続けば、日々自信を喪失することもあるでしょう。そんなとき、他の人の真似をしないことも大事、と渡邉さんは言います。

「今では大人気となった料理教室の先生や、何万人のフォロワーがいる料理家さんも、最初は一人のファンから始まっているはず。それでも自分のスタイルを貫いたからこそ、同じ価値観を持つ方々からの共感が広がっていったのだと思います。今あなたの身近に共感してくれる人が少なくても、世界中には必ずもっといますから、まずは今の自分を信じて貫くことが重要だと思います。不安そうにブレて試行錯誤することこそ、いい雰囲気を崩す原因になるのではないでしょうか」

「爪と髪」で健康と清潔を感じさせる

とはいえその「自分のスタイル」が見つからない、という人にとっては何から始めるかは重要問題。そこでまず、圧倒的大多数の人から好感を持たれるポイントを教えてもらいました。

「突き詰めるとそれは、健康、元気、清潔、ということでしょう。ファッションのテイストやメイクの好みなどは人によって違うかもしれませんが、基本的なお手入れがきちんとされている姿を、嫌いとかつまらないと感じる人はほとんどいないと思います」。

その「健康、元気、清潔」を感じさせるうえで大事なのが、爪、髪の“ツヤ”だと言います。

「クールとか、スタイリッシュとか、エレガントとか、キュートとか、知的とか、それぞれその人の持つ雰囲気的な魅力は異なるものですが、すべての人にとって、ベースの爪や髪にツヤがあるのはプラスに働くはず。その人らしい個性をイキイキと光らせるのに必要な要素だと思います」

手と爪を元気にするセルフマッサージ

具体的には、どんなお手入れをすればいいのでしょう。

「まず手元は、ネイルオイルやハンドクリームを塗って、手のストレッチをすることをおすすめします。料理家の方は特に、手元に注目が集まるシチュエーションが多いと思いますので、こまめに行いましょう。まず、指を反らせながらもう一方の手を指先に血液を溜めるように滑らせ、指先がうっ血したように赤くなってからパッと手を離します。これを指1本ずつ順に行いましょう。血流の滞りやすい指先の巡りがよくなって、健康な爪が育ちやすくなりますよ。そのあとは指の側面を、これも1本ずつマッサージします」。仕上げにトップコートをひと塗りすれば、さらにイキイキとした印象になるとアドバイスをくれました。

シャンプー前のブラッシングで頭皮と髪をイキイキと

ヘアのツヤについては、シャンプー法がポイントだそう。

「シャンプー前に髪をしっかりブラッシングして汚れを浮かせ、お湯で素洗いすること。これだけで髪の汚れの8〜9割は落ちるんです。爪で頭皮をゴシゴシする時間を少なくすれば、ネイルが傷むリスクも下がります。またブラッシングの際、前から後ろに向けて梳かすことで硬くなった頭皮が柔軟になり、日中前かがみの姿勢で前に垂れてきていた肌が引き上げられます。頭皮と顔の肌は1枚の皮でつながっているわけですから」

そうしてツヤツヤになった髪は、仕事の場ではやわらかく束ねておくことも大事だと渡邉さん。

「お料理をするときは下を向くことが多いと思いますし、清潔感と元気を感じさせるためには顔に髪がかからないよう束ねておくといいですね。ですが、ぴちっと固めすぎると隙がない印象になったり、ゆるくまとめたつもりが疲れた感じに見えたりすることもあります。事前にしっかりブロウをする、トップの髪は巻いてボリュームダウンして見えないようにしておくなど、入念な準備を怠らないようにしましょう」

ちゃんとお手入れしているという事実が自信に

「爪や髪を艶やかにお手入れするようになると、“今日は誰に会っても大丈夫!”と思えるし、人にも褒められることが増えて、少しずつ自信が持てるようになるはず」と渡邉さん。

でも、それでも自信が持てなかったら?

「ファッションやメイク、ヘアスタイルなどを変えてみるといいと思います。特に変えるべきは、服やメイクなら色、ヘアなら顔まわりの印象です。セールでそれまで絶対着なかったような色の服を買ってみる、今まで試したことのない前髪スタイルにしてみるといったことに、失敗してもよいので一度トライしてみましょう。新しい挑戦をすると、今まで見えなかった自分の特徴が見えてきたり、自分への関心が高まってくるんです」と渡邉さん。

最後に、ご自身の経験も踏まえて雰囲気作りに悩む人へのメッセージをいただきました。

「こんなことを話している私だっていつも自信はないし、本当に自信がある人なんて滅多にいないと思います。でもみんな自信があるように見せているんです。そのためには高いゴールにこだわるのではなく、“今日はこれでOK!”と現時点での自分を認めていくことです。だって皆さん、美味しいお料理が作れるっていうだけで、すごいことなんですから! 自信を持ってGoing my way で前に進んでください。それは素敵な雰囲気として、いつか“あなたらしさ”になっていきますよ」

撮影/山下みどり 取材・文/吉野ユリ子

お話を聞いた人●渡邉季穂さん

トータルビューティカンパニーuka代表取締役/ネイリスト

サロンワークや美容師・ファッション誌などの媒体での創作をメインに、後進育成のためのセミナー講師としても活動。素材の美しさを引き出すケアを重視した独自のネイル技術の普及に努める。技術・経験・センスには定評があり、各界著名人やビューティー関係者からの信頼も厚い。またネイリストとしてだけでなく、美容の新しい価値観を提案するトータルビューティーカンパニーukaの代表としてサロン経営、ブランドの立ち上げから製品開発までディレクション業務を手がける。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...