人気ヘアアーティスト倉田正樹さんに聞く、好感度アップのヘアスタイル【好感度アップコラム】

人気ヘアアーティスト、「アンフルラージュ」倉田正樹さんに聞く、好感度UPのヘアスタイル術

ビジネスシーンで、生徒の前で、人前に立つ時……。ヘアスタイルはその人の印象を大きく左右するのに、ファッションやメイクよりおざなりになっていませんか? 逆に苦手意識が強くて、パーティーや写真撮影のときはヘアだけはサロンに任せるという人も多いかもしれません。料理家として多くの人に好印象を持ってもらうにはどんな髪型がベストなの? 自分でも簡単にできるスタイルは? そんなヘアスタイリングの悩みを、女性誌でも人気のヘアアーティストであり、「アンフルラージュ」を主宰する倉田正樹さんに伺いました。

>>これまでの好感度アップ記事はこちら!

 

2018年07月16日

料理の魅力を伝える人として、自分も魅力的な存在であるために

「料理家というのは料理をおいしく見せるために神経を注いでいて、髪型も含め自分のことは後回しでいい、と考えている人も多いかもしれません。究極を言えば、板前さんに丸坊主の人が多いように、すべてをそぎ落とすというのもひとつのスタイルでしょう。けれどこのウェブサイトを読んでいる方は“こんなふうにすれば料理ってもっと簡単だし楽しいよ”とか、“この食材にはこんな栄養素があって、こう調理すると体にいいですよ”などと、食から得られる豊かなライフスタイルを伝える、ある種、啓蒙家のような役割を果たしている人も多いのではないでしょうか。そうなると、やはりその人自身に魅力がないと、料理の魅力も感じてもらえなくなってしまいます。その時に打ち出すべきあなたの“魅力”がどういうものなのか、ということを考えてみると、自ずとどんな髪型がいいかも見えてくるでしょう」。

開口一番、料理家と髪型の関係についての考えを聞かせてくださった倉田さん。でも自分がどんな魅力を打ち出すべきなのか、そのためにどんな髪型が望ましいのかを知るのはなかなか難しいもの。倉田さんにその謎を紐解いてもらいましょう。

好感度を上げるヘアアレンジのポイント

倉田正樹さん

それぞれの「見せたい魅力ポイント」の前提として、料理家に共通する理想的な“好感度の高い髪型”というのはあるのでしょうか? 倉田さんにいくつかのポイントを挙げてもらいました。

へア・ポイント1)サイド・顔まわりの髪はすっきりさせたほうがいい

調理中は下を向くことも多いので、顔まわりに髪がかかるスタイルはやめた方がいいでしょう。雑誌やテレビの撮影、あるいは料理教室で生徒に写真を撮られる可能性があるならいっそう、顔まわりは常にスッキリさせておくべき。清潔感がぐっと上がりますし、どの角度から見ても光がきれいに回り、写真写りが良くなります。

料理家の西佑子さん。「おでこを上げてピシッとしているけれど、トップに少し立体感を出したり、毛先に大きなカールを入れることで柔らかさが出ていますね」(倉田さん)

ヘア・ポイント2)額も一部分は必ず出すべし

ポイント1の顔まわりの髪と近いのですが、ぜひオープンにしてほしいのが“額”。額は清潔感のバロメーターになります。額を隠すとミステリアスな雰囲気を演出できますが、料理家として一般的にそれは必要のないことでしょう。「おいしそうな料理を作る人が登場する映画が好き」という倉田さん。「『大統領の料理人』や『幸せのレシピ』などの主人公も、みんなすっきりと額を出していました。真剣に料理に向かっている感じが伝わってきますね。額の形や横皺を隠したい人もいるかもしれません。その場合も、下の写真の料理家の西岡麻央さんのように、前髪に分け目をつけて一部分でも額をのぞかせるようにすることをおすすめします」。

西岡麻央さん

料理家の西岡麻央さん。「スッキリひとまとめにしていながらトップには少しやわらかさを出し、前髪はおでこをしっかり見せていますね。プロ意識を感じさせながらも親しみやすさも生まれるヘアスタイルではないでしょうか」(倉田さん)。

ヘア・ポイント3)メッシーバン(ゆる巻きシニヨン)は度合いに注意

今流行りの、ナチュラルに崩したようなアップスタイルはゆる加減に注意が必要でしょう。レストランを例にすると、ホールに立ってお客様とコミュニケーションをする人なのか、厨房で調理をする人なのか、と考えたときに、調理側の人(つまり料理家の立場)であるならば、やはりシンプルにまとめているほうがいいかもしれません。下の写真のように、“くるりんぱ(一度しばった髪の毛先をくるりとまとめた部分の上部から内側に引き出してまとめる髪型)”でゆるやかな動きを出したり、ひとまとめにしたあとに少しトップの髪を引き出してふんわり感を出す程度が良いのでは、と倉田さん。

まとめ髪

ヘア・ポイント4)ゴムの使い方で可能性が広がる

ゴムは髪をしばった根元できゅっと結ぶもの、と思っている人も多いかもしれませんが、ゴム使いひとつで、見た目の印象を大きく左右できます。黒や透明のポリウレタン製のヘアゴムがあり、最近ではドラックストアなどでも市販されていますが、これはとても便利。例えば根元から3cmほど空けて結ぶ、5cm空けて結ぶ、などと変化をつけて試してみてください。低い位置で結んでからギュッと締め上げると、たわみが出て程よいゆるヘアに仕上がったりもします。サイドを三つ編みや編み込みにしてから中央で1本に結ぶなどすると、きゅっとまとった清潔感に華やかさをプラスできますが、そんなときもゴムが大活躍します。

料理家の長谷川智恵子さん。「前髪を下ろしていてもカールを入れて斜めに分けていると清潔感があるでしょう? サイドをねじって後ろにまとめているようですが、少し動きが入るだけでイキイキしますね」(倉田さん)

ヘア・ポイント5)どうしてもヘアセットが苦手なら、帽子に頼るのも手!

どうしてもヘアセットがうまくできないという人は、帽子やヘアアクセサリーをトレードマークにしてしまうという方法もあります。洋食ならコック帽、和の家庭料理なら三角巾やターバンなどを使ってアレンジしてもいいでしょうし、ベレー帽やハンチング、つばの狭いハットなら邪魔になりません。「髪が落ちるのも抑えてくれるし、相手に印象深く覚えてもらうのに役立つこともあると思いますよ」と倉田さん。

倉田正樹さん

ビジネスシーン別・好感度の高いヘアスタイルはこれ!

料理家にとってのビジネスシーンには、ふだんの料理教室をはじめ、出版社やテレビ局、レシピを提供する店舗施設や食材メーカーなどとの打ち合わせ、そして実際にテレビやイベントに出るなど、さまざまな状況が考えられます。それぞれの場面でどんなことに注意してヘアをセットするとよいのでしょうか。倉田さんにアドバイスをいただきました。

倉田正樹さん

シーン1)料理教室でのレッスン

毎日のことなので手が回らない人も多いかもしれませんが、ヘアスタイルは自分が想像する以上に周囲にメッセージを伝えているということを知っておきましょう。自分が周りからどんな料理家として見られたいのか、そのイメージを固めておくことが大切だと倉田さんは言います。和食や洋食、中華などでも違ってくるでしょうし、家庭料理なのか、おもてなし料理かなどでもまた雰囲気は異なるでしょう。料理のジャンルを超え、“孤高の料理人”のようなカリスマ的な雰囲気を出したいのか、コミュニケーションしやすい親しみ感を出したいのかといった違いもあるのでは。ヘアスタイルを考える際に重視すべきなのは、髪型よりもタッチ(質感)。ふんわり感か、ビシッと感か、見せたいイメージについてよく考えてみましょう。

シーン2)企業やメディアとのミーティング

食品メーカーや百貨店の担当者には、スーツやジャケットスタイルの人も多いかもしれません。同じくらいビジネスライクな雰囲気を目指す必要はないのですが、ある程度常識を踏まえた「きちんと感」を演出することで、共に働く相手として信頼されるでしょう。カジュアル感よりは「きちんと感」を重視し、前述したように特に顔周りや額はすっきりとさせておいたほうが確実のようです。

シーン3)テレビや雑誌に出演するとき

メディアに出る時は、料理だけでなくあなた自身にもスポットライトが当たる場面です。そんな時は、教室でのレッスン時同様キャラクター作りも重視すると共に、テレビであれば不特定多数の人が観ること、雑誌なら読者層など、見ている側の気持ちも少し意識してヘアセットしてみるといいでしょう。ビジネスの現場では「きちんと感」が優先ですが、表に出る場面では少し「崩す技」も取り入れるほうが、見せたい雰囲気の選択肢が広がります。

また、テレビや雑誌などの撮影がある時はヘアスタイリストがついたり、サロンに行ってから挑むという人もいることでしょう。スタイリストには、どんなふうに見られたいのか、やわらかさ加減やビシッと加減、出演してどんな作業をするのかなど、できるだけ細かく伝えることがおすすめ。情報があればあるだけ、スタイリストとイメージを共有することができます。

 

あると便利!なりたいイメージを作るためのスタイリング優秀小道具

TPOや見せたいキャラクターによって、「きちんと感」と「ゆるさ」をコントロールすることが大事、ということがわかりました。が、それをどうやってヘアスタイルに落とし込むかが難しいところ。倉田さんは、「お手入れのための必要道具が揃っていれば、実は誰でも簡単にできる!」と言います。まず何を揃えればよいのでしょうか?

  • アイロン&ドライヤー

ヘアアイロン&ドライヤー

アタッチメント2つ・ケース付きのドライヤー、「キュレイナ3D PLUS」と、ストレートヘアをよりきれいに見せながら毛先をくるんとまとめる「ヘアビューロン ストレート」(いずれもリュミエリーナ)

くるくるドライヤーやブラシ型ドライヤーなんて邪道!?と思っている人もいるかも知れませんが、自分でヘアセットをするなら、こういったドライヤーはおすすめです。カーラーを使わなくても毛先のまとまりを作ったり、トップにボリューム感を出したり、前髪に動きをつけたりといったことがすばやくできるので、ヘアスタイリングの悩みを軽減してくれます。毛先がきれいにカールされていると、まとまりをつけるのもかなり簡単に。前髪を下ろしている人も、カールして癖づけすれば、バサッと顔に落ちるのをある程度は防げます。

また、ヘアアイロンもテクニックがいると思われがちですが、実はとても便利なアイテム。ストレートな髪部分はアイロン面でさらにまっすぐに伸ばしつつ、最後にちょっとひねりを入れて、毛先部分にカールをつけるように引き抜いてみてください。ちなみにこの写真の2品は、平均的なアイロンやドライヤーより少し高価ですが、使えば使うほど髪に艶が出ると言われていておすすめです。

  • スタイリング剤、ブラシ、ゴム

スタイリング剤

スタイリング剤のメーカーは一般的に、さまざまな髪の「悩み」から商品開発をしているもの。その発想を逆にゴールから捉えて、「その日なりたいイメージ」に合わせて使い分けてみましょう。

ビシッとさせればさせるほど、清潔感やきちんと感はアップしますが、隙がなくなって怖い雰囲気になることもあります。逆にゆるくふわっと仕上げると親しみが出る一方、だらしなく見えたり、プロっぽさから遠ざかったりすることも。写真中央のキューブ型のものはハードタイプとソフトタイプ。こういったタイプ違いのものを準備し、なりたいイメージで使い分けるのが得策です。左端の青いボトル「プロダクトワックス」は口に入っても大丈夫というレベルの、100%オーガニック製。これなら料理の現場でも安心して使えます。右のいくつかは「AVEDA」の製品で、フタ付きの青いワックスはホールド力が弱めなので崩しながらまとまりを出したいときに。後ろ2本のボトルタイプはいずれもダウンスタイルでまとまりを出したいときに便利です。右手前の黒いボトルは本来男性用のハードタイプですが、ショートヘアでもしっかりまとめたいときなどに役立ちます。

ワックス使いのポイントは髪全体につけないこと。まとまりをつけたい部分、動きをつけたい部分などにピンポイントでつけるのがコツです。またワックス1に対して、水2くらいの割合を混ぜてテクスチャーをやわらかくしたり、ベビーパウダーを少し混ぜてマットに仕上げたりといろいろな遊び方があるので、研究してみてくだい。

左に置いたゴムは「ヘア・ポイント4」でもご紹介したとおりの便利なアイテム。クッションブラシはデンマンブラシと普通のブラシの両方のいいところを組み合わせたようなブラシです。どんな髪もまとまりやすく、同時に動きを出しやすいアイテムなので、これも自宅にひとつ、持っておくといいでしょう。

 

いかがでしょうか。映画やテレビなどに登場する女性たちも参考にしながら、自分の見せたい雰囲気を意識したヘアアレンジにぜひ挑戦してみてください。

撮影/田上浩一 取材・文/吉野ユリ子

話を聞いた人 倉田正樹さん(Masaki Kurata)

ヘア・メイクアップアーティスト。enfleurage AOYAMA(アンフルラージュ アオヤマ)代表。2000年頃の「カリスマ美容師ブーム」を牽引した一人であり、以降業界の第一線を走り続けている。サロンワークのほかモード誌からクラスマガジンまで幅広い雑誌や広告、映画やドラマの撮影などでも活躍し、女優やセレブからの信頼も厚い。ヘアやメイクに関する商品プロデュースやアドバイスも行う。http://www.enfleurage-salon.com

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1860) [1]=> int(826) [2]=> int(1479) [3]=> int(2670) [4]=> int(2744) }

人気の記事Pick Up Topics

料理家 渡辺有子さん【私の駆け出し時代】

Facebook(フェイスブック)のビジネス活用術!企業ページを作ろう【料理家のためのSNS講座】

スマホカメラを使うきれいな写真の撮り方をプロが伝授!【料理家のためのデジタル塾】 

中村紫乃さん主宰「just baked!(ジャスト・ベイクド!)」【人気料理家のレッスン拝見】

サンデーベイクショップ直伝!「りんごのトレイベイク」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

人気料理家が企業やメディアに愛される理由【ビジネスマナー塾】

SNSのプロが指南。インスタグラムでプレゼンスを高める方法【料理家のためのデジタル塾】

砂肝のコンフィ、パクチー、ブルーチーズのサラダ【プロに教わる逸品レシピ 「ペタンク」山田武志シェフ】

料理家 坂田阿希子さん【私の駆け出し時代】

鶏レバームースとりんごのタルティーヌ【プロに教わる逸品レシピ 「ペタンク」山田武志シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...