カメラマンに聞く、プロフィール写真の正しい撮られ方【好感度アップコラム】

人気カメラマンがこっそり教える、素敵なプロフィール写真の撮られ方

ブログやSNSなど、個人が情報を発信する機会が増え、今や誰もがプロフィール写真を持っていても不思議ではない時代。特にフリーで働く人や料理教室主宰者であるなら、必須アイテムと言えるでしょう。けれど、考えてみてください。その写真はいつどこで誰に撮ってもらったもの? 写真の印象ひとつで、生徒の数も契約する仕事量もガラリと変わるかもしれません。そこで今回、プロの視点から考える「いいプロフィール写真」について、写真家の神戸健太郎さんに話を伺いました。

>>これまでの好感度アップ記事はこちら!

2018年09月17日

ビジネス用プロフィール写真を自宅で自分で撮るのは至難の業!

SNSの個人アカウントや、自身のホームページに掲載する顔写真について考えてみたことはありますか? それほど大きく載せるわけではないんだから、自宅のリビングやどこかの白い壁の前ででも撮ればいいんじゃないか、と思う人もいるかもしれませんが、それではたいていうまくいかない、と神戸さん。
「ダウンライトや天井からの照明は、光がオレンジ色でも白でも、たいていは逆効果。顔に不要な影を落としたり、ほっぺたが照ってしまったり、肌色に妙な色かぶりを作ったりして、美しくいい写真からは程遠くなります。日中に自然光の下で撮ったとしても、光の使い方は実はとても難しいもの。家族や友人に写真やライティングの知識や技術がある方がいて頼めるなら話は別ですが、もしこれから大きく売り出していきたいと考えるなら、自分でなんとかしようという考えは改めたほうがいでしょう」

好みの写真を撮るカメラマンに、一度直接アプローチを

では、プロのカメラマンに頼めばそれだけで美しい写真を撮ってもらえるのでしょうか? 神戸さんにその点を尋ねると、まずカメラマン選びがとても重要だと話してくれました。
「プロにプロフィール写真を撮ってもらおうと考えたとき、きっと多くの人はまず、“プロフィール写真、撮影、格安”などといったキーワードや、さらに“◯◯区”などの居住エリアでネット検索をするのではないかと思います。でも写真はいわば、料理と同じ。料理は“どんな食材で調理するか”と“誰が調理するか”、その両方で味が決まりますよね? プロフィール写真で言えば、“どんな光で(どんな場所で)撮るか”もとても大事なのですが、“誰が撮るか”でも、仕上がりはまるで違います」

さらに「誤解を恐れずに言うと、子供の写真や成人式の写真を撮影する写真館や、安さが売りの写真館でプロフィール写真を撮影するのはおすすめしない」と神戸さん。
「家族の記念写真ならそれでいいと思いますが、写真館のショーウィンドーに飾ってある写真の中に、みなさんが理想とするような、自然で今どきっぽいプロフィール写真があるでしょうか? そうでないなら、自分が撮ってほしいイメージの写真を撮っているカメラマンを探すことが大事ではないかと」

そのためには、日頃から雑誌やインターネットなどを見て、作品の雰囲気に好感のもてるカメラマンを見つけて直接アプローチすべき、と提案してくれました。
「名前で検索すれば、最近なら多くのカメラマンがホームページをもっているでしょうし、SNSからメッセージを送るのでもよいかと思います。インスタグラムで、ハッシュタグ“#Portrait”で検索すれば、作品を公開しているカメラマンもいるかもしれません。もちろん全てのカメラマンが一般の方のポートレート撮影を受けているとは限らないのですが、まずは挑戦してみるのもありだと思います」

正統派スタジオで撮影したプロフィール写真は「今っぽさ」を作りにくい

カメラマンが決まったら次は、“どんな写真を撮ってもらうか”を考えましょう。

「写真の使用用途、その人の骨格、雰囲気によってライティング(照明、外であれば太陽、室内であれば窓からの光)を調整する必要がありますが、ライティングの手法や条件の良し悪しを事前に素人が判断するのはかなり難しいと思います」と神戸さん。
「自然な写真を撮ってもらいたいなら、日中、明るい光が注ぐ時間に、自宅や、懇意にしているレストランなどで場所借りして、お願いしたカメラマンに撮影してもらうのがいいのではないでしょうか」。
白っぽい壁があればその場所を空けておき、なければ白い布や家電量販店のカメラ機材コーナーにある幅広のバックペーパーを張るなどして工夫するのがおすすめだそう。カメラマンに相談しやすい雰囲気があれば、事前に撮影場所についての情報を伝え、アドバイスをもらってもよいかもしれません。

今後、自分がどう売り出したいのか、ビジネスイメージを明確に

カメラマンに撮影を頼む場合も、家族や知人に頼む場合も、まず大事にしてほしいのは“どんなふうに自分を売り出していきたいか”、というイメージを捉えることだと神戸さんは言います。
「テレビに出てタレント的に仕事をしていきたいのか、ごく限られた方に向けた優雅なサロンの雰囲気でやっていきたいのか、栄養価やカロリーなどに基づいた論理的な料理を教えたいのか、といった目指す方向性によって、プロフィール写真の“正解”も変わります。服装、髪型、表情、背景、ライティングなどすべて違ってきますから、まずはご自身の中で目標設定を明確にしておくのは必須でしょう」

自分が「素敵だな」と思うプロフィール写真を10枚は用意しよう

カメラマンと会っても、自分がどんな写真を撮ってもらいたいかを上手に伝えるのは難しいことかもしれません。おすすめは自分が素敵だと思う人物写真を10枚前後準備していくこと。

「どの点を素敵だと感じているのか、プロのカメラマンなら10枚もあればその共通点を見いだせるはずです。光や影のバランスなのか、表情なのか、髪型なのか、背景なのか……。それらを見ながら好きな雰囲気を伝えていくと、お互い意思疎通がしやすく、満足のいく写真に近づきやすいと思います」
加えて、上述の“どんなふうに使いたいのか”“どんな人だと思われたいのか”といったゴールのイメージを言ってみてもいいでしょう、と神戸さんは話してくれました。

ヘア&メイクは“やりすぎ”に注意を

当日はヘア&メイクをどうしよう?と悩むかもしれませんが、これもパーティー用などに格安で行っているヘア&メイクサロンは、ポートレート写真には合わないことが多いと思う、と神戸さん。

「もし自分のヘアメイクスキルにどうしても自信がなくてプロにお願いしたいなら、あなたが気に入っていて、相手もあなたらしさをよくわかっている行きつけのヘアサロンにカットを予約し、いつもどおりにブローしてもらい、ヘアメイクのリタッチも合わせてお願いするくらいのほうがいいのではないでしょうか。もっと本格的にお願いしたいなら、やはり雑誌などで自分が好きなテイストのスタイルを表現しているサロンやヘアスタイリストをチェックして臨むこと。カメラマン選び同様、“プロがやれば必ず素敵に仕上がる”という安易な思い込みは厳禁です」

売り出していきたいならビジネス用プロフィール写真は「目線あり・笑顔」で

さて、カメラの前に立ったら、自分自身の表情やポーズが気になります。緊張しやすいタイプの人や、“自然な写真にしたい”“自分の顔に自信がない”という人の場合、横顔やうつむいた顔などの写真を希望する人も多いようですが、神戸さんは“目線あり・笑顔”の写真がおすすめだといいます。

「これからその写真で、生徒さんにたくさん来てほしい、いい仕事を受けたいと思うなら顔は見せたほうがいいし、硬い表情よりはやわらかい笑顔のほうがいいでしょう。真正面が嫌でも、せめて人相がわかる程度の斜め顔までがおすすめ。目線を外していても、両目がちゃんと写っている程度には顔を見せたほうがいいと思います。そして好感度が高いのは、女性ならやっぱり、自然なやわらかい光のなかで、肌もきれいに見える写真です。そういう写真は、いわゆる“おしゃれで今っぽい雰囲気”を伝えてくれるもの。生徒もメディア側もそういう料理家に教わりたいと思う人が多いでしょうから、自分の好みには合わなくとも、マーケティング的な観点から、最低限の基準としては意識したほうがいいでしょう」

顔のコンプレックスは隠す? 開き直る?

顔立ちにコンプレックスがある人もいると思いますが、あまり気にしないほうがいいと神戸さん。

「もし目の大きさや鼻の形が左右違うというような悩みがあるなら、少し斜めから撮るという方法もありますから、カメラマンにぜひ相談してみてください。ほうれい線、シミ、シワ、ほくろ、また肌や歯、白目の色などは、現代のデジタル技術をもってすれば自然に修正が可能です。それを気にして微妙な表情になってしまうよりも、堂々としていたほうがいいでしょう」

表情が固くなりがちな人は、かわいい赤ちゃんやペットの動画などを見ながら撮ってもらうのも手と神戸さんはいいます。
「プロのカメラマンは日頃からプロのモデルと仕事をしているので、被写体が唐突な笑顔を浮かべたり、突然あらぬ方を見たりする瞬間にも慣れています。“カメラマンにどう思われるか”というような心配は一切せず、一緒にいい写真を残そうというつもりで、いろんな表情を試してみてください」

背景と光の使い方で雰囲気が変わる

今回、取材担当ライターが実験台となって、取材を行った部屋で実際に神戸さんに撮影してもらいました。細かいライティングなどは一切せず、使ったのはレフ板一枚です。同じ空間で、壁を背景にしたものと後ろの廊下を背景にしたもので挑戦。

「白い壁でも光をやわらかく使えば、シンプルで清潔感のある写真に仕上がります。一方、背景を活かし、後ろに少し空間を入れて光が落ちる感じを残すと、ニュアンスや高級感がプラスされます。自分の写真となると、ついつい自分の表情や自分の顔にばかり目がいってしまうものですが、人が見ているのは写真全体の生み出す“印象”です。光ひとつでも与える印象がずいぶん変わってくるということを、ぜひ覚えておいてください」

白い壁を背景にして撮ると、スッキリとしたシンプルな雰囲気に。

撮影/神戸健太郎

後ろのニュアンスを生かして撮ると、少し高級感のある雰囲気に。

撮影/神戸健太郎

全身写真を撮りたいなら、少し寄りかかって

もし何か仕事で全身写真も必要という場合は、表情だけでなくポージングでも悩むかもしれません。そんなときも、事前に好きな全身写真を用意しておき参考にするといいですよ、と神戸さん。
「ファッション誌だとポージングが難しいかもしれないのですが、ファッション系のECサイトあたりなら、洋服をきれいに見せるため、自然な姿勢でスタイルよく見える立ち方をしている写真が多いので参考になるでしょう。一般的には、壁にもたれかかるようにすると、あまりポーズに悩まずに自然な写真が撮れると思います」

取材やイベントで撮影してもらったときの注意点

カメラマンにプロフィール用写真を撮ってもらうにはどうすればいいかについてお伝えしました。最後に、少し頭の片隅に置いておいた方がいい情報を。

事前にギャランティーの条件や写真の使用用途まできちんと話して、お互いに納得して撮影してもらった写真であれば、その後、その写真をメディア露出に用いるのは許されることですが、雑誌の料理撮影やフードイベントのような場所で、プロのカメラマンに出合ったとき、つい気軽に「撮ってもらったこの写真を、今後のプロフィール写真として使いたい」と思うこともあるかもしれません。しかし、自分を映した写真であっても、それをカメラマンに願い出ることは注意が必要です。というのも、カメラマンは撮影技術が売り物、要するに商品なので、「撮った写真、ください」と言うのは、商品を無料提供して欲しいとお願いしているようなものだからです。

さらに、雑誌撮影やイベントの場合、出版社やテレビ局、制作会社など、主催者側が準備した現場ということもあり、写真を撮影したカメラマン以外にも道義的問題が潜んでいることも多々あります。どうしてもその写真が気に入って使いたいと思う場合は、正当な金額を払って買い取りしてでも入手したいという時に限って、まずは撮影現場の担当者など、主催者に連絡し、買い取りの相談ができるかどうか尋ねてみると良いでしょう。もちろん、断られる場合もありますし、買い取り金額が想像をはるかに超える場合もありますので、そのあたりも含めて交渉にあたることが大切です。

さて、雑誌や広告などで活躍しているカメラマンの場合、いくらで撮ってもらえるんだろう、という不安もあるでしょう。神戸さんからはこんな提案が。
「そもそも、一般の方のポートレート撮影の基準価格については未設定というカメラマンがほとんどだと思いますが、例えば5〜10万円位の範囲でまずはご自身の予算を伝えてみてはいかがでしょうか。それではダメだというカメラマンもいるかもしれませんが、交渉のスタートラインとしては妥当な金額だと思います」

いかがでしょうか。今まで考えていたプロフィール写真の撮り方とは、発想もプロセスも全然違ったという人も多いかもしれません。しかし、写真一枚が仕事の運命を左右するかもしれない時代、試してみる価値はあるはず。一度検討してみてはいかがでしょうか。

撮影/山下みどり 取材・文/吉野ユリ子

話を聞いた人:カメラマン 神戸健太郎さん

Kentaro Kambe●1976年東京生まれ。1998年都内スタジオに入社ののち、2001年より独立。女性ファッション誌を中心に幅広く活躍している。インスタグラムアカウント@kanbepouty http://www.kentarokambe.com/index.html

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1860) [1]=> int(826) [2]=> int(1479) [3]=> int(2670) [4]=> int(2744) }

人気の記事Pick Up Topics

料理家 渡辺有子さん【私の駆け出し時代】

Facebook(フェイスブック)のビジネス活用術!企業ページを作ろう【料理家のためのSNS講座】

スマホカメラを使うきれいな写真の撮り方をプロが伝授!【料理家のためのデジタル塾】 

中村紫乃さん主宰「just baked!(ジャスト・ベイクド!)」【人気料理家のレッスン拝見】

サンデーベイクショップ直伝!「りんごのトレイベイク」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

人気料理家が企業やメディアに愛される理由【ビジネスマナー塾】

SNSのプロが指南。インスタグラムでプレゼンスを高める方法【料理家のためのデジタル塾】

砂肝のコンフィ、パクチー、ブルーチーズのサラダ【プロに教わる逸品レシピ 「ペタンク」山田武志シェフ】

料理家 坂田阿希子さん【私の駆け出し時代】

鶏レバームースとりんごのタルティーヌ【プロに教わる逸品レシピ 「ペタンク」山田武志シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...