好印象・好感度UPのための話し方とは?【好感度アップコラム 】

多くの人にとって、「会話」なくしてクライアントや取引先、お客様とのコミュニケーションが完結する職業はとても少ないでしょう。料理家ももちろんそう。料理家は「料理の作り方を教える人」「料理の魅力を伝える人」など、「話す」という行為を通して料理にまつわるコミュニケーションを行う人です。そのツールである「話し方」が好印象であることはとても重要。与える印象が良ければ、仕事相手や生徒とも円満な関係を築くことができ、「また一緒に仕事をしたい」「また習いたい」という気持ちへと繋がります。今回は、話の達人であるフリーアナウンサーの小泉恵未さんにアドバイスをいただき、料理家にとって必要な、好感度の高い「話し方」とはどんなものか、どうすれば身につくのかを紹介します。

>>これまでの好感度アップ記事はこちら!

2018年04月16日

話し方ひとつで好感度は変わる

同じ内容の話をしていても、話し方の上手な人とそうでない人とでは、聞き手の受ける印象は違ってきます。それは頭でわかっていても、話すテクニックを習うことなく、人前で話す機会が多いことでしょう。これはとてももったいないこと。少しでも話し方で好印象を持ってもらうために何かできることは? ひとつの例として動画撮影をすることを、小泉恵未さんが提案してくれました。
「自分の料理教室での様子を、最初から最後まで全部録画してみるんです。アシスタントさんがいるならその方に撮影してもらったり、ひとりで行っているなら教室全体が見渡せる位置にカメラを設置して録画してみたりしてください。そして終わってから、最初から最後まで見るのです」。
まずチェックすべきは自分の声の大きさとトーン。意識が行き届いているときには自然でも、ちょっと気を抜くと声が低くなる人がいますし、緊張すると高くキンキンした声になってしまう人も。自分の声が聞きやすいか聞きづらいか、早口になっていないかどうかなど、細部の印象までチェックしてみましょう。
「レッスンの様子をすべて見なくても分かる、と思ってしまうかもしれませんが、全部見ることで“途中からだんだん早口になってる”とか“これで2時間は飽きるだろうなぁ”などと、実感できると思います。その2時間を体験する生徒さんの立場で自分を客観的に見るためにも、ぜひ一度実践してみてください」

「大勢に伝える」ときの心構え

料理教室では数人〜数十人の人に同時にメッセージを伝えることが必要になります。これは一般的な会話とは違うスキルが求められます。まず大事なのは相手に伝わっているかどうかを常に意識すること。そのテクニックについても小泉さんに伺いました。
「あなたはこれから話す内容をすべて知っていますが、聞き手は初めて聞く内容です。分かりづらいところがないかどうか、一人ひとりの表情から察していきましょう。表情が曇ったり、他の人のノートを覗き込んでいる人がいれば、分かりにくかった証拠。もう一度言い直す、言葉を変えて表現するなどの工夫が必要です。特に重要なところはゆっくり、はっきりと。視覚で伝えたいときは“はい、今から大事なポイントをお話ししますから私の手元を見てくださいね”と視線を集め、ボウルやフライパンの中がよく見えるように角度を整えることなども重要でしょう」。
全体の様子を見ながら、伝えるための工夫をする。これができるようになれば、他の先生とはひと味違う、印象に残るレッスンが叶えられるでしょう。

 

好感度が低い人の特徴、好感度を下げる4つの話し方

小泉さんの話をベースに、さらに出版社やテレビ局、商品開発やメニュー開発で関わる企業の方、生徒さんたちとのコミュニケーションなど、1対1でのコミュニケーションについても考えてみましょう。「会話のスキル」は、そのまま相手との関係性を決定づけ、ビジネスの成否に関わってくるもの。まずはこんな話し方をしていないか、好感度を下げるクセをチェックしてみませんか?

1)相手の話を否定する

「いや」「逆に」「そうじゃなくて」などと相手の言葉に対して否定から話を続ける人がいます。人と人で意見が違うのは当然ですし、異なる意見の中から出てくるアイデアもありますが、否定の単語を聞いた途端、相手は「否定された。軽んじられた。高圧的な人だ」などとネガティブな印象をもったり、次に意見を出す気持ちが萎えたりします。さらに「もちろんそうですよ」「それは知っています」などの言い回しも、状況や聞き方によっては意外に否定的な印象を相手に与えてしまうこともあるようです。

2)相手の話を聞かない

自分がこれから話したいことで頭がいっぱいで、相手の話が上の空になっていませんか? あるいは相手の話を「その話は知っている」「この人の考えは浅はかだ」などと判断して、聞き流そうとしてはいませんか? 話をちゃんと聞いてもらえないというのは、まるで贈ったプレゼントを包みも開けずに適当に置かれたようなもの。自分の話を聞いてくれない人に、好印象を持ってくれる人はいません。

3)自分の話ばかりで、自慢話が多い

自分が体験・経験から得た知識を伝えようとしたり、自分を評価してもらおうと、自分のことばかり話していませんか? 海外での経験、美食体験、著名人との交流などはすべて、話し方や受け手によっては自慢話にしか聞こえませんし、そうでなくても自分のことばかり話す人は聞き手を疲れさせてしまったり、印象が悪くなる危険性があります。

好感度が高い人の特徴

では逆に、好感度の高い人はどんな話し方をしているのでしょうか。特徴として言えるのは、「自分が」何を話すか、どう見られるか、ということに軸があるのではなく、「相手が」理解できるか、楽しめるかといった、相手側にゴールを設定している人です。「それは相手次第」と諦めるのでなく、話し手であるこちら側ができる努力や工夫を考えてみましょう。

好感度を上げる7つの話し方

実は小さなテクニックの積み重ねで、好感度はガラリと変わります。また実際にやってみると、自分がいかにできていなかったかということにも気づくでしょう。例えばこんな7つの話し方テクニックを実践してみてください。

1)聞き上手になる

人は自分の話をきちんと聞いてくれる人に好意を感じ、心を開き、満足します。相手の目を見て、頷いたり微笑んだりと反応を示しながら、話を最後まで聞くこと。そこに無理に「気の利いた感想やアドバイス」を添える必要もありません。ただ聞く、というのも大事な「話し方」テクニックです。

2)最後にポジティブなことを言う

物事にはポジティブな面とネガティブな面があるでしょう。特にビジネスでの会話であれば、アイデアは良くても予算や時間、設備に無理がある、といったこともあると思います。それらを会話のなかでどの順番で言うかは重要です。「これから考えなくてはいけない問題がたくさんありますが、それがクリアできればとても魅力的な企画になりますね」などと、最後に前向きな表現を持ってくることで、相手はあなたに好印象をもち、より友好的な関係を築けます。アシスタントさんなどに注意をする時もこの順番で「●●は気をつけてね。でもいつも助かっているのよ」などと、ほめたり励ましたりする言葉を最後に伝えましょう。

3)会話の中に相手の名前を出す

特に初対面の方やまだ距離のある関係の方に、「●●さんはどう思いますか?」などと相手の方の名前を入れてコミュニケーションしてみてください。同じ内容でもより親密になり、相手も自分を尊重してくれていると感じて、より熱心に接してくれるようになるでしょう。

4)結論から先に話す

今から何を話そうとしているのか、知っているのはあなた側だけです。遠慮したり、論理立てて話そうとするあまり、理由や状況を先に、結論を最後に持ってこようとすると、相手は「何がいいたいのかな?」と聞いている間じゅう頭の中にハテナマークが広がり、内容に集中できません。また「奥歯に物の挟まったような言い方だ」と、不信感を抱く人もいるかも知れません。最初に「今回は●●が良いと思います。なぜかというと…」というように、先に結論を伝え、その上で理由を話すという構成にすると、相手も心の準備をして聞くことができ、心地よく会話が進みます。

5)欠点や失敗談を自分から話す

「好感度を下げる話し方」で自慢話をする人を挙げましたが、反対に失敗や弱点を自ら晒す人に相手は人間味を感じ、好印象を受けます。特に相手の方の失敗に対して「私もよくやっちゃうんですよ」などとフォローすることができれば、相手は救われたような気持ちになるでしょう。もちろん、社会人として信用を欠くような致命的な欠点は伏せておき、改善の努力をすべきですが!

6)笑顔で話す

人は聞いた内容そのものよりも、「どんなふうに言われたか」「どんな表情で言われたか」を記憶に残します。相手に好印象を与え、良好な関係を築いていきたいなら、シビアな内容を話すときほど柔らかい表情を意識しましょう。話している途中で表情が真剣になっていても、最後には笑顔で。

7)余裕をもってゆっくりと話す

相手を退屈させたくない、話が冗長にならないようにしたいと思うあまり、早口になってしまう人がいますが、相手から見るとせっかちで高圧的な人に見えたり、落ち着きのない人という印象を感じたりします。また早口は聞き間違いなどのミスコミュニケーションの原因にも。焦らず、聞き取りやすいスピードでゆっくり話すことで、穏やかな空気を生み出すことができ、あなた自身にも落ち着いて話のできる人という印象が生まれます。

大切なことは「相手に興味を持って会話を楽しむこと」

「印象を下げる4つのクセ」と「印象を上げる7つのコツ」話し方、共通して言えることは、自分が話したいことで頭をいっぱいにするのではなく、相手に興味を持ち、相手との会話の時間を楽しいものにしよう、と意識すること。相手側に視点を置き直してみると、自分の発した言葉の意味もずいぶん違って見えてきますね。

 

まとめ)話し方が変わると、人格も変わって見える!

いかがでしたか?話し方が変わると、「あの先生のお話は素敵ね」というだけでなく、「あの先生は優しい」「あの先生は賢い」と人格の印象まで変わります。ここに挙げたスキルはどれも今日から実践できることばかりなので、ぜひ頭の隅に置いて会話を楽しんでみてください。

 

 

撮影/北川鉄雄 取材・文/吉野ユリ子

プロフィール
話を聞いた人 小泉恵未さん(Emi Koizumi)

フリーアナウンサー。「東京メトロポリタンテレビジョン」では報道をはじめ、さまざまな職場に勤務したのち、フリーに転身。現在も多くのメディアに登場し、報道からバラエティまで幅広く活躍中。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...