You Tubeで料理動画を配信する料理家、YOSHIROさん【料理家のためのデジタル塾】

個人の販促・集客ツールとして避けて通ることのできないSNSやネットの世界。なかでも、料理のおいしそうな感じや手順を伝える上で動画という手法はぜひとも取り入れたいもの。でも素人でも上手にできるのでしょうか? You Tubeで番組を立ち上げ、各方面で人気の料理家YOSHIROさんに、動画を始めるまでの過程やコツ、動画を配信する意味について伺いました。

2018年12月10日

「料理家」というビジネスを成功させるためのコンセプト作り

YOSHIRO

5年前に料理家として独立して以来、著書・関連本含め10冊以上発刊、料理教室を主宰しつつ、雑誌やテレビ出演、企業とのコラボやレシピ提供、政府に協力して海外に日本の食文化を発信するなど、幅広く活躍しているYOSHIROさん。短期間でここまで成果を出せた理由は、実力はもちろんのこと、ビジネスを成功させるために多くの努力を惜しまず続けてきたからでもあります。

もともと父親が飲食店を営んでいたことから、食への関心が深かったYOSHIROさんは、食品メーカー勤務を経て父の飲食店で修業。「店に足を運んでくださる方だけでなく、さらにもっと多くの人に食の魅力を伝えられたら!」と思い立ち、料理家・フードコーディネイターの道を目指したといいます。フードコーディネイターの専門学校に通って、料理家としての道をスタート。まずはブックを作って出版社各社に送りつつ、常に自分でも持ち歩いて、会う人ごとに『何かあればご用命ください』と配布していました。さらに実績を積むべく、料理教室も開始。

「最初は友人に声をかけて人集め。料理教室を本業に、という考えではなかったのですが、教えることはアウトプットの方法を学ぶ貴重な場になりました」

さらに当時を分析してこう話します。

「20代の男性料理家ということ自体で多少の物珍しさはあり、父の店で修業を続けることもできた。また自分自身がのめり込んでいるトライアスロンでそれなりの戦績も出しているので、スポーツとリンクさせての体作り、健康管理のための食という視点も持っていました。それらを組み合わせて、うまく独自性を出せないだろうかと思っていましたね」

単に好きなことをやるだけでなく、市場の需要と共有のバランスを見ながら自分自身をコンテンツとしてどう打ち出すかということを、当初から考えていたというのです。

料理教室もただの教室ではありません。

「お金を払って足を運んでもらう以上、いただく金額以上の価値を提供したい。そのためには他にはないサービスであることも重要です。当時は和食の料理教室自体それほど多くなかったのですが、その中でも魚をおろす教室はわずかで、あっても1レッスンで1~2尾をおろす程度でした。そこで “日本一魚をおろせる料理教室”というキャッチコピーで始めたんです」

You Tubeのコンセプトは「Webで通える料理教室」

YOSHIRO

自ら足を運んで営業し、戦略的な料理教室も継続。その甲斐あって、ほどなく様々なメディアで取り上げられるようになりましたが、料理家として自らをビジネスの軌道にのせるためには、現状の料理教室を続けているだけではダメだと考えたYOSHIROさん。

「食品メーカーなど、企業から“組みたい”と思ってもらえる人材にならなくてはと考えた時、代理店や企業の担当者が企画を採用しやすく、クライアントや上司に通しやすい条件として、“料理教室”だけでなく、“レシピ本”や“メディア実績”、“資格”といった要素も揃えておくことが必要だと思ったんです」

そこで父に100万円の借金を頼み、食関連の資格を短期集中して多数取得するとともに、本の企画書を常に持ち歩いて様々な人に売り込みました。この努力が功を奏し、最初の著書『魔法のココナッツオイルレシピ』を出版。さらにこの本が元となってテレビ番組『ヒルナンデス!』のココナッツオイル特集出演につながり、そのまま次々とチャンスが広がっていったのです。

そんなYOSHIROさんが、これらの活動と並行して行っていたのがブログやSNS。すでに世間ではブログ、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ピンタレスト、Tik Tokなどでの個人による情報発信メディアがあふれかえっている状況でした。YOSHIROさんがYou Tubeの料理動画に取り組んだのは今から2年前。話題のアプリはひと通り利用していて、同様にYou Tubeもチェックしていましたが、本格的に料理動画を配信している料理家がほかに見当たらなかったこと、動画なら海外の人にも見てもらえるということ、そしてもともと映像編集などが嫌いでなく、友人の結婚式の映像なども作ったことがあったことから、気軽に始めたのだといいます。

当時、真俯瞰(真上)から撮る動画が話題になり始めた頃で、ビジュアルとしても美しいと感じたYOSHIROさんは、このスタイルを採用。

「早回しのコマ送り料理動画などはけっこう出ていましたが、ただ完成までの様子を見るだけで、肉が柔らかくなるタイミングや、『とろみをつける粘度はこのくらいがベスト』といった、ポイントをしっかり伝えているものはありませんでした」

一方、エクササイズやギターの弾き方を教えるYou Tubeは存在していたため、その料理版をイメージし、“ウェブで通える料理教室”というコンセプトで、まるで教室に通っているような丁寧さを意識して動画を作ることにしました。

映像制作会社スタッフに指導を依頼

YOSHIRO

動画制作にあたり、YOSHIROさんは当初から「やる以上は本格的なものを」ということを意識したそう。

「そのまま商品として売れるクオリティにこだわりました。それは例えば食品メーカーの人がお金を出して“この動画でうちの商品を使ってください”と言いたくなるような動画、あるいは動画パッケージとして販売できるレベルの動画ということ。それができていれば、たとえ再生回数が少なくても自分のツールになると思ったんです」

カメラ機材はCM撮影用の本格的なものをレンタル。動画の撮影や編集技術については、映像制作会社のスタッフに指導を依頼したといいます。また世界の人に見てもらうため、コメント欄に英訳も添えていますが、これも翻訳家に依頼しています。

「投資もしていますし、制作時間にしても、1本作るのに大体12時間くらいかけていますから、決して楽な作業ではありません。動画をアップしたあとブログや各種のSNSで告知するのも、実は結構大変な手間ですしね」

動画を始めた当初はこれを週2〜3回アップしていたというから、驚きます。

「とにかく一度しっかり取り組んでみて、それでもダメだったら諦めがつくと思って(笑)。フリーランスや料理家という世界はなろうと思えば誰でもなれますが、その中で選ばれる存在になるためには、自分の色を出していかなくてはいけない。それは料理の内容も、売り込み方も、全てにおいてだと思います。ただ、その“色の出し方”は自分の好きなこと、得意なことでしかできませんよね。音楽が好きな方ならBGMにこだわったり、カメラや文章を書くのが好きな方ならそこに力を入れるなど、強みを生かすことが大事だと思います」

話題になる動画撮影のポイントをこっそりご紹介!

YOU TUBE

そんなYOSHIROさんが動画を作る上で具体的に覚えておくといいというスキルをアドバイスしてくれました。

「例えば僕の場合、肉や野菜を焼く際の“ジュージュー”といったシズル感を伝える音は直接マイクで拾っていますが、プロセス解説の声は別撮りにしています。その方がクリアに聞こえて、クオリティが上がるからです。その録音も、壁に向かって言うのか、カーテンに向かって言うのかで音の響き方が変わりますから、体の向きを変えて試すことも大事でしょう」

このほかにも、LEDライトを2灯、距離を変えて立てることで、自然光のような立体的な光が作れることや、フライパンの柄はまっすぐよりも斜め45度の位置に設置した方が動きのあるビジュアルが作れることなどを教えてくれました。

「映像制作会社の方に教わったこともたくさんありますし、トライアンドエラーで身につけたことも。最初のうちは本当に失敗ばかり。天板も何度も買い直したし、撮影の途中でカメラの電池が切れたり、最後に材料が足りなかったことに気づいたり!ということも(笑)」

 

揃えておきたい「動画撮影必須アイテム」は?

最初に揃えるべきアイテムを伺うと、「いきなりすべてを揃える必要はないと思いますが」と前置きした上で、あると便利なものを教えてくれました。

・動画用カメラ(YOSHIROさんはCM撮影用のものをレンタルで使用)

・三脚(最初は安価なものを購入したものの、近くを歩くだけで揺れるのでしっかりしたものに買い直した)

・ライト(LEDライトと補助ライト。仕上がりの好みによって選ぶべきものが変わる。YOSHIROさんも数度買い直し)

・IH用コンロ(俯瞰での料理撮影に必要)

・フライパン(銅色のものが動画映えする)

・マイク

・マイクスタンド

・インターフェイス(音声を変換して動画に取り込む機械)

・パソコン

・編集ソフト(YOSHIROさんは「ファイナルカットプロ」を使用)

・衣装(自分が出る場合。YOSHIROさんは本格感を出すこと、覚えてもらうことを意識してコックコートを着用)

中には高額なものもありますが、持っているもので用が足りるもの、安価なものも多いので、本気でトライしたいならじっくり調べて検討してみましょう。

まずはスマホで作成して「動画の仕組み」を理解するのも手

YOSHIROさんはこれまで85本ほど動画をUpし、登録者数は約9000人に及びます。

「定番料理は勝手におすすめ動画にピックアップされるようで、月に数万円の収入にはなっていますが、採算としてはマイナスかトントンかというレベルで、これ自体を収入源とは考えていません。料理家としての活動の宣伝ツールと考えているので、海外で仕事をしたい、企業と仕事をしたいといったイメージをもち、それにつながる動画とは?ということを考えて制作しています。もちろん、見てくださった方がその料理を作りたいと思える動画、見た価値を感じてもらえる動画でなければその“先のもの”にはつながりません」

過去には農林水産省での仕事でフランスやバングラディシュ、パラグアイなど世界各地を訪れて日本の味を伝える経験もしましたが、これもYou Tubeでの活動が少なからず貢献している、とYOSHIROさん。

「興味があるなら是非一度試してみることをおすすめします。機械が苦手なら、最初はスマホで動画を撮って、スマホのアプリでアップするのでもいいと思います。まずはそこから動画の仕組みを理解して、さらに自分のこだわりポイントを探っていくのもいいのではないでしょうか」

親しみやすいキャラクターを打ち出したいなら、コミカルな雰囲気で表現するのもいいし、“ママ料理家”というコンセプトなら、子供にも出演してもらって子供と一緒にクッキングをする動画をアップするのも良いのでは?などと提案してくれました。

最後に大事なこと、“ディスりにくじけるな!”

最後に、これはぜひ伝えたい!とYOSHIROさんが教えてくれたのが「絶対にネガティブなコメントは来ますよ!」ということ。

「動画というのは自分を表現する場ですしいろんな反応がもらえて面白い場でもありますが、避けて通れないのがディスりやバッシング。“まな板汚い!”“全然おいしそうじゃない”とか、めげるようなコメントもけっこう来るんです。でもそれに心を折られず、“ディスリは挨拶!”と思って受け止める度量が必要です(笑)」

YOSHIROさんは批判的なコメントもすべて削除せずに、返信しているそう。

「ご意見ありがとうございます、と返すと案外いい人に変わったりして、“そんなつもりじゃなかったんです、これからも楽しみにしています”なんてコメントが返ってくることも(笑)」

自分を戦略的に商品化しつつ、コツコツと努力を続け、失敗も批判も明るく受け止める。You Tube単体ではなく、料理家として、フリーランスとしてのさまざまな取り組みが影響しあって、人気の動画は完成していったようです。

これから動画を始めようかと思った方、新たな集客ツールを見つけたいと思っていた方、ぜひYOSHIROさんの手法や発想から、真似できるものを探してみてはいかが?

撮影/山下みどり 取材・文/吉野ユリ子

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(1651) [3]=> int(3768) [4]=> int(3677) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

ピエール・エルメ・パリに教わる「パン・デピス」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

石井英美さん 大好きなお菓子作りで独立

料理家を支えるクリエイターたち Mr.CHEESECAKE 田村浩二さん

茂村美由樹さん 私のとっておきの一皿

料理家を支えるクリエイターたち スタイリスト・佐々木カナコさん

吉見ななえさん主宰「お菓子教室プレシュ」

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...