独創的なタイフード ロングレイン

レストラン

外食時に、タイ料理が候補に挙がるのはどんなときでしょうか。辛いものが食べたい、食事で元気になりたいといった理由のほかに、食べ慣れている人ならメニューを見れば味が想像できて安心感があるということもあるかもしれません。そんなタイレストランの持つ予定調和を良い意味で裏切る注目店をご紹介します。

2018年05月4日

エスニック好きならすでにその名を耳にしているであろう、東京・恵比寿のモダン・タイ・レストラン「ロングレイン」。本店は、近年さまざまなアジアンフードが席巻するオーストラリアで20年もの長きに渡り愛され続け、オージー達がハレの日に訪れることも多いというカジュアルダイニングです。日本初上陸の同店は、恵比寿ガーデンプレイスタワー39階という昼と夜で異なる魅力の眺望を持つロケーションにあり、広々と開放的かつ現代的な演出がなされた空間で、オーストラリア発の独創的なタイフードを楽しむことができます。

エグゼクティブシェフを務めるのは、オーストラリア・イギリス・日本の「bills」にてシェフ&クリエイティブディレクターとして活躍した経歴を持つグリフ・パメント氏。シドニー生まれでシドニー店のエグゼクティブシェフを兼任するパメント氏は、本場タイの味を軸にしながらもオージーの舌やカルチャーに合わせて料理をローカライズ。フレッシュなハーブやスパイスを多用しつつ、タイ料理の特徴である辛さ、甘み、酸味、塩気の4つの味のバランスをロングレイン流に再構築していて、オーストラリアにおけるタイフードの新潮流となりました。東京店では本店の味を再現していて、エスニック料理初心者はもちろん、タイ料理マニアも新鮮な気持ちで味わうことができるでしょう。また、タイの熱気をシドニーの都会的なセンスで包み込んだかのような、現代アートを思わせる盛り付けも見逃せません。

さらにうれしいのが充実したドリンクメニュー。特に、オーストラリアが世界トップクラスの生産量を誇るワインは、タイ料理の風味と好相性の銘柄が豊富にラインナップされています。友人同士の気軽な食事から特別な日の会食までさまざまなシーンで活用でき、何度もリピートしたくなること必至です。

Pages: 1 2

Longrain(ロングレイン) の詳細情報

店名 Longrain(ロングレイン)
電話番号 03-5424-1300
URL http://longrain.im-transit.co.jp/
住所 東京都渋谷区 恵比寿4-20-3
恵比寿ガーデンプレイスタワー39F Google Mapで確認
ジャンル エスニック料理

撮影/平松唯加子  取材・文/江原裕子

シェフの紹介
大畠秀紀さん
「ロングレイン東京」のスーシェフ。一般企業に勤務したのちに料理の道を志し、調理師免許を取得。その後、ニュージーランドで7年、イギリスで1年半、料理人として働く。2010年に帰国し、さまざまなレストランの立ち上げを経験。ロングレインでも立ち上げからスーシェフとして加わり、シドニーの本店で研修。スパイスとフレッシュなハーブを多用した本店のリアルな味を再現している。


料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...