フランス大使館イベントに参加!【Kai House Clubイベントルポ~『エル・グルメ フードクリエイター部』編】

「Kai House Club」の会員になると、さまざまな楽しい特典があなたを待っています。さらに、クラブ内組織としてメディアとの共同プロジェクトなども。フードマガジン『ELLEグルメ』(ハースト婦人画報社)とのコラボレートによって運営される「エル・グルメ フードクリエイター部(FCC)」はそのひとつで、現在約100名の料理教室主宰者たちが“部活動”に参加して活躍中。「Kai House Club」に所属し、なおかつ『ELLEグルメ』でのメディア活動も行う精力的な料理家たちが、セミナーやイベントなど、さまざまな企画に参画して、日々、見聞を広めています。今回は、広尾にあるフランス大使館公邸で開催されたクローズドなスペシャルナイトの様子をレポートします。

2018年08月8日

フランス好きの春の祭典「ボンジュール・フランス」のスペシャルナイト

 

ドレスコードは赤! フランス大使館で開かれたナイトパーティー

フランスの文化や料理、お菓子に魅了されて料理の道を志す人は少なくありません。「Kai House Club」会員であり、さらに食がテーマのライフスタイルマガジン『ELLEグルメ』(ハースト婦人画報社)の公認料理家「エル・グルメ フードクリエイター部(以下FCC)」の部員たちもしかり。「フランスに関することなら、料理も文化も大好き!」と自負する人がいっぱいです。

今回紹介するのは、2018年春にフランス大使館で開催されたクローズドなナイトパーティーの一幕。「ボンジュール フランス」と題したイベントは、在日フランス商工会議所が2015年から続けている人気イベントで、期間中はショッピング、ガストロノミー、カルチャー、ライフスタイルの4ジャンルにおいて、フランス流の暮らしの美学「アール・ド・ヴィーヴル」を日本に広めるべく、さまざまな楽しい催し物が目白押しとなり、第4回目の開催となった今年も大いに盛り上がりました。「フランス モナムール(愛するフランス)」をテーマに企画されたさまざまなイベントには多くの人が参加し、フランスと日本における親密な愛情をお互いに確かめ合う結果となりました。

広尾にあるフランス大使館では、この期間中にさまざまな催し物が行われましたが、この夜はフランスにゆかりのあるスペシャルなゲストたちが集結。FCCからも14名の料理家が参加して、会をおおいに盛り上げました。

おしゃれと食の国、フランスの在日大使館が演出するだけあって、パーティーは楽しめるポイントがたっぷり。フードはもちろんのこと、SNS投稿用の写真を撮るための場所やプロップ(小物)が用意されていたり、フランスから来日した話題沸騰中のシャンソン歌手、ジュリエット・アルマネによるミニコンサートが行われたりと、終始見どころが満載!

パーティーということもあって、参加するFCCたちには「ドレスコードは赤」だと事前に伝えられ、みなさん、思い思いに赤を散りばめたファッションに身を包み、会場で何度も乾杯が繰り返されていました。パーティーは次第に盛り上がり、まるでここが東京だとは思えないほどフランスっぽい雰囲気に! 「ボンジュール・フランス」の親善大使を務めるクララ・ボダンさんを囲んで記念撮影する際には、みなさんすっかり打ち解けた様子です。モデル、テレビやCMの司会、そしてサロン経営と幅広く活躍するクララさんは、なんと日本語もペラペラ。「みなさんがフランスのことをもっと知ってくださったら、本当にうれしいです」とコメントをくれました。

輝くようなプラチナブロンドの髪を優雅に結い上げたクララさんを囲んで。シャンパンを片手に持つ姿も素敵に決まっている、FCCのみなさんたち。

さて、2018年4月8日から5月11日まで、約1カ月間続いた「ボンジュール・フランス」についても少し紹介しましょう。この期間中に行われたイベントやキャンペーンは、数を挙げればきりがないほどで、東京と京都の「伊勢丹」でフランスを感じさせるショッピングキャンペーンが開催されたり、前述のジュリエット・アルマネをはじめとしたアーティストイベントが行われたり、また、料理家や料理好きにとっては外せない「ガストロノミー」ジャンルでもユニークな試みが多数行われました。ワインと料理のマリアージュイベントや、シャンパンナイトなど、フランスが大好きなFCCたちにとっては見逃せないイベントが目白押し。中には後日、実際に行かれた人もいたのでは? こういった経験を通じて、主宰する料理教室やレッスンの内容もブラッシュアップできるとあって、料理家たちはみなさん、常にインスピレーションをシャワーのように浴び、吸収しているということでした。

ところで、こういったイベントパーティーで、料理家たちが何よりも注目しているのがケータリングフード。昨今の料理教室では「おもてなし料理」の人気が高く、見映えが美しくてホームパーティーやちょっとしたケータリングでも喜ばれるパーティーフードのアイデアは、参加者たちにとっても注目の的。この日も、フランス大使館がアテンドしたパーティーフードはいずれも見た目も味わいもおしゃれで、FCCたちはずっとスマートフォンやデジタルカメラのシャッターを切りっぱなしでした。

パーティーバッグを抱え、片手にはシャンパングラスを持ち、さらにフードも……となると、必然的に手に取りやすく食べやすく、それでいてお酒にも合う美味が求められるため、パーティーの席に出されるケータリングフードというのは、実は究極のおもてなし料理。しかも、たいていのパーティーイベントでは、会のテーマなどもあるため、それに合った趣向を凝らした料理が準備されていることも多く、まさに工夫とセンス、技術の結晶とも言うべき料理が並ぶことが多いものです。この日の料理も華やかで彩りが美しく(ここにも赤がピリリとエッセンスに)、FCCたちは一様に、感動の様子。後日、自身のSNSでも、華やかなケータリングフードについて、独自の感想を添えて投稿している人が多く見られました。

 

会も終盤に近付いた頃、こういったパーティーではよくある楽しい仕掛けが準備されていました。この日、会場入り口では、訪れた参加者は全員、自らのビジネスカード(名刺)を受付で提出することが求められたのですが、パーティー会場のステージには大きな箱に全員のビジネスカードを入れたものが運ばれ、抽選でスペシャルなプレゼントが当たるというビッグサプライズが。見事抽選で選ばれたのは、参加したFCCのうちの一人、伊藤くみさん。協賛社であるポメリーからは、マグナムサイズ(1.5ℓ)のシャンパン、ピエール・エルメ・パリからは、看板商品であるマカロンのセット、さらにはフランスが世界に誇る珍味、キャビアの缶まで! 豪勢なプレゼントを思いがけず手にした伊藤さんは、ビッグサプライズに驚きつつも、うれしさを隠しきれない様子。

日頃は、来る日も来る日も料理の試作とレッスンに明け暮れている真面目な料理家たちも、この日ばかりはリラックスして、思う存分にフランス気分の夜を楽しんだのでした。

写真/井上美野

Information

「Kai House Club(カイハウスクラブ)」

 

正式名称は「Kai House Culinary Artist Club(カイハウス・カリナリーアーティスト・クラブ)」。貝印が運営する“料理家のコンシェルジュ”をコンセプトとしたメンバーズクラブ。さまざまな特典があり、今回ご紹介の「Kai House Club」主催のイベントやセミナーへの参加など、料理家に役立つ情報や経験が満載。入会資格は「現在、定期的に料理教室を主宰していること」。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...