英語で学ぶ焼酎の魅力とフードペアリング【Kai House Clubイベントルポ】

「Kai House Club」では、会員である料理教室主宰者に向けて、貝印本社(東京都千代田区)内の「Kai House(カイハウス)」で食にまつわる特別セミナーを定期開催しています。多様なテーマで展開されるセミナーは、料理家にとって役立つ情報が満載。今回は、焼酎ソムリエとして活動するクリストファー・ペレグリニさんと、フード&ワインスペシャリストの小枝絵麻さんから、焼酎の魅力とフードペアリングについて英語で学ぶ「焼酎セミナー」の様子をレポートします。

2019年09月18日

日本古来のお酒、焼酎の魅力とは?

近年、日本の伝統的なお酒といえば、日本酒が海外でも知られ消費されるようになってきました。一方、日本酒同様に日本ならではの食文化の一つで、世界に類を見ない特徴的な蒸留酒でありながら、それほど認知されていないのが焼酎。日本人であっても焼酎のことを詳しく理解していない人の方が多いのが現状です。

そういった背景から、料理教室を主宰する先生たちに焼酎の歴史や製造法、そして魅力を知ってもらうことを目的に、今回のセミナーは開催されました。

セミナーでは、前半で製造方法や味わいの特徴といった焼酎についての知識を、後半ではフードペアリングについて学びます。講義に加えてテイスティングをしながら焼酎の奥深さに触れられる内容です。

セミナーの前半で講師を務めたのは、焼酎ソムリエのクリストファー・ペレグリニさん。アメリカ出身でありながら日本を訪れた際に焼酎と泡盛に魅了され、勉強を重ねてきたといいます。2014年には自身の著書である「THE SHOCHU HANDBOOK」を発行するなど、国内外に焼酎と泡盛の魅力を伝えるために活動しています。

英語で学ぶセミナーということで参加者の表情も少し硬くなっていましたが、ペレグリニさんが「I am Shochu & Awamori Otaku!」という軽快なトークで自己紹介をすると、会場は和やかな雰囲気に。焼酎について基礎知識から丁寧に教えてくれ、参加者は真剣に聞き入っていました。

ペレグリニさんが特に熱を込めて話していたのは、「本格焼酎の魅力はアロマにある」ということ。焼酎はウィスキーやウォッカなどと共に蒸留酒に分類され、その製造方法は連続式蒸留機と単式蒸留機を使うものの2種類があります。そのうち、伝統の製法を受け継いで造られる単式蒸留焼酎は「本格焼酎」と呼ばれ、米、麦、芋など素材そのものの旨味と香りを感じられるのが特徴です。

本格焼酎のテイスティングでは米焼酎、麦焼酎、芋焼酎、泡盛が用意され、加えて相性の良いフードも添えられました。

ワインのように香りを楽しむのがポイントだとペレグリニさんに教わり、いざテイスティング。参加者たちはまず焼酎の香りを確認してから口に含み、風味を楽しみます。次に、米焼酎にはキュウリ、麦焼酎にはクルミ、芋焼酎にはサツマイモ、泡盛にはチェダーチーズと、相性の良いフードを一緒に味わいます。焼酎をひと口飲んで「焼酎って香り高いんだ」と参加者は実感し、さらにフードを合わせることで「香りがいっそう広がる」と、その味わい深さに驚いていました。

 

フードペアリングで焼酎のアロマを楽しむ

焼酎の基礎知識について学んだところで、フード&ワインスペシャリストとして活動する小枝絵麻さんから、焼酎とフードのペアリングについて学びます。小枝さんは「焼酎とフードの相性が良いと、両方が口の中で融合してアロマの余韻が長くなり、味わいが深まります」と話しながら、焼酎と相性の良いメニューをデモンストレーション形式でレクチャーしてくれました。

まずは、「キュウリのディップ ギリシャヨーグルト」(写真左)。米焼酎のロックと合わせるのがおすすめ。前半のテイスティングの際にも米焼酎にキュウリを合わせましたが、こちらのメニューではキュウリ単体では味わえなかった多様な風味を楽しめるよう、ディルやミントといったハーブに、パプリカパウダーなどスパイスを加えています。

次に、「焼きおにぎり ごぼう味噌のせ」(写真右)。こちらは麦焼酎のお湯割りと一緒にいただきます。おにぎりには玄米を、ごぼう味噌にはかつお節やクルミを使用することで、麦焼酎の香ばしさを引き出しています。

口に焼酎を少し含んでからフードを入れて、最後にまた焼酎を含む。そうすることで、焼酎のアロマをいっそう強く感じることができます。

最後は「サツマイモときな粉のプリン」。プリンにきな粉を使うことで香ばしさが増し、焼酎とのペアリングが格段に良くなります。特に芋焼酎や泡盛との相性が抜群。「料理の素材一つ一つにこだわることで、より焼酎のアロマを引き出すことができます。焼酎はどんな食べ物とも合うと言われるけど、もっとフードペアリングを深めたら楽しみ方が変わりますよ」という小枝さんの言葉に、参加者たちはうなずいていました。

フードペアリングによって、焼酎のアロマが増すことを体験した参加者たち。それぞれの組み合わせを味わうたびに、「香ばしさが増した」「より焼酎の風味を感じられるようになった」といった声が上がり、焼酎とフードペアリングの奥深さに興味深々でした。

今回は、焼酎の基礎知識に始まりフードペアリングを学ぶという盛りだくさんの内容で、焼酎の魅力に深く触れるセミナーとなりました。料理教室を主宰する先生は、“食の伝道師”。国内外ともにあまり知られていない焼酎の楽しみ方を各自のレッスンで発信するというのも、ひとつのテーマになりそうです。

「Kai House Club」では、今後もさまざまな会員限定セミナーを企画中。料理教室の運営や料理家としての活動に役立つ、多様なスキルアップセミナーを開催していきます。

撮影/井上美野 取材・文/松尾友喜

講師紹介

クリストファー・ペレグリニ
焼酎ソムリエ。アメリカ・バーモント出身。日本を訪れた際に焼酎と泡盛に魅了され、外国人では数人しかいない焼酎ソムリエの資格を取得。日本の食文化を紹介するセミナーで講師を務めるほか、インターネット番組のホスト、フードコンサルティング、オックスフォード大学出版局による「The Oxford Companion to Spirits and Cocktail」へ焼酎と泡盛について寄稿するなど、幅広く活躍している。2014年に著書「THE SHOCHU HANDBOOK」を出版。


小枝絵麻
フード&ワインスペシャリスト。イラン・テヘランで生まれ、大学入学までをニューヨークで過ごす。上智大学卒業後、飲食店のコンサルティング企業を経てアメリカ・CIAグレイストーン校へ留学。卒業後にアメリカのプライベートワイナリー「Chalk Hill」で料理とワインのペアリングを学ぶ。帰国後は2008年から米国大使館農産物貿易事務所選任シェフ、2013年からカリフォルニア州の生産者団体「ナパヴァレー・ヴィントナーズ」の駐日代表を務めるなど、国際的に活躍している。


Information

「Kai House Club(カイハウスクラブ)」
正式名称は「Kai House Culinary Artist Club(カイハウス・カリナリーアーティスト・クラブ)」。貝印が運営する“料理家のコンシェルジュ”をコンセプトとしたメンバーズクラブ。さまざまな特典があり、今回ご紹介の「Kai House Club」主催のイベントやセミナーへの参加など、料理家に役立つ情報や経験が満載。入会資格は「現在、定期的に料理教室を主宰していること」。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...