効果てきめん! パーソナルカラーでセルフ・プロデュース【好感度アップコラム】

小林君枝

テーブルウェアや食材の色が、料理の見た目やそれによって喚起される食欲を大きく左右する、ということは、料理家なら誰でも知っていること。でも、その食を伝える「料理家」をどんな色で演出するかについて、意識したことはあったでしょうか? なんとなく好きな色、あるいは無難な色の服やメイクを選んでいませんか? 今回は、主婦から企業のトップまで、さまざまな人々の魅力を色で引き出すことを職業にする、イメージコンサルタントの小林君枝さんに話を伺いました。

>>これまでの好感度アップ記事はこちら!

2018年10月15日

人には生まれもった「魅力を最大限に発揮する色調」がある

パーソナルカラー

この色を着るとなぜかほめられる、流行りの色なのに自分が着るとなんだか野暮ったい………。誰しもそんな経験に覚えはあることでしょう。身につける色によってその人の見た目が変わるのはなぜなのでしょうか。小林さんは長年、国際線のフライトアテンダントという仕事を通じて多くの人と接し、なぜ人によってこんなにも印象が変わるのかということについて、強く関心を抱いたそう。そこで、「イメージ」を学ぶなかで「パーソナルカラー」という考え方に出合いました。

「パーソナルカラーとは、自分に似合う色を知る手法です。肌や目、髪の色など、人には生まれ持ったボディカラーというものがあり、それに似合う色を選ぶと、色の“錯視効果”によって、シミやシワ、たるみが軽減され、肌が美しく見えたり眼力が強く見えたりするといった効果が生まれるのです。アメリカでは古くから使われている手法で、かのケネディ大統領がこの手法を活用して大統領選にも勝利したとされて広まり、日本では約30年ほど前から使われ始めました」

シミやシワが軽減されるなどの美容効果だけでなく、人に安心感や信頼感を与える効果まである、色の力。

「似合う色を身に着けているということは、その人と服やメイクが調和しているということ。人間は調和したものに対して心地良さを感じる傾向がありますから、見る人に自然と好印象を与えるのです。もちろん、優しい雰囲気やおしゃれ感、知的な雰囲気など、演出したいイメージもあると思いますが、まずは第一印象を良くしたい、というときには、ご自身のパーソナルカラーから色を選ぶことがとても効果的です」

 

「パーソナルカラー」は大きく4パターンに分類できる

では実際にどんなふうにしてパーソナルカラーは見つけられるのでしょうか。

「色調はイエローベースかブルーベースか、そして清色か濁色かで4パターンに分けられます。そのイメージから四季の名称を使いますが、イエローベース×清色=Spring、ブルーベース×濁色=Summer、イエローベース×濁色=Autmun、ブルーベース×清色=Winterと覚えるといいでしょう。さらに2シーズンの掛け合わせの方、その中でもどちらかが強い方、また1つのシーズンの中でもより濃色が似合う方、淡色が似合う方など細分化されます」

自分がどのシーズンに属するかは、同系色4枚が1セットになって構成された「ドレープ」という布を使い、それぞれの布を明るい自然光や蛍光灯のもとで胸元に当て、その時の顔映りで判断します。

「雑誌の付録などで小さなドレープがついていることがありますが、セルフ診断で間違って判断して取り入れてしまうと逆効果になるリスクもありますので、プロの料理家として活躍するための判断ツールに使うのであれば、やはり診断も一度プロの手に委ねることをおすすめします」と小林さん。

 

強い色でも「負けない」人、枯れたトーンも「おしゃれに映える」人

似合う色、似合わない色でどんな風に違いが出るのでしょうか。担当ライターが実際に小林さんにドレープを当ててもらい、診断してみることに。

「髪は黒いですが、瞳はやや明るい方ですね。必ずとは言えませんが、日本人の場合、髪や目の色が濃い人はブルーベースのSummerやWinter、髪や瞳が明るい人はイエローベースのSpringやAutumnである可能性が高いです」

実際にドレープをSummerから順に当ててみました。最初のSpringは「うーん、イマイチかな?」という感じ。Summerは「まぁいいんじゃない?」、Autumnは「うわっ、最悪!」、そしてWinterだと「あ、似合う!」と、印象がパッと湧き上がります。

「同じピンクでも色味によってずいぶん異なります。実際に試してみると、『こんなに顔映りが違うなんて』と、皆さん驚かれます。ある人にとっては鮮やかすぎて浮いてしまう色が、別の人にとってはとてもスマートに見える色だったり、ある人にとってシックでこなれて見える色が、別の人にとっては地味で野暮ったく見えたり。逆に言えば、どの色系統でもそれぞれのシーズンに似合うトーンがあるので、「青はOK」「黄色がNG」という判断はしません。似合う明度や彩度を意識すれば、ほとんどの色は使いこなせるんです」

取材場所がオレンジ系の照明だったため厳密ではありませんが、ライターYはおそらくWinterと判明。黒髪を染めずにいたことや、この日着ていたネイビーのワンピースは正解だったとわかりました。

「色彩感度のいい方は無意識のうちに自分のパーソナルカラーから色を選んでいることも多いものですが、理論立てて知っておけば色選びがスムーズになりますね」と小林さん。

Autumn

上から順に、Spring、Summer、Autumn、Winterのドレープを胸に当てると、印象の違いがくっきり。

「パーソナルカラー」は顔周り、そして手元に使うのがコツ

シミやシワなどの欠点を補い、リフトアップして見せてくれたり、肌の透明感をアップさせてくれたりするパーソナルカラー。つまり効果は「顔周り」に現れると言えます。

「パーソナルカラーは顔からできるだけ近い場所に取り入れるのが効果的です。リップやチークなどのメイク、そしてイヤリングやスカーフなどのアクセサリー、眼鏡のフレーム、洋服ならトップスに取り入れることで、効果が現れやすくなります」

ユニフォームなど、着るものが決まっているなど、自由に色を選べない場合なら、スカーフやイヤリング、メイクなどで調整すると効果的。

「また料理家の方なら手元も大事です。働き者の手ですから、シミやシワ、くすみなどがあるかもしれませんし、指が短い、爪が短いなどのコンプレックスがある方もいらっしゃるでしょう。似たような淡いピンクのネイルであっても、青みのある色か黄身の強い色かなど、少し調整するだけで透明感のあるすっと伸びた指に見えるようになりますよ」

打ち合わせなど、調理をしない場面なら、腕時計やリング、ブレスレットなどの色選びも重要に!

 

パーソナルカラーと「色のイメージ」を上手に組み合わせて

パーソナルカラーを意識することは、自分との調和感を出すという点で効果的ですが、シーンとの調和感=TPOもまた、相手に安心感や好印象を与えるうえでとても重要になります。

「パーソナルカラーを知るのと共に、キャラクターや打ち出したい料理のジャンルなど、料理家としてのパーソナルイメージ、そして料理教室なのか、テレビ出演なのか、企業との打ち合わせなのかといったTPOと、どのようにすり合わせるかが大切です」として、具体的に色そのものの持つイメージと似合うシーンについて、こんな例を挙げてくれました。

  • 黄色=ハートをオープンにするための色(新米ママのための料理教室など)
  • ネイビー、ブルー系=信頼感を与える色(ビジネスシーンなど)
  • モノトーン=威厳を表す色(プロとして認められたいとき)
  • 白=清潔感(料理家にとってはどんなシーンでも欠かせない色)
  • ピンク=女性らしさを表す色。(婚活シーンなどで効果を発揮する色)
  • グリーン=ヘルシーさを表す色(食品を扱う人として役立てたい色)

上記の中でも色味によって印象は変わりますが、このように色とシーンを組み合わせて考えてみると、色選びが楽しくなりそうです。

「ここからパーソナルカラーとのすり合わせで、白でもSpringの人はオフホワイトを、Winterの人は純白を選ぶなど、トーンを正しく選ぶことで、自分とのフィット感が高まります」

 

嫌いな色を無理に使う必要はない

とはいえ、人には好きな色や嫌いな色があります。いくら似合うと診断されても、無理にパーソナルカラーを使う必要はない、と小林さんは言います。

「相手に対する心理的影響も大事ですが、自分自身に与える影響も当然見過ごせません。パーソナルカラーを取り入れることで“自分は今日、とても似合う色を着ているんだ”と、安心感や自信につながるなら取り入れることも効果的ですが、“パーソナルカラーとはいえ、嫌いな色だからやだなぁ”と思いながら着れば、当然メンタルにもダメージがありますし、その不協和音が相手にも伝わって、結果的に不信感、居心地の悪さを引き起こしてしまいます」

とはいえ、それまで“似合わない色”という思い込みで嫌いだった色も、パーソナルカラーに沿ったセレクトをすれば見え方が変わって、好きな色になることもあるかもしれません。なので、食わず嫌いだなんてもったいない! まずは試してみて、やっぱり好きじゃないと思ったら、顔周りだけパーソナルカラーでコントロールするなどしてみてはいかがでしょうか。

 

さらに効果を高めるなら「素材」や「形」にもこだわって!

パーソナルカラー

ここまでがパーソナルカラーの話ですが、洋服ひとつとっても人の印象に影響を与えるのは色だけではない、と小林さんが話してくれました。

「洋服は主に色・形・素材・テイストの4要素で構成されています。色はパーソナルカラーで診断できますが、服のフォルムについては“骨格診断”を行うことで似合うものが分かりやすくなりますし、似合う服のテイストであれば“顔タイプ診断”なども効果があります。それらをトータルして洋服選びをすることで、いつもその方の印象にフィットした、安心できるビジュアルで過ごせるようになります。

「相手があなたを思い出す際、脳内で最も強いイメージを持つのが顔です。それが、記憶をたどるときの一番のカギになるといっても過言ではありません。服やメイク、アクセサリーなどの色やイメージを上手に活用し、一貫したイメージを組み立てていくことで、パーソナリティ=人物像が明確になり、ビジネスでのチャンスも増えるのではないでしょうか」

撮影/山下みどり 取材・文/吉野ユリ子 撮影協力/シンシアガーデンカフェ

話を聞いた人 「PLUME」代表取締役。イメージコンサルタント。長年に渡る接客の経験から、身だしなみや表情、立ち居振る舞い、コミュニケーション術が、人の印象はもちろん、仕事の成果や日々の生活にも大きく影響することを実感。人の印象を輝かせるものは何か、自らも一から学び直しイメージコンサルタントのディプロマを取得。好印象を作るために必要な要素を多くの方へ伝えるべくイメージコンサルティング「プリュム」として独立。全ての人がそれぞれに持っている自らの魅力に気付いてもらいたい。そのヒントを導き出し、心軽やかに毎日を過ごしてもらうことをモットーに日々コンサルティングを行っている。Instagram #plume1005

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(1651) [3]=> int(3768) [4]=> int(3677) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

ピエール・エルメ・パリに教わる「パン・デピス」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

石井英美さん 大好きなお菓子作りで独立

料理家を支えるクリエイターたち Mr.CHEESECAKE 田村浩二さん

茂村美由樹さん 私のとっておきの一皿

料理家を支えるクリエイターたち スタイリスト・佐々木カナコさん

吉見ななえさん主宰「お菓子教室プレシュ」

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...