パーソナルカラーで魅力を最大限に発揮

スキルアップ
小林君枝

テーブルウェアや食材の色が、料理の見た目やそれによって喚起される食欲を大きく左右する、ということは、料理家なら誰でも知っていること。でも、その食を伝える「料理家」をどんな色で演出するかについて、意識したことはあったでしょうか? なんとなく好きな色、あるいは無難な色の服やメイクを選んでいませんか? 今回は、主婦から企業のトップまで、さまざまな人々の魅力を色で引き出すことを職業にする、イメージコンサルタントの小林君枝さんに話を伺いました。

>>これまでの好感度アップ記事はこちら!

2018年10月15日

人には生まれもった「魅力を最大限に発揮する色調」がある

パーソナルカラー

この色を着るとなぜかほめられる、流行りの色なのに自分が着るとなんだか野暮ったい………。誰しもそんな経験に覚えはあることでしょう。身につける色によってその人の見た目が変わるのはなぜなのでしょうか。小林さんは長年、国際線のフライトアテンダントという仕事を通じて多くの人と接し、なぜ人によってこんなにも印象が変わるのかということについて、強く関心を抱いたそう。そこで、「イメージ」を学ぶなかで「パーソナルカラー」という考え方に出合いました。

「パーソナルカラーとは、自分に似合う色を知る手法です。肌や目、髪の色など、人には生まれ持ったボディカラーというものがあり、それに似合う色を選ぶと、色の“錯視効果”によって、シミやシワ、たるみが軽減され、肌が美しく見えたり眼力が強く見えたりするといった効果が生まれるのです。アメリカでは古くから使われている手法で、かのケネディ大統領がこの手法を活用して大統領選にも勝利したとされて広まり、日本では約30年ほど前から使われ始めました」

シミやシワが軽減されるなどの美容効果だけでなく、人に安心感や信頼感を与える効果まである、色の力。

「似合う色を身に着けているということは、その人と服やメイクが調和しているということ。人間は調和したものに対して心地良さを感じる傾向がありますから、見る人に自然と好印象を与えるのです。もちろん、優しい雰囲気やおしゃれ感、知的な雰囲気など、演出したいイメージもあると思いますが、まずは第一印象を良くしたい、というときには、ご自身のパーソナルカラーから色を選ぶことがとても効果的です」

Pages: 1 2 3 4

撮影/山下みどり 取材・文/吉野ユリ子 撮影協力/シンシアガーデンカフェ

話を聞いた人 「PLUME」代表取締役。イメージコンサルタント。長年に渡る接客の経験から、身だしなみや表情、立ち居振る舞い、コミュニケーション術が、人の印象はもちろん、仕事の成果や日々の生活にも大きく影響することを実感。人の印象を輝かせるものは何か、自らも一から学び直しイメージコンサルタントのディプロマを取得。好印象を作るために必要な要素を多くの方へ伝えるべくイメージコンサルティング「プリュム」として独立。全ての人がそれぞれに持っている自らの魅力に気付いてもらいたい。そのヒントを導き出し、心軽やかに毎日を過ごしてもらうことをモットーに日々コンサルティングを行っている。Instagram #plume1005

料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...