人気ファッションエディター、大草直子さんに聞く「似合う服の見つけ方」【好感度アップコラム】

人気ファッションエディター、大草直子さんに聞く「似合う服の見つけ方」【好感度アップコラム】

自分らしさを生かしたファッションが、魅力を引き出したり、個性を立たせたりするのに必要だとはわかっていても、そもそも自分に何が似合うのかがわからない! 料理には自信があっても、ファッション面では不安という人も多いかもしれません。服装は個人事業主にとっては社会へのメッセージであり、時には営業ツールのひとつでもあります。今回は人気の理論派ファッションエディターとして、長年多くの女性が輝くヒントを提案してきた大草直子さんにお話を伺いました。

2019年08月14日

「似合う」を知る第一歩は、自分写真撮りの習慣

「似合う服を見つけるにはこの方法しかありません」と、開口一番大草さんが出した答えが「毎日自分の写真を撮ってもらうこと」だそう。鏡に映る姿を見たり、鏡ごしに自撮りするのではなく、誰かに撮ってもらうのがポイントです。

「友人でも子供でもパートナーでも良いので、誰かに頼んでください。横姿、バックスタイル、何かをしている途中など、無意識の写真が大事。動いている自分の姿を客観的に見ると“意外にヒップが大きいな”、“こんなになで肩だっけ?”と、自分の体型に気づき、さらにデータが溜まってくると、どの服を着ている時にどう見えるか、という分析ができるようになるんです」

「とびきり似合う服」以外着ない訓練を

大草さんの著書『大草直子のSTYLING&IDEA 10年後も使える「おしゃれの結論」』

こうして日々いろんな服を着て写真を撮るうちに、手持ちの服の中で「似合う」服が見えてくるはず。次は、それに基づいて絞り込む作業です。

「手持ちの服を“とびきり似合う服”、“似合うかどうかわからない服”、“全然似合わない服”の3カテゴリーに分けます。もしかしたら大半が2番目のカテゴリーに入ってしまうかもしれません。ですが、1番目のとびきり似合う服だけを残し、2、3番目に分類された服を勇気を出して封印してください。人にあげるなり、段ボール箱に入れてしまうなどして、一旦なくします。同じような服ばかりでもOKだし、3コーデしかなかったらそれだけで着回してみる。いつもバラエティ豊かに違う雰囲気のものを着る必要もないし、トレンドのファッションを着こなす必要もないんです。“似合う”幅を広げることよりも、“似合う”の奥行きを深めることを意識してください」。

そのためには、挑戦する作業よりもまず絞り込む作業が大事だと言います。

「ブラウンが似合わないのに“私にも似合うブラウンを探そう”とか、ミニが苦手なのに“どのくらいの丈であれば許されるだろうか”と実験するのは時間の無駄。似合わないものの中からではなく、すでに似合うものの中から探すほうが合理的で近道です」。

大草さん自身、甘いディテール、膝の出る丈のボトムス、スキニーパンツなど、決別したデザインは多数あるそう。限られた似合うものを着ているうちに、自分が似合う色や柄、質感、シルエット、ボリューム感などが分かってくるといいます。

自分のファッションヒストリーを振り返る

さらに大草さんがすすめるのは、自分のこれまでのファッション遍歴を振り返る作業です。

「幼少期の記憶に遡り、大切にしていたのはどんな服か、ファッションの傾向が変わったのはどんなきっかけかなどを思い返してみてください。今日のあなたのファッションは一朝一夕に形成されたわけではなく、これまで30年、40年と毎日選んできた洋服の積み重ねだというのがわかるはずです。ファッションというのは、その人の今の内面を映す鏡であり、目指すべき未来の方向を照らす光でもあります。だからこそ、似合う服を着たいならセルフコーチングの時間を惜しんではいけないと思うんです」

なかなか大変そうな作業ですが、本当に似合うものを着たいなら、必ず取り組むべき、と大草さんは言います。

「本当に似合うものは自分にしかわかりませんし、私もそれを指摘して差し上げることはできません。カラー診断などで大枠のことはわかるかもしれませんが、自分の職業や性格、心理状態、なりたい女性像など、さまざまなものが絡み合って、“似合う”が決まるんです。厳しいようですが、日々自分と向き合って、自分を客観的に見つめることができる人だけが、その答えに出合えるんです」

選び方次第で誰もが似合う「シャツ」を味方に

とはいえ、明日何を着れば良い? と悩んでいる人におすすめなのがシャツ、と大草さん。

「シャツとひとことで言っても、サイズ感、素材、襟の形や大きさ、袖の感じ、色や柄などさまざまな要素があります。また、襟は立てるのか、袖はロールアップするのかたくし上げるのか、といった“着こなし方”次第でも印象は変わります。そういった要素をきちんと見極めることで、どんな人にも必ず似合うシャツが見えてくるものです。料理家の方は、一日の多くの時間、エプロンをつけて過ごしていると思いますので、印象を決めるのは主に胸元と腕の部分ですよね。シャツというアイテムはこの2パーツで味を出すことにも長けていますし、清潔感やきちんと感を演出することもできる優れたアイテムです」

「サイズ感」が合う店は見つけておくべき

さて、似合う服を買いたいと思った場合、まずどんな店に足を運べばよいのでしょうか。

「似合うかどうかの基準として、特にシンプルなシャツやパンツなどはサイズ感が大きく影響します。同じ9号でも、シャツなら肩幅や襟周り、袖丈、身幅などが少しずつ異なるので、フィットするものと出会えたら着心地良く自信を持って着られると思います。国による特徴もあるので、まずは日・仏・英・米の4カ国の有名ブランドで試着してみると良いのではないでしょうか」

お気に入りの服が似合わなくなってきたと感じたら?

大草さんのお気に入りのピアスと香水。「バロックパールのピアスは柔らかく存在感を引き上げてくれます。香水は、料理家の方は普段は使えないと思いますが、好きな香りを通して自分の好きな世界観を見つけるというのもひとつの手だと思います」

一方、数年前までスタメンだった服がどうもしっくりこなくなったとか、ずっと愛用していたブランドの店に行っても欲しいものと出合えなくなった、というような「似合う」の変化で悩んでいる方もいるでしょう。そんな変化の理由はふたつあると大草さんは言います。

「ひとつ目は自分の人生やなりたい女性像の変化。結婚や出産によって出向く場所が変わったり、会社員から料理家に転身したなど、環境が変わればその場に適した服装も変わりますし、それによって“なりたい女性像”も変わるでしょう。これは特に、前述の“ファッションヒストリー”を振り返ることで気づきがあるかもしれません。
もうひとつは体型の変化。年齢とともに若い頃にはなかったいろんな場所に肉がついたり下がってきたりするのは自然なことです。個人的には、上半身、背中と肩周りだけでもワークアウトで引き締めておくことをおすすめしますが、今の自分という素材を最も美しく包む器を選ぶ必要はあるでしょう。毎日写真を撮っていれば自分のどこにどんな肉がついたのか、どんな服を着ると悪目立ちするのかがわかるはずです。それがわかれば、ボディラインが響きにくい厚地の生地を選ぶとか、気になる部分を強調しないデザインを選ぶといった対策がとれると思います」

似合う服が見つかったら、毎日同じ服でもいい

料理家の方は料理での勝負に集中すべき、というのが大草さんの考え。ファッションはあくまでそれを支えるものであって、過剰に演出する必要はないと思う、と言います。だからこそ、もしお気に入りの服が見つかったら、それを何枚も買ってもいいのでは?とのこと。

「故・スティーブ・ジョブズや佐藤オオキさんのように、いつも同じ服を着る著名人は少なくありません。迷いを減らして本業に専念するためにも、また自分のイメージを固定化してブランディングする意味でも、同じ服、似た服をいつも着るというのは効果的だと思います。その意味でも、最初に述べたように、“とびきり似合う服”以外の服は封印することをおすすめしますね」

さあ、まずは自分のクローゼットを開いて、「とびきり似合う」ものとそれ以外のものに分類することから始めてみましょう!

撮影/山下みどり 取材・文/吉野ユリ子

お話を聞いた人:大草直子さん(スタイリスト、ウェブマガジン「ミモレ」コンセプトディレクター)

1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年より、同マガジンのコンセプトディレクターに。プライベートでは3児の母。自分メディア「AMARCamarclife.com」主宰。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(1651) [3]=> int(3768) [4]=> int(3677) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

ピエール・エルメ・パリに教わる「パン・デピス」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

石井英美さん 大好きなお菓子作りで独立

料理家を支えるクリエイターたち Mr.CHEESECAKE 田村浩二さん

茂村美由樹さん 私のとっておきの一皿

料理家を支えるクリエイターたち スタイリスト・佐々木カナコさん

吉見ななえさん主宰「お菓子教室プレシュ」

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...