正しいヘアケアで好感度を即座に上げる!【好感度アップコラム】

個人でビジネスを行い、サービスを提供する立場として、お客様や仕事相手の方に清潔感や好印象を与えることは仕事の専門スキルと同じくらい大切。まして“食”を仕事にしている料理家の皆さんなら、健康的で清潔感のある印象は必須でしょう。その鍵のひとつとなるのが、ヘア。あなたは自分の髪に自信がありますか? 育毛&美髪専門サロン「RESALON」オーナーの渡辺佳恵さんにお話を伺いました。

2019年06月19日

髪質はケア次第でいくらでも変わるもの!

「料理家の皆さんにとって、第一印象で何よりも大事なのは清潔感ではないでしょうか」と開口一番に語るのは、育毛&美髪専門サロン「RESALON」のオーナー、渡辺佳恵さん。自身もかつて料理教室を運営していた経験から、料理サロンでの印象の大切さを話してくれました。

「生徒さんは、ただ美味しい料理を学びたいだけでなく、あの先生に習いたい、先生にまた会いたい、といった気持ちを持ってくれるものです。その根底にあるのは、“先生の作ったものは美味しそう、体に良さそう”といった無意識の感覚ですよね。そこでモノを言うのが、ヘルシーさや清潔感なんです。それはその人自身のもつ肌や髪のツヤに表れます。いくらメイクやファッションで取り繕っても、肌や髪そのものがくすんでいたり、やつれていたり、老けた印象を与えてしまうと、信頼感が下がってしまう。そういうものなんですよね」

そのため、ヘアケアはとても重要だと渡辺さん。

「多くの人は、髪質なんて変えられないと思っているようなんですが、実はケア次第でいくらでも変えられるんです。うねりやパサつき、広がりといった女性特有の髪の悩みは、年齢とともに高まっていきますが、手を掛けることでそれは歴然と変わります」

さらに、相手に与える印象だけでなく、髪のケアをするようになると自分自身にも良い影響があるといいます。

「自分の髪と向き合うことは自分自身と向き合うこと、髪のケアをすることは自分自身をよくするために努力すること、そして髪が改善されれば当然自分に自信が持てるようになります。だから、ヘアケアに取り組むことは、自分自身との信頼関係を高めるためにとても効果的なんです」

ふたりの料理家が体験! サロンのケアで髪はどこまで変わる?

では具体的にどんなケアを行えば良いのでしょうか。「RESALON」では、シャンプーやトリートメント剤の流し不足などによる頭皮の汚れを徹底的に取り除くこと」と「毛髪の内と外から独自のトリートメントで不足している美容成分を送り届けること」を行うとともに、専用のホームケアラインによる日々のケアを提案しています。

そこで今回、RESALONのトリートメントを「Kai House Club」に所属するふたりの料理家に体験してもらいました。

若井めぐみさんは細くて乾燥しやすい髪質で、ボリュームが出しにくいのが悩みだそう。

もうひとりの体験者、西岡麻央さんは、直毛が強いせいかパーマがかかりにくいこと、また若井さん同様、ボリュームが出にくくペタっとしてしまうのがお悩みとのこと。

もともとかなりの美髪のおふたりですが、実際に施術を行ってみるとどのように変わるのでしょうか。

まずは頭皮を徹底的にクリーンに

まずマイクロスコープで頭皮環境をチェックし、それに応じたケア計画を立てます。それからシャンプーで頭皮の汚れを徹底的に落とし、健康な毛が育つよう頭皮を整えます。「頭皮のケアは、とても重要なプロセスです。髪の歪みやうねりは頭皮の毛穴の汚れのつまりやたるみから起きていますし、パサついた髪も、その元となる頭皮が健康な状態でないことが原因。これから生まれてくる髪のための土台に力をそそぐことは、明日からの美髪を育てることだと考えましょう」と渡辺さん。

専門のトリートメントで、髪を根本改善

次に髪にも専用のトリートメントを塗布し、髪の内側に水分や栄養を送り込み、さらに現在の髪質や髪悩みに特化したトリートメントを行い、さらに頭皮のツボを刺激するヘッドスパで、頭皮のコリをほぐして血行促進し、新しく健康な髪が生えやすい状況へと導きます。仕上げにヘアアイロンでトリートメント成分を定着させてサロンのメニューは完了。「プロに委ねてみることで、自分の髪も“ケアすれば変わるんだ”ということを、ぜひ実感してほしいと思います」

1回で、ふんわりと立体感のあるサラサラヘアに

さて、実際にトリートメントを受けたおふたりの変化は? 若井さんの髪は柔らかく軽やかな印象に。「ふわふわ、サラサラの髪になりました。またマッサージがあまりにも気持ちよくてびっくりしました」と若井さん。

西岡さんも、くっきりと天使の輪が輝いています。「指通りを感じないくらい、ツルツルの髪になって嬉しいです」と、たった一度でも絹のような繊細で清潔な髪が現れました。「おふたりのように、もともとカラーリングやパーマなどもかけていないバージンヘアでさらにダメージも少ない状態なら、1度でもふんわりと軽やかでサラサラな仕上がりを感じられると思います。ただ、おふたりとも頭皮が乾燥傾向にあったので、これから年齢を重ねても美しい髪を保つためにも、ぜひ継続的にケアすることをおすすめします」とのこと。

清潔な頭皮を保つことが美髪育成のカギ

 

サロンでの施術に加えて、“毎日のヘアケア”、そして“生活習慣の改善”が、美髪を育む鍵になる、と渡辺さんは言います。

ではまずホームケアではどんなことを心がければ良いのでしょうか?

「まずスカルプクレンジングで皮脂やヘアセット剤、ホコリなどの頭皮の汚れを徹底的に落とします(週に1〜2回程度)。次にシャンプーで毛髪についた同様の汚れをしっかり落とし、シャンプー剤が残らないように十分すすぎます。それから髪質に合ったトリートメントで潤いや栄養を補い、さらに育毛などの悩みがあればスカルプローションでケアします。とにかく清潔な毛穴の状態を保つことがホームケアでは何より大事ですね」と教えてくれました。また、洗うタイミングや洗った後のケアも重要、と渡辺さん。「髪は夜寝ている間に育ちます。その時に頭皮の状態がきれいでなければ意味がないので、朝シャンではなく夜シャンを、そして濡れた状態が最も髪を傷めるので、シャンプー後はすぐに徹底的にドライヤーで乾かすことが大事です」

さらに睡眠や食事についてもアドバイスをいただきました。

「体の代謝をできるだけ髪や肌の生まれ変わりに使うために、食事の消化活動はそれより前に終わらせておきたいですね。そのためにも、食事は寝る3時間前までに済ませましょう。そしてもちろん、睡眠不足は厳禁です。もうひとつ、釈迦に説法ではありますが、髪を作る材料となる栄養についても配慮が必要ですよね。糖質過多、炭水化物中心にならないように注意して、たんぱく質をたっぷりとるようにしましょう」

ただ束ねているだけでも、健康的で清潔感あふれる髪から、ていねいな暮らしぶりが伝わってくる……そんなヘアを目指して、今日からぜひ、毎日のお手入れを見直してみることをおすすめします。

Photos MIDORI YAMASHITA Text YURICO YOSHINO

お話を聞いた人●渡辺佳恵さん

ブランドプロデューサー●女性誌ファッションディレクターを経て2006年起業、現在は「RESALON」代表を務めるとともに、靴ブランド「Daniella&GEMMA」、コスメブランド「coco organics」、パンケーキ店「クリントンストリートベイキングカンパニー」、雑誌「美的」など、さまざまなブランドのプロデューサーやアドバイザー、また一般女性のビジュアルコンルティングを行うオンラインサロンを開講し、100名近い生徒の美容&ファッション&生き方指導を行う。https://www.resalon.co.jp/

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(2306) [1]=> int(1914) [2]=> int(502) [3]=> int(5354) [4]=> int(1651) }

人気の記事Pick Up Topics

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

作家・心理カウンセラーの五百田達成さんに聞く「仕事運を上げる話し方」【好感度アップコラム】

堤 人美さん【著者に聞く、話題の料理本出版記】

蒸しサバのポテサラケーキ【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

伊藤くみさん主宰「料理教室IMAGINER(イマジネ)」【人気料理家のレッスン拝見】

菓子工房ルスルス オーナーパティシエール 新田あゆ子さん【私の駆け出し時代】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...