正しいヘアケアで好感度を即座に上げる

スキルアップ

個人でビジネスを行い、サービスを提供する立場として、お客様や仕事相手の方に清潔感や好印象を与えることは仕事の専門スキルと同じくらい大切。まして“食”を仕事にしている料理家の皆さんなら、健康的で清潔感のある印象は必須でしょう。その鍵のひとつとなるのが、ヘア。あなたは自分の髪に自信がありますか? 育毛&美髪専門サロン「RESALON」オーナーの渡辺佳恵さんにお話を伺いました。

2019年06月19日

では具体的にどんなケアを行えば良いのでしょうか。「RESALON」では、シャンプーやトリートメント剤の流し不足などによる頭皮の汚れを徹底的に取り除くこと」と「毛髪の内と外から独自のトリートメントで不足している美容成分を送り届けること」を行うとともに、専用のホームケアラインによる日々のケアを提案しています。

そこで今回、RESALONのトリートメントを「Kai House Club」に所属するふたりの料理家に体験してもらいました。

若井めぐみさんは細くて乾燥しやすい髪質で、ボリュームが出しにくいのが悩みだそう。

もうひとりの体験者、西岡麻央さんは、直毛が強いせいかパーマがかかりにくいこと、また若井さん同様、ボリュームが出にくくペタっとしてしまうのがお悩みとのこと。

もともとかなりの美髪のおふたりですが、実際に施術を行ってみるとどのように変わるのでしょうか。

まずは頭皮を徹底的にクリーンに

まずマイクロスコープで頭皮環境をチェックし、それに応じたケア計画を立てます。それからシャンプーで頭皮の汚れを徹底的に落とし、健康な毛が育つよう頭皮を整えます。「頭皮のケアは、とても重要なプロセスです。髪の歪みやうねりは頭皮の毛穴の汚れのつまりやたるみから起きていますし、パサついた髪も、その元となる頭皮が健康な状態でないことが原因。これから生まれてくる髪のための土台に力をそそぐことは、明日からの美髪を育てることだと考えましょう」と渡辺さん。

専門のトリートメントで、髪を根本改善

次に髪にも専用のトリートメントを塗布し、髪の内側に水分や栄養を送り込み、さらに現在の髪質や髪悩みに特化したトリートメントを行い、さらに頭皮のツボを刺激するヘッドスパで、頭皮のコリをほぐして血行促進し、新しく健康な髪が生えやすい状況へと導きます。仕上げにヘアアイロンでトリートメント成分を定着させてサロンのメニューは完了。「プロに委ねてみることで、自分の髪も“ケアすれば変わるんだ”ということを、ぜひ実感してほしいと思います」

Pages: 1 2 3

Photos MIDORI YAMASHITA Text YURICO YOSHINO

お話を聞いた人●渡辺佳恵さん

ブランドプロデューサー●女性誌ファッションディレクターを経て2006年起業、現在は「RESALON」代表を務めるとともに、靴ブランド「Daniella&GEMMA」、コスメブランド「coco organics」、パンケーキ店「クリントンストリートベイキングカンパニー」、雑誌「美的」など、さまざまなブランドのプロデューサーやアドバイザー、また一般女性のビジュアルコンルティングを行うオンラインサロンを開講し、100名近い生徒の美容&ファッション&生き方指導を行う。https://www.resalon.co.jp/

料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...