「宣伝会議」編集長に聞く、個人HP(ホームページ)作成のコツとは 【料理家のためのデジタル塾】

「宣伝会議」編集長に聞いた、集客&ブランディングのためのHP 活用法 【料理家のためのデジタル塾】

フリーランスとして働くスタイルを選んだ時、きっと一度は考えてみたことのある課題、「ホームページって必要?」について考える今回。SNSなど、簡単に発信できる個人メディアが増えた今、果たして本当に必要なのでしょうか。また、ホームページ開設時のポイントや活用方法とは? そこで、雑誌「宣伝会議」の編集長、谷口優さんにお話を伺いました。「毎日更新しているけれどこれで効果が出ているのか不安」という方や、「基本フォームは作ったけれど開店休業状態」という方、最初の一歩を踏み出すために必読です!

 

2018年08月6日

“安心感”を制作する、個人ホームページの存在意味

この「料理家のためのデジタル塾」連載では、これまでTwitterやFacebook、InstagramといったSNSの活用法を紹介してきました。しかし、他にもLINEなどに代表されるように、即時性が高くインタラクティブな情報発信ツールがあふれている今、改めて個人がホームページ(以下HP)を作るメリットはあるのでしょうか。宣伝やプロモーション、販売促進、ブランディングなどの最新情報や発想のアイデアを紹介する月刊誌「宣伝会議」の編集長であり、多くの企業やブランドのHP運営にも精通している谷口優さんはその必要性や作成のコツについて、次のように語ってくれました。

「昨今、情報発信だけが目的であれば、それを満たしてくれるソーシャルメディアはたくさんあります。が、東日本大震災以降、“信頼のおける情報源で確認したい”という人々の思いは強くなっているように思います。その点においてHPはデジタル上の基点であり、母艦のような存在といえるのではないでしょうか。料理教室を中心に主宰する料理家の方であれば、マンションの一室で運営していたり、スクールに出張講師として出向いていたりする方が多く、店舗や企業のように看板を出して専用の場を構えている方は少ないのではないかと思います。そうなったとき、ソーシャルネットワークのようなフロー型の情報と違って、HPがあれば、その方の教室や料理に興味を持ってくれた“見込み客”にとっては、重要な安心材料になることでしょう。これはあくまでイメージ的なものですが、昔で言えば“テレビCMをやっている会社だから安心”と人々が考えた感覚に近いと思います。料理教室の生徒だけでなく、出版社の方や食材メーカーの方など、“B to B”の場で出会うビジネス相手にとっても、SNSで情報発信をしている人と比較された場合には、HPを持っているというだけで信頼性が高まり、ビジネスパートナーとして選ばれやすくなるということはあるでしょう」

谷口優さん

ホームページ作成のコツ① 差別化ポイントを明確にして売り上げUP!

とはいえ、「信頼される確率が上がるというだけで、HPさえ開設すれば次々に仕事が舞い込んでくるほど甘い時代ではありません」と谷口さん。HPを開くというのは、いわば店をオープンしたのと同じこと。当然、そのお店まで、どうやってお客さまを連れてくのるかという戦略なくしては”繁盛店”にはなりえないというのです。

「特に重要なのは“差別化ポイント”を明確にすることです。人でも店でも企業でも、ブランド価値というのは他者との差異から生まれます。例えば、知り合いを食事に誘うときのことを考えてみてください。味も雰囲気もサービスも価格も合格点。でも、なんか際立った特徴がないな…というレストランは、候補にあがりづらいのではないでしょうか?皆さんもいち消費者の立場にあるときは、何かしらエッジのあるものを求めるはず。そして、このエッジがHPにお客さまを連れてくるうえで重要なポイントになります。あなたの教室にはどんな特性があるでしょうか? 野菜料理×子供レシピ、ワインに合う和食、など、細分化された他者に負けない魅力があり、なおかつ自分自身のアピールポイントを明確にしないと、そのためにはどんなHPが効果的かということも決めようがないのです」。

「デジタル上では、ライバルは全世界にいる」と谷口さん。「全国の料理を食べ歩いているという人なら、ブログ形式でテキスト量を多く見せていくHPの方が需要があるでしょうし、テーブルスタイリングが売りなら、写真を中心にしたビジュアルの際立つサイト構成が喜ばれるでしょう。料理家として自分が他の人と何が違うのかをまず見極めると、どのようなHPにすればよいのか、デザインやコンテンツのイメージ、さらには必要な機能も明確になってくるのではないでしょうか」

ホームページ作成のコツ② 「誰に向けたホームページ?」を意識したイメージ作り

さらに、自分の強みや伝えたいメッセージを考えることも大事だけれど、「誰が見ているか、誰に見てほしいのかを意識することも重要」と谷口さん。

「例えば個人のお客様に見てほしいのか、同じ個人客でも、近所に住む人々なのか世界中の人なのかと、具体的にイメージする方が良いでしょう。日本に住む外国人向けの料理教室という発想もあるかもしれません。ターゲットによってデザインもコンテンツの内容、そして文章のトーン&マナーも変わってきます。個人客を対象にしている場合、HPの雰囲気も手作り感がある方が好まれるケースもあります。しかしその一方、HPは主に、出版社や企業などの法人客に対する信頼獲得のため、あるいはそういったクライアントとの取引の窓口と考える人もいるでしょう。その場合は、信頼感を高める見せ方やあなた自身のこれまでのキャリアがわかるような表現方法が重要になるかもしれません。自分が狙うターゲットはどこにあるのかをよく考え、戦略的にコンテンツやビジュアルを構成することが重要なんです」

ホームページ作成のコツ③ 問い合わせや申し込みがしやすいHPを目指そう

またHPの利便性のひとつに、問い合わせや取材申し込み、仕事依頼、料理教室の参加申し込みなどを受け付けるオフィシャルな窓口、という特徴がありますが、これもユーザビリティ(使いやすさ)次第では大きな差につながる、と谷口さん。

「そこに記載されているのが電話やファックス、メールアドレスだった場合、残念ながらダイレクトで有効なアクションツールと呼ぶには、まだ足りないかもしれません。問い合わせフォームや申し込みボタンがあるなど、面倒な手順を踏まずに収益につながる窓口を搭載しておくことで、“集客ツール”としての価値が生まれるのです。また、お問合せをした後、なかなか返事が来ないとお客さまは不安になるもの。即座に対応ができないようであれば、問い合わせからどれくらいの期間で返答があるのか、目安を明示しておいた方がていねいです」

谷口優さん個人のHPは、ストック型の情報発信場所としても活用できる

また、個人にとってのHPは「ストック型の情報発信ツールとしても、特に料理家の方にとってはメリットがあるのでは」と谷口さん。

「レシピを例にとると、HPは情報発信ツールとしてとても利便性が高いと思います。というのもレシピはファッションなどのトレンドニュースと違い、10年、20年前のものでも、見る人にとっては価値を持つものだからです。みなさんの中にも、母の代から譲り受けたレシピ本などを大切にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。盛り付けや食材などに多少トレンドがあったとしても、基本的にレシピはコンテンツとして古びることがありません。むしろ蓄積していくことで、食材別・季節別・カロリー別など、充実した検索方法が可能になるとも言えます」

なんとなく作成するのはNG! 個人ホームページを作成する時のポイント

さらにHPの活用方法として、ソーシャルメディアのように、フロー型の情報発信で集客に結びつけるという方法も谷口さんが提案してくれました。そのひとつがコンテンツマーケティングという手法です。コンテンツマーケティングとは、ターゲットに合った記事を継続的に掲載することで見込み客との関係性を作り、最終的に購買へとつなげる考え方のこと。

「HP上で、食に関する有益で魅力的なコンテンツを発信し続けることで、メディアの方やメーカーの方、料理教室の生徒の方から食の専門家としての信頼の獲得につなげることができます。ある程度の情報量が集まればそれ自体が価値のあるものになりますから、これもHPのもつストック型情報発信の長所と言えるでしょう」

谷口優さん

同じような特性をもつ異業種のHPを参考にする

個人HPの作成のコツやメリットをいろいろ紹介しましたが、自分にとって必要な要素が何なのかまだはっきりしないという人には、他のHPを参考にするのがおすすめだそう。

「他の料理家のHPも参考になるかと思いますが、盗用っぽくて気が引けますよね。そんなときに参考にするなら異業種がおすすめ。例えば出張ケータリングなどを中心に活動している料理家であれば、マッサージサロンやネイルサロン、占い師やフォトグラファー、パーソナルトレーナーなど、個人事業主が多い異業種のサイト構造を参考にしてみるとさまざまなヒントが隠れています。また、料理教室を中心に主宰しているなら、英会話教室やテニススクールなどのスクールビジネスのHPの体験入学紹介や誘導システムがどうなっているかをチェックしてみるのもいいでしょう。小さな宿やクリニックなどのサイトにも、参考になる例があるのではないでしょうか。自分が日常的にサイトを検索する際に、“今、自分はどんな情報を探しているか”、“どんな動線で画面を開いているか”、“使いやすく見やすいサイトにはどんな特徴があるか”などを意識して見るようにして、具体的にメモしていくと、自分が目指す方向が見えてくるのではないでしょうか」

自作で無料? HP作成会社に依頼する? それぞれのメリットとデメリット

さて、HPの方向性が固まったところで、いざ開設となった時に「どうやって」作るかも重要な問題。

「Web制作会社に外注する方法、ホームページ作成ツールを使って作る方法、HTMLやCSSなどを使ってゼロから作る方法とさまざまな方法があります。無料ツールを使ったり自分で作るということであればコスト的な負担はありませんが、無料ツールの場合はもともとのフォーマットにある程度合わせる必要があるので、自分のイメージするデザインにフィットするツールを選ぶ必要があります。またゼロから自分で作るにはある程度のデジタル知識が必要です」

外注する場合なら、初期コストとランニング(運営)コスト、そして運用方法がポイントになると谷口さんはいいます。

「まず導入時に制作コストがかかります。20万円〜60万円くらいと差があると思いますが、これは主にどんな機能を搭載するかで変わってくるでしょう。かなり凝ったデザインを考えているなら、企画費や制作費はさらに高額になります」。

そして大切なのが日々の運用。

「アップデート(更新)を自分で出来るようにするのか、更新も制作会社に依頼するかによって、手間も経費もかなり変わってきます。自分でアップデートできないシステムの場合だと、運用面でわずらわしさを感じたり、なんとなく面倒になって更新が滞るかもしれません」。

もし外注をするなら、まずは内容を固めてから数社に見積もりをとって比較すること、先々のことを考えて、ある程度流動性のあるサイトにしておくことがおすすめだと谷口さん。「ヴィジョンがなかなか固まらないうちに外注をするのは避けたほうがいいでしょう。それなら一度無料ツールで作ってみて、自分に必要な機能が何なのか、実際に運用しながら考えてみるのも手ですね」

HP作成法

自分の強みや特徴を見つめ直し、他のHPを研究して、自分のウェブサイトの方向性を決める。それからまずは無料ツールで作成してみる。最初に着手するまではちょっとハードルが高いかもしれませんが、一度HPを作ってしまえば、あとはブログやSNSのように楽しく更新していくことも可能です。これから料理家として自分らしいチャンスを手にするためにも、ぜひ一度制作を考えてみることをおすすめします。

撮影/田村浩章 取材・文/吉野ユリ子

話を聞いた人 谷口優さん(Yu Taniguchi)
宣伝会議 出版・編集事業取締役、月刊「宣伝会議」編集長/社会情報大学院大学 准教授。2000年早稲田大学卒業後、宣伝会議に入社し、月刊『宣伝会議』編集部配属に。月刊『環境ビジネス』・月刊『編集会議』編集長、月刊『宣伝会議』副編集長を経て、2007年10月より編集長。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1860) [1]=> int(2744) [2]=> int(1651) [3]=> int(2670) [4]=> int(3581) }

人気の記事Pick Up Topics

料理家 渡辺有子さん【私の駆け出し時代】

サンデーベイクショップ直伝!「りんごのトレイベイク」【ちまたで話題の料理にトライ!】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

中村紫乃さん主宰「just baked!(ジャスト・ベイクド!)」【人気料理家のレッスン拝見】

マインドフルネスのプロに聞く、いつもご機嫌な人でいる方法【好感度アップコラム】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

カカオの新たな使い方を学ぶ【Kai House Clubイベントルポ~『FCC』編】

料理家が仕事の人脈を築く方法【ビジネスマナー塾】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

You Tubeで料理動画を配信する料理家、YOSHIROさん【料理家のためのデジタル塾】

「Sublime(スブリム)」フランスと北欧が調和する美しきガストロノミー

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...