インスタグラムのビジネス活用法をSNSアドバイザー石井リナさんが直伝!【料理家のためのデジタル塾】

SNSアドバイザー、石井リナさんに聞く、ビジネスで成功するインスタグラム術 【料理家のためのデジタル塾】

まるでひとつのウェブマガジンを持つように、写真で自分自身のスキルや感性を全世界に発信することができるSNSは、今やビジネスの必携ツール。個人で事業を行っていたり、視覚に訴えることのできるものを仕事にしている料理家の皆さんにとっては、なおのことです。今回は、企業のSNSコンサルティングを行い、国内外のインスタグラマーの動向などもよく知る、SNSアドバイザーの石井リナさんに、インスタグラムを中心とするSNSをビジネスで活用する方法を伺いました。

2018年10月8日

20代、30代が最もアクティブに閲覧し、購買行動を起こしているのがインスタグラム

さまざまなSNSがあるなか、「他のSNSをすべてストップし、インスタ1本に絞っている」というアーティストやタレントも増えているほど信頼を集めるインスタグラム。ビジュアル中心のSNSゆえに言語の壁が低いだけに、海外のアーティストのアカウントをチェックしている人も多いようですが、まずはその現状を聞きました。

「基本的なことですが、SNSにはオープンなものとクローズなものがあります。それはシェアする機能の有無のことですが、フェイスブックやツイッター、ピンタレストは、シェアやリツイート、ファボなどで情報共有ができるのに対し、インスタグラムは本人にライクを伝えることはできても、情報を共有するシェア機能が少ない(他のアプリを使えば可能)のです。検索による閲覧は別として通常は、発信者側としては自分のフォロワーにしか基本的に情報発信ができません。つまり、バズ(口コミで伝わること)や拡散は起こりにくいということです。でも現実には20代、30代の人が今最もアクティブに閲覧し、かつ、そこから購買行動を起こしているのがインスタグラム。だからこそ、企業、あるいは個人事業主であってもSNSをビジネスに活用したいと考えるのであれば、無視してはいけないものだと思います」

「言語」を脇役にしたことで生まれた、利便性やグローバル性

2010年秋にサービスを開始し、2012年にFacebookに買収されたインスタグラム。あっという間に利用者はぐんぐん増え、2014年にはツイッターを超えるMAU(月間アクティブユーザー)を記録し、現在もその数を伸ばし続けています。日本では2014年ごろから急激にユーザーが増えましたが、なぜ後発のインスタグラムがここまで人気を集めたのでしょうか。

SNSは常に特定のものに人気が集まったり、その反動で陰りが出たりと波がありますが、インスタに関してはこの5年ほどずっと伸び続けています。その理由として、インスタグラムは私達が経験してきたメディアの中でも、初めてのグローバルメディアだから、ということがいえるでしょう。フェイスブックやツイッターが、テキスト中心のメディアなのに対し、インスタグラムはあくまでも写真や動画が主役。他のメディアでも多くは写真&テキストを同時に投稿できますが、その主従関係が完全に逆転しているのはインスタグラムのみです。これによって言語の壁を容易に越えることができ、初めて“海外の人と難なくつながる”経験をしたといえます」

また日本語・外国語といった言語の壁だけでなく、言葉そのものが生み出す“マイナス要素”からも自由になったと石井さんは考えます。

「今でこそ“インスタ疲れ”などという言葉も生まれましたが基本的なあり方として、ツイッターが、今も頻繁に“炎上”が起きるなど言葉を使うゆえの揚げ足取りやネガティブコミュニケーションが生まれやすい状況なのに対し、インスタグラムは余計なことを言わない、また言われないスマートさや気軽さがあります。言葉を考える必要も少なく、ただ写真を撮ってUPするだけの、簡単さ・手軽さも魅力として挙げられるでしょう」

言葉をあえて重要視しなかったことがインスタの勝因と言えそうです。

「もうひとつ言えるのは、インスタが形を変え、進化し続けていること。現在では、ストーリーという“消えていくショート動画”機能を備え、さらに最大1分までのロング動画が投稿できる『IGTV(アイジーティーヴィ-:インスタグラムテレビの略)』も登場。これがユーチューブを飲み込むほどの注目となっています」

それまでのSNSにはなかったスタイルで登場しただけでなく、日ごろから常に新しい体験や機能を提供し続けているのがインスタグラムなのです。

今からインスタグラムをビジネスに生かしたいならストーリーやIGTVの活用を

とはいえ、すでに注目されているインスタグラマーは何万人というフォロワーを抱えていて、新参者の自分が努力をする意味があるのかと不安に思う人もいるかも知れません。その思いに石井さんはこんな回答をくれました。

「確かにSNSは、ユーザー側の先発優位性が高いメディア。先に始めた人ほど簡単に人気を獲得することができる傾向にあります。プレイヤーが増えれば増えるほど、少々の魅力では埋もれてしまうのが市場というもの。そしてこの先もずっとインスタグラムが首位を守り続ける保障はありません。常にアンテナを張り巡らし、何か流行りそうな兆しのあるSNSがあれば“とりあえず始めておく”ことは大事でしょう。しかもインスタグラムは先に述べたとおりクローズなメディアですから、言ってしまえばただの箱。それ単体で集客をしたり情報拡散することはできません。インスタ × ツイッターなど、他のSNSとの組み合わせが必要になりますから、いくらインスタが注目されているといってもインスタだけで完結しようとせず、他のメディアとうまく組み合わせて相乗効果を図りつつ、次なるメディアにも仕掛けていくフットワークの軽さは必須です」

またインスタグラム自体にもっとパワーをつけたいならこれからの時代はやはりストーリーやIGTVをすべき、と石井さん。「手間は増えるけれど、インスタで出遅れた人にも、インスタ内での先発優位性を獲得できるチャンスとも言えます。これからという人は必ずやるべきでしょう」

アカウントのコンセプトを明確にすることからスタート

では具体的にどのようにビジネスで役立てれば良いのでしょうか。

「ただやみくもに続けていてもナンセンス。後発組でも、例えば黒柳徹子さんのように知名度や信用のある方なら何をアップしても注目されますが、一般の人がビジネスに活用したいと思うなら、徹子さんと同じスタイルでは成功しません。私たちが企業にSNSコンサルティングをするときも、まずはアカウントのコンセプト、テーマを明確にします。誰に対してコミュニケーションをするのか、何を思ってもらいたいのかが重要です」

当たり前のようでいて、多くの企業で意外にこれが実践できていないと石井さんは言います。

「フリーランスだとしても、ビジネスにインスタグラムを活用したいと思うなら同じこと。個人アカウントとビジネス用を共通で使っている場合も、あらかじめ個人を出す割合は何割程度に留めるなど設定しておいてもいいかもしれません。親しみをもってもらおうとして日常を切り取ったようなゆるい投稿をする方もいらっしゃいますが、フォロワーを増やすという観点においては、まずは有益な情報を発信することのほうが優先順位が高いでしょう。特にフォロワーの少ないうちは、アカウントの信用性を高めるためにも、ブランドコンセプト、企業メッセージに合ったものをわかりやすく発信していくことが重要です」

「フォロワーを増やすのは何のためか」を改めて考える

インスタグラムはSNSの中でも集客や購買に親和性の高いメディアであること、企業イメージに合った情報を発信し、ストーリーやIGTVなどを導入してアクティブなメディアにすることがビジネスに効果的、ということがわかりました。ここで、改めて「ビジネスにインスタを活用する」とはどいうことなのかを考えてみましょう。

「企業からのSNSコンサルティングでは、何カ月後にフォロワーを何人にしたい、といった具体的な依頼を受けることもあります。が、今やインスタでオーガニックにフォロワーを増やすには限界があり、ブーストするにはアド(広告)を打つ必要があります。けれど、企業にも同じことが言えますが、個人の方にとってそこまでしてフォロワーを増やす必要ってあるのでしょうか? “フォロワーが増えれば何かいいことがあるらしい”というような曖昧な動機でなく、自分が何のためにインスタグラムをしているのか、フォロワーを増やしたいのかを考えてみる必要はあると思います。メディアに登用されたい、本を出したい、その後ろ盾としてフォロワー数を増やしておきたいのか、大規模に情報発信する場にしたいのか、教室の生徒数を増やしたいのか。それによってはフォロワーの“数”は重要ではないかもしれませんし、場合によってはインスタではないやり方、SNSではないやり方の方が効果的なこともあります。インスタは仮にフォロワー数が増えたとしても魔法の杖ではないということは覚えておいたほうがいいでしょう」

そのうえで、それでもインスタはやったほうがいいと思う、と石井さん。

「今や人々がスマホを使う時間の1位はSNS、そして2位が検索。そんななかネットというメディアで集客や営業をしたいと考えると、自分たちのリソースを活用してできることといえば、手間とアイデアを駆使してSNSかSEO(『検索エンジン最適化』の意味。検索結果で特定のウェブサイトがより多く露出するように工夫する取り組み)に注力するくらいしか方法がないと思います。さらに、多くの人は複数のSNSをスキッパブルに閲覧していますから、ひと通りのSNSにアプローチしておかない理由はありません。インスタグラムがいつまでも王座にいるとは限りませんが、さまざまなSNSを無理なく楽しみながらトライする柔軟性が、これからの時代、個人がSNSをビジネスに活用する鍵だと思います」

撮影/田上浩一 取材・文/吉野ユリ子

話を聞いた人 BLAST代表取締役社長/編集長 石井リナさん(Rina Ishii)

新卒でオプトへ入社し、Web広告のコンサルタントを経て、SNSコンサルタントとして企業のマーケティング支援に従事。初のInstagramマーケティング書籍となる「できる100の新法則Instagramマーケティング」を共同執筆するなど、デジタルプロモーションを中心にライターや、セミナー講師としても活動を広げている。その後、リアルイベントにおけるSNSプロモーションを行うSnSnap(エスエヌスナップ)にて、自身が編集長を務めるオウンドメディア「COMPASS(コンパス)」を立ち上げ、運営を行った。現在は起業し、女性向けエンパワーメント動画メディア「BLAST」の立ち上げ、運営を行う。学生時代より雑誌「ELLE girl」のラボプロジェクトにてリアルイベントの企画や運営に携わるなど、若年層マーケティングを得意とする。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...