インスタグラムで存在感を高める方法

スキルアップ
石井リナ

今や、世界中の人々に使われるSNSへと成長し、中毒気味になる人も多いインスタグラムの世界。フリーで働くなら、これだけ多くの人が閲覧しているメディアを活用しない手はありません。前回の「インスタグラムビジネス活用術」に続き、今回はさらに上級者の例を引用しながら、自分のプレゼンスを高めるSNSの効果的な使い方を、SNSコンサルタントの石井リナさんに聞きました。

 

2018年11月12日

同じフォーマットの継続がインスタグラムのブランディング石井リナ

インスタグラムで重要なのは、写真の美しさ。そしてプレゼンスを高めるために効果的なのが、写真として一定のスタイルを持つことだと石井さんは言います。そんな法則を知るためにぜひチェックしてほしいアカウントとして、エディトリアル&グラフィックデザイナーの山崎佳さん(@keiyamazaki)を挙げてくれました。

「いつも同じテーブルに同じ白いプレート、フォークやコーヒーの配置も撮影の角度も同じにしていて、それがサムネイル(スマホなどの画面に一覧表示される状態をいう)に並んだ時に美しいんです。彼女のアカウントを見ると、そのフォーマットの美しさと、“やり続けること”の大切さがよくわかります」。

またインスタグラムは休まず続けることも同様に大事です、と石井さん。「インスタグラムの場合、2〜3日に1回は上げていないと、あっという間に印象が薄れてしまいます。クオリティも大事ですが、まずは出し続けることがとても大事なメディアなんです」

 

1枚1枚の写真のクオリティと構図に徹底的にこだわる

石井リナ

ファッション系のインフルエンサーであるAimee Songさん(@songofstyle)のアカウントも要チェック。

「1枚1枚の写真がファッション撮影のように美しく、表情、ポージング、画角などにこだわっていて、メディアとして完成しています。インスタグラムというプラットフォームを使いこなし、自分らしさを上手に表現している例としてぜひ見てみてほしいと思います」。

同様に、一貫したクオリティと自分らしさを実践しているのがコンテンツクリエイターのLisa Lambacherさん(@honeylisabee)。

「彼女はフィード(サムネイルに表示される、いわゆる通常投稿)のクオリティはもちろん高く、Stories(インスタグラム画面上部に表示される簡易動画機能)やIGTV(インスタグラムティーヴィーの略。Storiesよりもさらに長く作り込んだ動画も発信できる)での動画にも積極的。Storiesは、フィードに比べて流れていってしまう傾向があるものの、Storiesしか見ていないというユーザーも増えてきていますよね。そうした中で、彼女の動画が流れてきたら“あっ、彼女だ”とすぐに分かるようなフォーマットやトンマナがあります。そして大事なのは、“可愛いから、ついちゃんと見ちゃう”ということ。きちんと作れば、動画はその分、フォロワーの時間を獲得できますから、フィードだけで見せるよりもリーチ(ユーザーに情報が到達した数値)を獲得しやすくなると言えます」

 

フィードでの格好良さと、IGTVでの生っぽさの両面が必要石井リナ

フィードと呼ばれる、いわゆるインスタグラムでの一般投稿だけでなく、StoriesやYouTubeなども同時に使っていくことをおすすめしている石井さん。多方面から自らの活動を上手に発信し続けていれば、必ずそれに注目してくれる人が現れます。

その点でぜひ学んで欲しいのが、ファッションインスタグラマーのChiara Ferragniさん(@chiaraferragni)だと言います。

「彼女はもともとブログからスタートした人ですが、今ではさまざまなSNSを使いこなしています。特にその使い分け方法に注目。インスタグラムでは綺麗なビジュアルを、Storiesではちょっとふざけた動画を、そしてYouTubeでは素顔を感じさせるカジュアルな雰囲気を大切にしています。各メディアでそれぞれ一貫性を持たせると共に、同じ人物でも、それぞれのメディアのトンマナに合わせたコミュニケーションを見せている人は、活用方法として上手いなと思いますね」

同様の観点で注目してほしいというのが、日本を拠点にする男性モデルのけみおさん(@mmkemio)。

「彼もインスタグラムだけでなく、LINE、ツイッター、YouTubeを駆使しています。インスタグラムのフィードではおしゃれな雰囲気の写真を、Twitterではフレンドリーでユニークなコメントをと、表現を変えているのが印象的ですね。それぞれのSNSのトーン&マナーを理解して、どこにいる人にどんな魅力を伝えたいかを明確にすることが大事です」と石井さん。

基本的に、インスタグラムでは美しい写真やスタイルのある人がもてはやされ、Storiesでは親近感があってユニークな表現が望まれると言います。

「フィードの格好よさだけでは魅力を感じてもらえなくなってきている一方、動画は一挙手一投足まで取り繕うことってできないですよね。生の自分が出てしまう分、自然体であっても魅力的な人が人気を得ていくのでではないでしょうか」。

特にStoriesやIGTVなどの動画では、自分自身もコンテンツとして登場し、自らの存在に親近感を覚えてもらうことが必須、と石井さんは教えてくれました。

Pages: 1 2

撮影/田上浩一 取材・文/吉野ユリ子

料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...