「Crony(クローニー)」上質な時間を過ごせるモダンフレンチ

レストランの主役は料理ですが、美味しさの理由は料理だけではありません。洗練されていて心地よい空間と、驚きがあって温かみのある料理。今月は、一見相反する要素が両立し、すべてのゲストを心から満足させる話題のフレンチレストランを訪ねました。

2018年09月20日

ホスピタリティが美味しさを形づくる

ガストロノミー界が注目する東京・西麻布のモダンフレンチレストラン「Crony(クローニー)」。シェフを務める春田理宏さんは、20歳でフランスに渡り、パリ、東京、コペンハーゲン、オスロ、サンフランシスコの数々の星付きレストランで研鑽を積んだ新進気鋭の料理人で、フレンチをベースに、深く広く積み重ねた経験と独自のセンスで生み出されるイノベーティブな料理を体験できます。

コースは、遊び心のあるプレゼンテーションを交えて構成されているが、美味しいことが何よりも優先されると春田シェフ。世界中で働いてきた経験と、日本人であるというアイデンティティ。日本の食材や旬のものを使いながらオリジナリティがあり、すべてのゲストが満足できる料理を目指したいといいます。

「普段あまり外食をしない方たちにも『美味しい』と感じてもらえて、世界中を食べ歩いているフーディーの方には『ここはあの技法を応用して落とし込んでいるな』と楽しんでもらえるような、どんな食体験をしてきた方たちにも喜んでいただける料理。それを実現するにはトータルのバランスが大切だと考えています。料理だけではなく、ドリンク、テーブルやインテリア、そしてサーブするリズム。僕ひとりで味や見た目だけを追求してもお客様が本当に料理を美味しいと感じられる時間や空間は作れないですし、みんながいないとできません」

春田シェフのいう“みんな”とは、ディレクターで元「カンテサンス」総支配人の小澤一貴さん、マネージャーで元コンラッド東京「コラージュ」支配人の小野寺透さん、ソムリエで元「リッツカールトン東京」の石川雄大さん、元「エスキス」の田島さんという4名のオープニングスタッフたち。ここに春田シェフを加えた5人は古くから交流があり、料理やサービスに対して硬派で実直に取り組んできたメンバーたちがあえて、グランメゾンではなくゲストにも肩肘張らずに楽しんで欲しいという想いで、店名に英語で“悪友たち” “仲間”の意味を持つ「Crony」を冠し、その世界観を形成しています。

肩肘張らずに楽しむ、モダンフレンチとは?

ディナーは完全予約制で、ガストロノミーを追求してきた春田シェフが、リラックスして楽しんで欲しいと構成するお任せコース¥12,960のみ。メニューはなく、旬の食材を含むその日の最高の素材が、ベストな状態で提供されています。

コースの最初に手でつまめるスナックとして提供される、グアンチャーレとじゃがいものコロッケ。あめ色になるまで炒めた玉ねぎと豚のほほ肉の塩漬けを合わせて揚げたもの。

炭の香りを移したオイルで軽く火を通したうずらの卵黄の周囲に、炭火でさっと焼いたヤングコーンとアンズダケにヤングコーンのピューレを添えた一皿。初夏から秋のアウトドアシーズンに相応しいBBQがテーマになっています。

まるで雪を降らせたようなこのプレートは、アーモンドミルクのムースにフレッシュな桃をのせ、ヨーグルトアイスをパウダー状にしたものをかけたデザート。

ストーリーが脳裏に浮かぶペアリング

ワインはグラス¥1,600~で、ドリンクペアリングは¥6,000~。21時半以降はワインバーとして営業しています。店内には常時400種類もの銘柄が完備され、その99%はフランス産。ワインをセレクトする小澤さんは、味わいだけのペアリングは一切せず、シェフがどういう経緯でこの料理を作るに至ったのかというバックボーンを大切にしていると話します。

「シェフがこれまで積み重ねてきた経験や感性を通して料理が作られるわけですから、まずはどういう体験や料理のインプットが彼に影響を与えたのかを理解する。そして、一つのお皿の構成の中で、どこのバランスをどう引き立たせたいのかというシェフの意図を汲み、それをさらに際立たせることができて、かつストーリー性のあるワインを選んでいます。どうしてこの料理にこのワインを選んだのかを説明したときに、お客様の頭の中にまるで海外旅行しているかのような絵が浮かぶようにしたいと思っています」

お店ではゲストのカルテを作り、情報を蓄積していくことで、ワインの好み等に合わせた料理を提供しているそうです。何度も通いたくなる最先端のガストロノミーとスマートで心地よいサービスを、ぜひ体験してください。

レストラン名の詳細情報

店名 Crony(クローニー)
電話番号 03-6712-5085
URL http://www.fft-crony.jp/
住所 東京都港区西麻布2丁目25-24 NISHIAZABU FTビル MB1Google Mapで確認
ジャンル フレンチ

撮影/大木慎太郎  取材・文/江原裕子

シェフの紹介
春田 理宏(ハルタ ミチヒロ)さん1987年、大分県生まれ。2006年に高校調理科を卒業後、「ホテルニューオータニ博多」でキャリアをスタート。2008年に渡仏し、アルザス、ペリゴール、プロヴァンスのレストランを経て、パリの一ツ星「Laurent(ローラン)」、同三ツ星「Ledoyen(ルドワイヤン)」などでフレンチの基礎を学ぶ。2011年に帰国後、東京・三ツ星「カンテサンス」、デンマークの現二ツ星「Kadeau(カドゥ)」、ノルウェーの現三ツ星「MAAEMO(マエモ)」などを経て、白金台「ティルプス」のシェフに就任し、一ツ星を獲得。現在は西麻布「Crony(クローニー)」のシェフとして、パリ、北欧、東京、アメリカ西海岸の最先端の技術とセンスを独自に昇華させたモダンフレンチを提供している。


料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1860) [1]=> int(826) [2]=> int(1479) [3]=> int(2670) [4]=> int(2744) }

人気の記事Pick Up Topics

料理家 渡辺有子さん【私の駆け出し時代】

Facebook(フェイスブック)のビジネス活用術!企業ページを作ろう【料理家のためのSNS講座】

スマホカメラを使うきれいな写真の撮り方をプロが伝授!【料理家のためのデジタル塾】 

中村紫乃さん主宰「just baked!(ジャスト・ベイクド!)」【人気料理家のレッスン拝見】

サンデーベイクショップ直伝!「りんごのトレイベイク」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

人気料理家が企業やメディアに愛される理由【ビジネスマナー塾】

SNSのプロが指南。インスタグラムでプレゼンスを高める方法【料理家のためのデジタル塾】

砂肝のコンフィ、パクチー、ブルーチーズのサラダ【プロに教わる逸品レシピ 「ペタンク」山田武志シェフ】

料理家 坂田阿希子さん【私の駆け出し時代】

鶏レバームースとりんごのタルティーヌ【プロに教わる逸品レシピ 「ペタンク」山田武志シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...