極上の黒毛和牛「炭火焼肉 ふちおか」

レストラン

焼肉は、肉をおいしく食べることに主眼を置いたシンプルな料理。単純そうに思える一方で、食材の選び方や焼き方など、さまざまな要因で味に大きく差が出るジャンルでもあります。では、その違いはどこにあるのでしょうか? オープンから1年半余りながら、すでに名店と誉れ高い人気店を訪ねました。

2019年02月7日

オーダー後に手切りされる、うま味を逃さない国産黒毛和牛

新宿から電車で約12分。都心に近いベッドタウン・東京都世田谷区経堂に、焼肉上級者たちが集う『炭火焼肉 ふちおか』はあります。テーブル席にカウンター、半個室を備えた店内は、シンプルで落ち着いた和モダンのインテリア。価格と味が比例する傾向のある焼肉店にあって、最高ランクの国産黒毛和牛を圧倒的なコストパフォーマンスで楽しめると、ファンを唸らせています。

「お客さまには、良質な肉をリーズナブルに味わって欲しい。そのうえで、自分なりのこだわりも見せていけたらと思っています」と話すのは、店主の渕岡弘幸さん。大学時代に焼肉店でアルバイトをしたのをきっかけに、将来はその道で一国一城の主になることを決意。卒業後は専攻を活かしてシステムエンジニアとして働きながら資金を貯め、30歳で焼肉の名店『炭火焼肉 なかはら』を営む中原健太郎氏に師事。みっちり修業を積んだのち、2017年5月に独立しました。

お店の売りのひとつは、その卓越した肉のカット技術。素材となる肉は産地や生産者を限定せず、ひとつひとつ自らの目で確かめて仕入れる、その日最上のもの。「なかはら」で学んだおいしさの引き出し方を踏襲し、“オーダー後に切る”、“部位に合わせてカットの仕方を変える”ことを徹底しています。

Pages: 1 2 3

炭火焼肉 ふちおかの詳細情報

店名 炭火焼肉 ふちおか
電話番号 03-6804-4829
URL http://sumibiyakiniku-fuchioka.favy.jp/
住所 東京都世田谷区経堂1-5-8
ロイヤルハイツ経堂1FGoogle Mapで確認
ジャンル 焼肉

撮影/大木慎太郎  取材・文/江原裕子

シェフの紹介
渕岡弘幸(フチオカ ヒロユキ)さん
大学で情報学を学び、焼肉店でのアルバイト経験を通じて、良質な黒毛和牛を使った焼肉店の経営を志す。システムエンジニアとして6年間勤務後、東京都内の焼肉店を食べ歩き、その味に惚れ込んだ台東区三ノ輪「炭火焼 七厘」に直談判し、3カ月後に入店。同店が「炭火焼肉 なかはら」として市ヶ谷に移転リニューアル後も修業を積む。2017年5月に独立し、「なかはら」初の公認暖簾分けとして、世田谷区経堂に「炭火焼肉 ふちおか」を開業。


料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...