オレンジワインを学ぶセミナーレポート

イベント
Kai House Clubイベントレポート オレンジワイン Longrain

「Kai House Club」の会員になると、さまざまな楽しい特典があります。さらに、クラブ内組織としてメディアとの共同プロジェクトなども発足。フードマガジン『ELLEグルメ』(ハースト婦人画報社)とのコラボレートによって運営されている「エル・グルメ フードクリエイター部(FCC)」は、現在約100名の料理教室主宰者たちが活躍する“部活動”で、「Kai House Club」に所属し、なおかつ『ELLEグルメ』でのメディア活動も行う精力的な料理家たちが、セミナーやイベントなど、さまざまな企画に参画し、見聞を広めています。今回は、恵比寿のモダン・タイ・レストラン「Longrain」で開催されたオレンジワインセミナーをレポートします。

2018年06月6日

この日は、「Kai House Club」会員であり、さらに食がテーマのライフスタイルマガジン『ELLEグルメ』(ハースト婦人画報社)の公認料理家「エル・グルメ フードクリエイター部(以下FCC)」の部員としても活躍する10名が集まりました。

Kai House Clubイベントレポート オレンジワイン Longrain

天候にも恵まれたこの日、ランチタイムに「Longrain」が入る「恵比寿ガーデンプレイスタワー」には陽がさんさんとさし、料理やワインの色を愛でるにはまさに絶好の日和。

ふだんからエスニック料理が大好きと話す人も多く集まったテーブルには、「タイ料理通」も見たことがないような、美しい野菜やハーブがたっぷりの料理が次々と運ばれてきました。この「タイ料理っぽくないガストロノミックな料理の数々」が、この店の真骨頂。タイ料理らしく、野菜のほかにスパイスなども多用するのですが、同時に、店が多くセラーに準備しているビオワインにも合うような、素材感を活かした料理が、本国オーストラリア(シドニーとメルボルン)でも多くのフーディー達から支持され、日本上陸を果たすきっかけにもなりました。

Kai House Clubイベントレポート オレンジワイン Longrain

この日、料理に合わせて出されたオレンジワインは、全部で3種。どれも異なる個性や味わいをもつワインですが、すべてがビオディナミの製法で造られたナチュラルワインです。しかも、ファインダイニングのソムリエの間でも一目置かれるユニークで希少なワインばかり。

オーストラリア最優秀ソムリエが手がける「Jauma MURISHINAIDE(ヤウマ 無理しないで)」の2016年が手元のグラスに注がれるのを眺めるFCCの料理家たちは「日本語の名前が付けられたワインだなんて!」と驚きの表情を隠せない様子。しかし、もっと驚いたのはこの後で、シュナンブランやゲヴェルツトラミネールといったなじみの白ぶどうが使われていながらも、優しく個性的なワインの味わいに目を丸くするばかりです。ハーバルな野菜の前菜に合わせるとさらにその味わいは引き立ち、これにはワインエキスパートの資格を持った料理の先生であるメンバーたちも脱帽。一気にオレンジワインへの興味がふくらみます。

Kai House Clubイベントレポート オレンジワイン Longrain

Pages: 1 2 3

写真/井上美野

「Longrain(ロングレイン)」

東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 39F
tel. 03-5424-1300
詳細はこちらをご覧ください。

Information

「Kai House Club(カイハウスクラブ)」

 

正式名称は「Kai House Culinary Artist Club(カイハウス・カリナリーアーティスト・クラブ)」。貝印が運営する“料理家のコンシェルジュ”をコンセプトとしたメンバーズクラブ。さまざまな特典があり、今回ご紹介の「Kai House Club」主催のイベントやセミナーへの参加など、料理家に役立つ情報や経験が満載。入会資格は「現在、定期的に料理教室を主宰していること」。

料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...