パフォーマンス学の第一人者に聞いた、初対面で相手の心をつかむ方法 【好感度アップコラム】

パフォーマンス学の第一人者に聞いた、初対面で相手の心をつかむ方法 【好感度アップコラム】

料理教室に通ってきてくれる生徒はもちろんのこと、出版社やテレビ局などのメディアに対する営業を行ったり、企業とのコラボレート企画に携わったりと、フリーの料理家といっても仕事をする上で初対面の人と話す場面は避けられません。その場で相手から「この人と一緒に仕事をしたい」「この先生に習ってみたい」「この人の話をもっと聞きたい」と思ってもらえるには、どんなことが大事なのでしょうか?

2019年01月22日

人の印象は最初の1秒で決まってしまう

「多くの人は、初対面で人と対話する際に“何を話そう?”ということから考えますね。でもこれではダメ。というのも、人間が最初に他者の印象として認識するのは言語ではなく視覚情報なのです」と言うのは、パフォーマンス学者の佐藤綾子さん。

「アメリカのティモシー・ウィルソンという心理学者の研究によると、人の脳というのは1秒で14,000もの情報を視覚から受け取って認識しているといいます。一方で話すスピードはといえば1分間で平均266.5文字。1秒で得られる視覚情報と1分で得られる言語情報の違いを見れば、視覚情報がいかに早く、そして多く処理されているかがわかります。初めて訪れたクライアントのオフィスで、“まぁ、素敵なオフィスですね”なんて言っている間に、相手はあなたをジャッジしてしまっているのです」。

つまり第一印象のうちの最初の一瞬で、ほとんどすべてが決まってしまうという衝撃的な事実!

「その後も脳は情報をキャッチし続けるのですが、脳だって肉体の一部ですから疲れてくるし、さらに一度認識したものを修正することを嫌いますから、後からどんなに取り繕っても、最初に認識した情報をなかなか塗り変えてはくれないのです」と、最初の数秒の大切さを教えてくれました。

「10分話せば、たとえ第一印象でマイナスポイントを与えたとしても取り戻せるかもしれません。ですが、まずはそんな無駄な10分を過ごすことのないように心がける方が有意義かと思いますよ」

ナチュラルな表情筋の動きが、人の心を捉える

さて、話を元に戻します。初対面での印象を決めてしまう貴重なその1秒を、どう振る舞えばいいのでしょうか?

「『好意の総計』と呼ばれる実験があります。これは、同じモデルが服装などといった情報を変えることなく『ありがとう』『どうぞ』『どうも』などという言葉を、声と顔の表情を変えて口にして、それを言われた相手がどのように感じるかを数値化するという内容です。これはアメリカの心理学者マレービアンという人が行なった実験なのですが、私も同じ実験を日本で行なったところ、日本人では『顔の表情』が印象の決め手となったと答えた人が60%、『声』が決め手となった人が32%という結果が出ました。残りの8%は言葉と考えられるわけですが、ここでは同じ言葉しか発していないので、結果、声よりも表情が人の印象を左右するということがわかったのです」。

では、具体的にはどんな表情を浮かべると効果があるのでしょうか。

「一番大事なのは、ナチュラルに表情筋が動いていることです。人は動いている表情に着目しますから、動きがあるということはとても大事。でもその動きが不自然な動きであっては逆に不信感を招きますから、自然な動きでなくてはならないんです」。

表情を出そうと思った時点で、もうすでに不自然になってしまいそう。一体どうすればいいのでしょうか。そんな悩みに佐藤さんがこう答えてくれました。

「遠回りと感じるかもしれませんが、楽しくハッピーになれることを考えるのがいちばん。“今日会う生徒さんとは、きっと楽しい時間が過ごせるな!”、“これから会うお仕事相手の人、絶対友達になれそうな気がする”、“いいビジネスになりそうでワクワクする!”……などと、心をポジティブな状態にしておくと、自然と表情筋がいい動きをしてくれるようになるのです」。

新しい出会いは不安がたくさんあるけれど、意識的に良い面にばかり心を向けておくことで、結果もよくなる、ということのようです。

表情の豊かさは自分にも良い効果が!

相手の心を引き付けるためにナチュラルで動きのある表情が大事、と紹介しましたが、実はその表情は相手だけでなく自分にも良い効果を及ぼしてくれる、と佐藤さんは言います。

「あなたが良い表情でいれば、相手はあなたを好意的に見る、というのが最初に紹介した対他効果ですね。一方で、自分自身に向けた対自効果というものもあるのです。表情筋がくるくる動くと、脳はその表情をしている時の感覚、つまり楽しい、嬉しいという過去の状態を無意識のうちに思い起こさせてくれます。そして、その時の記憶に従ってドーパミンやα波が出てきて、本当に楽しい気持ちになれるものなのです。さらに、あなたの表情を受けて相手もミラーリング効果で知らず知らず良い表情になりますから、自分が笑顔になることで相手からも笑顔がもらえて、その結果、リラックスして過ごせる、というわけです」。

初対面の場を気持ちの良いサイクルに持っていくために、自然な笑顔は欠かせないということがわかりました。

相手が心地よく感じる声の要素とは?

もう一つの「言葉以前の印象」の要素である声についても伺いました。

「相手を説得したい、あるいは好感を持って欲しいと思うなら、声についても配慮する必要があります。

  • 話すスピードは適度か
  • 声の大きさはちょうど良いか
  • 息漏れをした、すかすかの声になっていないか
  • 言葉と言葉の間の「ポーズ」はちょうど良いか
  • 程よく適切なイントネーションがついているか
  • 内容に合った声の高低の変化がつけられているか
  • 声に威圧感がないか

といった要素です。ある調査によると、声に威圧感のある人はそうでない人の1.5倍訴訟されているといいますから、円満な人間関係のためには欠かせない要素なんです」。

初対面のその場でこれらのことを意識していると上の空になってしまいそうですが、日頃から心がけておくこと、前日や出かける前に意識することでも随分違ってくるのではないでしょうか。

実は「会う前」から印象は決まってしまう!

これまで、相手のオフィスに通されてから、あるいは料理教室の扉を開けてから、という前提で初対面に好感度を抱いてもらうにはどうすればよいかについて話を伺ってきました。が、実際の「初対面」の現場となると、ロビーや受付で待ち合わせたり、どこかの会場で出迎えられたりといったシーンも多いはず。そんなときに、「初めまして」という挨拶を交わすよりもずっと前に、相手には印象を与えているものだと、佐藤さんは言います。

「人は15メートル離れたところからでも相手の印象を判断します。声も聞いていない、よほど目のいい人でなければ表情や人相もわからない距離です。そのポイントは“姿勢”。元気よく背筋を伸ばしているか、なんとなく肩を丸め、首が下がった感じで歩いているかで、相手の方はあなたの性格や人柄、やる気を判断してしまいます」。

約束の場にまだ相手が来ないなと油断をして、スマホを見ながらぼんやり歩いていたら、相手に声をかけられ、そこから元気よく背筋を伸ばしても手遅れ、ということにもなりかねません。15メートル離れたところに立っている人々の中に未来の大切なクライアントがいるかもしれない、という気持ちで、仕事先に向かう電車を降りた時から相手に会っているつもりで、姿勢よく、元気よく歩くことが大切でしょう。

「カスタム イズ ザ セカンドネイチャー」。習慣は第二の天性だ、と佐藤さんが教えてくれました。日頃から心、表情、声、姿勢を意識することで、初対面の場面を楽しく乗り切りましょう。

撮影/山下みどり 取材・文/吉野ユリ子

お話を聞いた人:佐藤綾子さん(博士・パフォーマンス学)

1969年信州大学教育学部卒業、上智大学大学院、ニューヨーク大学大学院修了。日本におけるパフォーマンス学の第一人者として活躍。ハリウッド大学院大学教授、博士(パフォーマンス学・心理学)、国際パフォーマンス研究所代表。日本カウンセリング学会認定スーパーバイザーカウンセラー。「自分を伝える自己表現」をテーマにした著書は180冊以上、累計315万部を超える。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...