マインドフルネスのプロに聞く、いつもご機嫌な人でいる方法【好感度アップコラム】

いつでもご機嫌な人でいる方法

昨今話題の「マインドフルネス」という言葉、聞いたことはありますか? 好感度の高い人というのは、急に感情的になったり不機嫌を表に出したりするようなことはなく、いつも気持ちが安定しているように見えるもの。でも、仕事をしていく中では、時にはタイトなスケジュールや無理難題に四苦八苦することもあるし、プライベートの嫌な気分を引きずってしまうこともあるでしょう。そんなときはどうすればいいのでしょう? そこで、Googleで開発されたマインドフルネス研修プログラムSIYの日本人女性初の認定講師、木蔵シャフェ君子さんに、話を聞きました。

>>パーソナルカラーでセルフプロデュース!

2018年11月19日

ビジネスパーソンとして考えるセルフリーダーシップの重要性

木蔵シャフェ君子さん

毎日ポジティブに頑張っていても、思うようにいかなくて落ち込むこんだり、予想外のトラブルに巻き込まれたりということは誰にだってあるもの。フリーランスで仕事をしているなら、愚痴を聞いてくれる相手も、手助けしてくれる人もいなくて行き詰まってしまうこともあるかもしれません。そんな中でも、いつも揺らぐことなく、穏やかでハッピーな人でいられたらどんなに素敵でしょう。実はそんなマインドを手に入れる秘訣があったのです。一般社団法人「マインドフルリーダーシップインスティチュート(MiLL )」の理事であり、シリコンバレーを拠点に、「Google」や「P&G」など、世界の名だたる企業でマインドフルネスの大切さを伝えている木蔵シャフェ君子さんに、お話を伺いました。

「皆さんは料理家として、“好きなこと”を仕事にしていると思いますが、ビジネスとしてやっていくためには好きなことだけでは完結せず、自分の志をどうやって全(まっと)うするか、そのプロセスを常に考えなくてはいけないと思います。その中で大切なのが、自分のご機嫌をいかに己でマネージできるかということ。それは言い換えれば“セルフリーダーシップ”をとるということです。それさえできれば、その人の魅力は自然と内側から湧き出てきて、それは周囲の人の目に心地よく映るものなのです」

シャイな人でも、自分らしくいることで好感度は高まる

木蔵シャフェ君子さん

ではご機嫌の良い人というのは、どういう人なのでしょうか?

「機嫌の良さというのは、別にハイテンションだったり、大笑いしていたりすることで生まれるものではありません。シャイな人や思慮深い雰囲気の人もいますが、そんな方でも、その人自身が自分をきちんと受け入れた状態であれば、周囲の人の目には好ましく映るはずですし、その人が内に秘めたパッションはちゃんと相手に伝わるものだと思います。逆に、本来の自分以上に明るく元気よく見せようと無理をして振る舞うと、その違和感が相手に伝わってしまうのではないでしょうか」

自分はそんなに社交的じゃないし口下手だから、不機嫌そうに思われがち……、と思っていた人には朗報かもしれません。

「実はこの“自分自身の今の状態を受け止める”ということが、マインドフルネスなのです。私たちはついつい、自分の欠点や苦手意識、これから起こる物事に意識が向きがちですが、それに対しても無理に“なくそう”“気持ちを変えよう”とコントロールしようとせず、その時の焦りや居心地の悪さを感じて、少しそこに寄り添い、その後にそっと手放す、という気持ちでいることが大切です」

「今」に目を向けることで、集中とリラックスが手に入る

木蔵シャフェ君子さん著書

木蔵さんの著書「シリコンバレー式頭と心を整えるレッスン」と「mindfulness diary2019」。マインドフルネスについて詳しく知りたい人には左の本、毎日実践したい人には右の本がおすすめ。

「マインドフルネス」という言葉は聞いたことがあると思いますが、「瞑想のこと?」「スピリチュアルなもの?」などという印象を持つ人もまだまだ多いかもしれません。マインドフルネスとは一体、何なのでしょうか?

「マインドフルネスとは、“今”に集中していて、かつリラックスしている状態を指します。運動選手のピークパフォーマンスの状態も、マインドフルネスが基盤にあるといえるでしょう」

なるほど。確かにそうなれば理想的ですが、どうすればそのような状態になれるのか、すぐには想像ができませんね。

「例えば今の状態が、何か困窮していたり、ネガティブな気持ちに包まれそうな状態であっても、そこにとどまらずに循環を良くしておくということです。起きたことに対して、“考えてはいけない”とか“あんなこともう二度と起こらないようにしなくては”と思い始めると、結局、思考がそこから動かなくなってしまいます。そうではなく、今の瞬間に起こっているシンプルなことに目を向けてみてください。例えば目の前のコーヒーの香り、味、匂い、周囲の音。それらに注意を向けてみると、まったく違う気持ちになるのではないでしょうか」

マインドフルネスを実践するための二つの方法

木蔵シャフェ君子さん

どうすればマインドフルネスの状態に自分を保つことができるのでしょうか。それにはいくつかの方法があるのだそうです。そのやり方を伺いました。

1)心を整えるための「時間」と「場所」を持つ

“瞑想”は効果的ですが、「マインドフルウォーキング」といって歩きながら行うこともできます。大事なのは、ただ何となく行うのではなく、今の自分に意識を向け、集中して行うことです。そのためには「毎朝椅子に座って行う」「通勤の家から駅までの間に行う」など時間と場所を明確に意識することが大切です。朝一番でも、寝る前でも、自分が取り入れやすい時間でいいとのこと。5分でも10分でもいいので毎日続けると、日々の自分の状態の変化を味わうことができるようになってきます。まずは今自分が行っている呼吸に集中するようにしましょう。そこでつい明日のことや昨日のことに思考が流れていっても、“ああ、今私は違う方向に流されているな”ということに気づいたら、また戻ってくればいいのです。

2)自分の今やっていることに集中する

今私はゴミを出している、とか、今コップを手に持ってお茶を飲んでいる、など、自分の今の状態に集中してみてください。料理家であれば、「今私はにんじんを細かく刻んでいる」といったことに集中するのです。日頃いかに、目の前のこと以外のことを考えているかが、よくわかるのだといいます。そして、味わい深い人生というのは、今いる場所に心もしっかりと存在している、ということだと木蔵さんは言います。心が今、目の前にある物事を離れて別の場所に向かいそうになったら、いったん立ち止まって「そこは本当に今、自分の心をもっていくべき場所なのか?」ということを自分に問うてみるのもよいでしょう。

ご機嫌でいられない! そんな気分に効く処方箋

木蔵シャフェ君子さん

とはいえ、思考の癖というのは簡単には治りません。なかなか「マインドフルネス」の状態に入れなかった時、私たちはどうすればいいのでしょうか? すぐに取り入れられるヒントを伺いました。

  • やらなければならないことが多すぎて焦ってしまう

そんな時はまず、「計画する」という時間をきっちり確保するようにしましょう。そしてその計画を実行するときには、“私はちゃんと計画したから大丈夫”と自信をもち、他の時間の予定に引きずられずに、その時やるべきことに集中するようにすれば、焦る気持ちは消えていくといいます。

  • 周囲の人がSNSに公開する華やかな投稿を見ると落ち込んでしまう

SNSでは大抵、華やかな情報しか入ってこないものです。それがあなたにとって「良い情報を得た、役立てよう」とプラスで取り組めるものなら良いのですが、それらを見ることによって自分の気持ちや行動にどんな変化が生じているかに注目してみてください。その結果、必要ないと判断できるようなら、SNSとは少し距離を置いた方がいいでしょう。

  • 頑張っているのにいい結果が出ず、将来が不安

今は自分にとって素晴らしい状態ではないと感じる時期があるかもしれません。そんなときこそ、将来自分が思い描くゴールへの小さな芽を発見できたり、将来を方向づける重要なベクトルが隠されていることもあります。今辿り着いた“結果”だけでなく、目の前にあるものすべてを受け止めることで、それに気づくことができるかもしれません。

  • 嫌な目に遭って、気分が切り替えられない

起きてしまったことを変えることはできませんが、そこから先はベストを尽くすしかありませんね。そのために効果的なのが、起きたことに区切りをつける方法です。まず起きたことに対して①「大変だった」と受け止め、次に②「あの瞬間、自分にはあれ以上のことはできなかった。あのときにできたことはすべてやった」と認め、最後に③「あのことはもう終わった。今はもう別の時と場だ」と心を切り替えます。深呼吸をしながら、ひと呼吸ごとに①〜③を行うとよいでしょう。引き続き処理すべき業務が発生していたとしても、それらに対しては新しい別の仕事のつもりで取り組みましょう。

「自分というプログラム」を常にメンテナンスする習慣を

いくらマインドフルネスのトレーニングを積んでも、思いがけないアクシデントは相変わらず起きるでしょうし、人間として必要な喜怒哀楽を失くしてしまうことを目指す訳ではありません。ただ、自分が望んでいない感情や思考が浮かんできた時に、それらに引きずり込まれることなく、また元の場所に戻ってこられる自分になることが真の目的です。大事なのは、ネガティブな感情が沸き起こっても、そこには反応せず、自然に変わっていくのに心を任せるということです。逆説的に聞こえるかもしれませんが、心というのは「変えようとしないことで変わっていく」力があるといいます。

とはいえ、私たちの思考は日々上書きされていきますから、またつい、ネガティブな思考に支配されてしまうこともあります。だからこそ定期的に立ち止まって、リセットする必要があると木蔵さんは語ります。

「自分をマネージメントするということは、自分というプログラムのメンテナンスをすること。1日5分、10分でもいいので“何もしない時間”や、“マインドフル瞑想”の時間をもち、“今・ここに集中する時間”を心がけてみてください。それがマインドフルネスのトレーニングなのです。継続することで、いつもネガティブな感情に深く引きずられることなく、自分らしく過ごせるようになっていくはずです」

撮影/山下みどり 取材・文/吉野ユリ子

お話を聞いた人:

木蔵シャフェ君子さん●ぼくら・しゃふぇ・きみこ●一般社団法人「マインドフルリーダーシップインスティテュート(MliLI)」理事。カリフォルニア・サンタクルーズ在住。ICU卒業後ボストン大学MBA取得。P&G、LVMHなどにてブランドマネジメントに携わったのち、独立、渡米し、医療コミュニケーション研修会社経営。その後グーグルで開発されたマインドフルネスプログラムSIYの日本人初の講師に認定され、日本のビジネスにマインドフルネスを広めている。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...