中嶋マコトさん 上手な写真の撮られ方

スキルアップ

「料理は得意だけれど、写真は苦手」という料理家の方は決して少なくありません。でも今の時代、やはり写真で最初の一歩が決まってしまうことも多いのが現実です。そこで今回はモデルの中嶋マコトさんに、自分らしく素敵に写真に写るテクニックを教えてもらいました。

2019年07月17日

プロフィール写真の服装は「エプロン」と「肌見せ」がポイント

モデルとして活躍するとともに、そこで得た経験を生かしてビューティジャーナリストとしてさまざまな美の情報を発している中嶋さん。日頃からキレイを育てる方法だけでなく、カメラの前で自らの美しさを輝かせる方法も熟知しています。今回は特に料理家として最高の被写体になるためのテクニックを教えてもらいます。

写真を撮られるシーンはいろいろありますが、まずは自分でコントロールが利き、多くのシーンで使用頻度が高いプロフィール写真について伺いました。

「まず何を着るかですが、男女問わず何より大切なのは清潔感。男性なら、コックコートなどの選択肢がある方はそれでいいと思いますが、特にない場合、女性料理家の方ならどこかに女性らしさを感じさせる雰囲気の方が好まれると思います」。

そのポイントとなるのが「エプロン」と「肌見せ」だそう。

「料理ジャンルにもよると思いますが、大抵の方はふだんエプロンを着用して働いていますよね。エプロンはひと目で料理家とわかる重要なツールではないでしょうか。上手に使えば有効ですよ」。

またエプロンの布地が程よく肌露出をコントロールしてくれるため、多少肌を見せていてもいやらしく見えないという効果も。「セクシーに見えるのはNGですが、デコルテ周りや腕などの肌が見えることで、フレッシュさや人間味を表現する効果が望めます」

栗原はるみさんや有元葉子さんは、ビジュアルでも参考になる!

人気料理家の栗原はるみさんや有元葉子さんを参考にしてみるのも良いのでは、と中嶋さん。

「例えば、栗原はるみさんは胸元が広めに開いた薄手のカットソーを着ていることが多いですね。柄はボーダーが多く、トレードマークになると同時に、セクシーになりすぎない効果があります。有元葉子さんはボートネックのカットソーやシャープなボタンを開けたシャツスタイルが多いようですが、おふたりともシンプルで清潔感があり、きびきびと機能的に働けそうでありながら、女性らしいやわらかさも感じさせる、料理家としては素晴らしいお手本となる好バランスだと思います」

Pages: 1 2 3

撮影/yOU 取材・文/吉野ユリ子

お話してくれた人

中嶋マコトさん

モデル·ビューティジャーナリスト・アロマアドバイザー·気学鑑定士。モデルとして雑誌·広告·CMなどで活躍。その経験から培った知識をいかし、ビューティジャーナリストとしても 雑誌·web·イベント·TV·ラジオ等、多方面にて活躍中。繊細な感覚から生まれる、カラダにやさしい美容·食·ファッションの提案や連載には定評がある。近年では、アロマテラピーアドバイザーや気学鑑定士の知識を活かしたビューティ発信を行なっていて、そのユニークなアドバイスが多くの女性から支持を得ている。

料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...