モデルの中嶋マコトさんが伝授!上手に写真を撮られるには? 【好感度アップコラム】

「料理は得意だけれど、写真は苦手」という料理家の方は決して少なくありません。でも今の時代、やはり写真で最初の一歩が決まってしまうことも多いのが現実です。そこで今回はモデルの中嶋マコトさんに、自分らしく素敵に写真に写るテクニックを教えてもらいました。

2019年07月17日

プロフィール写真の服装は「エプロン」と「肌見せ」がポイント

モデルとして活躍するとともに、そこで得た経験を生かしてビューティジャーナリストとしてさまざまな美の情報を発している中嶋さん。日頃からキレイを育てる方法だけでなく、カメラの前で自らの美しさを輝かせる方法も熟知しています。今回は特に料理家として最高の被写体になるためのテクニックを教えてもらいます。

写真を撮られるシーンはいろいろありますが、まずは自分でコントロールが利き、多くのシーンで使用頻度が高いプロフィール写真について伺いました。

「まず何を着るかですが、男女問わず何より大切なのは清潔感。男性なら、コックコートなどの選択肢がある方はそれでいいと思いますが、特にない場合、女性料理家の方ならどこかに女性らしさを感じさせる雰囲気の方が好まれると思います」。

そのポイントとなるのが「エプロン」と「肌見せ」だそう。

「料理ジャンルにもよると思いますが、大抵の方はふだんエプロンを着用して働いていますよね。エプロンはひと目で料理家とわかる重要なツールではないでしょうか。上手に使えば有効ですよ」。

またエプロンの布地が程よく肌露出をコントロールしてくれるため、多少肌を見せていてもいやらしく見えないという効果も。「セクシーに見えるのはNGですが、デコルテ周りや腕などの肌が見えることで、フレッシュさや人間味を表現する効果が望めます」

栗原はるみさんや有元葉子さんは、ビジュアルでも参考になる!

人気料理家の栗原はるみさんや有元葉子さんを参考にしてみるのも良いのでは、と中嶋さん。

「例えば、栗原はるみさんは胸元が広めに開いた薄手のカットソーを着ていることが多いですね。柄はボーダーが多く、トレードマークになると同時に、セクシーになりすぎない効果があります。有元葉子さんはボートネックのカットソーやシャープなボタンを開けたシャツスタイルが多いようですが、おふたりともシンプルで清潔感があり、きびきびと機能的に働けそうでありながら、女性らしいやわらかさも感じさせる、料理家としては素晴らしいお手本となる好バランスだと思います」

シミやソバカスも含めて「素肌感」を上手に出す

メイクの面でも大切なのは清潔感。

「粉っぽいマット肌ではなく、みずみずしい印象に仕上げた方が良いかと思います。シミやソバカスなどもあまり無理に隠さず、素肌感を思わせる方がナチュラルでよいのではないでしょうか」。

アクセサリーなどの小物はつけない方がいいけれど「メガネやターバンなどは逆に印象がよくなるのでは?」と中嶋さん。

「伊達メガネやターバンなどでキャラを固定化して、印象を作るのも良いと思います。ただし、メガネのレンズは撮影の時反射するので、プロフィール写真撮影用にレンズを抜いたメガネがあると便利ですよ」

自然に自分らしさを伝える「料理持ち」写真

身支度ができたらいざ撮影に。でもカメラの前でどんなポーズをとればいいのかまず迷うところではないでしょうか。

「男性の場合は胸の前で腕を組む定番ポーズが決まりますが、女性で同じポーズをすると堅苦しい印象になります。写真慣れしていない人のための収まりがいいプロフィール写真の例としては、出来上がった料理を手に持つポーズもおすすめです。何料理の専門家なのか、さらに合わせる食器でオーガニック系かおもてなし系か、などのテイストもひと目でわかります。プロフィール写真というのは、細かいプロフィール情報なしに、名前と写真だけで独り歩きする場面も少なくないので、服装も小道具もすべてプロフィールの一部のつもりで厳選しましょう」

料理を手にした写真で、ジャンルのイメージが限定されすぎるのが嫌だという方は、野菜を切っているところや、盛り付け中、あるいは野菜や、鍋、おたまなどを持ったシーンもおすすめとのこと。

「海外の素敵なマルシェに行ったり、国内でも海外みたいなマルシェを訪れるシーンがあったら、お店の食材を手に取り、プロフィール写真用を意識して撮影しておくのもいいと思います」

お芝居をするように、100%なりきることが大事

さらに表情や目線ですが、ここではいい表情のために、「シチュエーションをしっかり作り込んでその状況になりきること」が大切だと中嶋さん。

「例えば料理を手に持っているなら、一番料理を提供したい大好きな相手を具体的に想像して、その人が目の前に立っている状況を思い浮かべ、“お待たせ!できたよ!”などのセリフを心の中で実際に言ってみましょう。しゃべっている途中は口の形が決まらないので、口元はあくまで微笑んだ形のまま。セリフは心の中で唱えましょう。嘘っぽいと逆効果になるので、本当にそのようなシーンを思い浮かべ、なりきることが大事です」。

写真はカメラ目線でなくていいけれど、カメラのすぐ横を見るくらいの位置で、角度をつけたとしても正面から45度程度まで。顔立ちや表情がわかることが大事だと教えてくれました。

話している最中の顔は誰でもブスになる?!

写真を撮られるシーンは、プロフィール写真だけではありません。イベント登壇中や料理教室開催中でも写真を撮られることはあるでしょう。

「まず、講演などで話している途中の写真は、誰でもほぼ間違いなくブスに写ります(笑)。これはモデルや女優さんなどでも同じです。もし小さい教室などで撮影をコントロールできるなら“講義中の講師の撮影はお控えください”と伝えておくのもいいと思いますが、そうできないことが多いでしょう。無意識のうちに撮られた写真をSNSなどで見かけて残念な表情に写っていたとしたら、これはもう、クヨクヨ気にしないのが一番です」

それよりも、本気で挑めば必ずいい表情になる、と中嶋さん。

「この料理をみんなに食べてほしいとか、このレシピを多くの人に伝えたい、という気持ちを改めて強く思ってから登壇しましょう。その熱意は不思議なほど写真に写るものです」

イベントやレッスンの時特有の「撮られ方」ポイント

講演や料理教室のときのヘアメイクについては、プロフィール写真を撮る時とは別の注意点があるそうです。

「料理をしたり話したりしていると、髪の乱れやメイク崩れのリスクがあるということです。ヘアが崩れてくると一気に疲れた印象になるので、ふだんは使わない人でもこういう時はスプレー式のヘアセット剤などで固めておく方が心置きなく仕事に臨めます。また、イベント時のメイクは会場の照明や料理の熱や湯気でアイラインやマスカラが崩れやすいので、ウォータープルーフの崩れやにじみに強いタイプを選ぶのが得策です。もちろんリップも歯についたりするものは厳禁です。メイク崩れは何より不潔な印象を与えるので、料理家のみなさまは、撮影の有無に関わらず特に注意してください」

また、調理は思った以上に前かがみになるため「注意しなくてはいけないのが頭頂部」、と中嶋さん。

「頭頂部というのは本人からは見えづらい場所なので忘れてしまいがちなんですが、思った以上に人目につくものです。白髪染めをしている人で、生え際に白髪が混ざっていれば、隠すためパウダーなどでリタッチしておきましょう。また、薄毛を気にしている人も注意して。トップライトが当たると頭皮が光って余計に薄く見えることがあるんです。分け目に黒いパウダータイプのアイシャドウをのせる、分け目の位置を変える、前髪をポンパドールにして上で留めて隠すなどの工夫をしておきましょう」。

ターバンやバンダナなどを使うのもおすすめ、と教えてくれました。

生徒さんと撮影するときは「ボディタッチ」がおすすめ

イベントやレッスンの後、参加者の方や生徒さんから「一緒に写真を」と言われることもあるでしょう。そんな時の写真の撮られ方にもコツがあるそうです。

「この時も手のやり場に困ると思いますが、絶対に避けたいのはピースサインなど、子供っぽい仕草に逃げること。近くに料理や食材、レシピなどがあれば、それを持つのが一番です。何もないときは、一緒に写真を撮る生徒さんや参加者の方の肩に手を添えるなどするといいのではないでしょうか。打ち解けた雰囲気の写真に仕上がりますよ」

プロフィール写真で、イベント会場やレッスンで、ちょっとした工夫や心構えで写真写りがずいぶん変わりそうです。ぜひ試してみてください。

撮影/yOU 取材・文/吉野ユリ子

お話してくれた人

中嶋マコトさん

モデル·ビューティジャーナリスト・アロマアドバイザー·気学鑑定士。モデルとして雑誌·広告·CMなどで活躍。その経験から培った知識をいかし、ビューティジャーナリストとしても 雑誌·web·イベント·TV·ラジオ等、多方面にて活躍中。繊細な感覚から生まれる、カラダにやさしい美容·食·ファッションの提案や連載には定評がある。近年では、アロマテラピーアドバイザーや気学鑑定士の知識を活かしたビューティ発信を行なっていて、そのユニークなアドバイスが多くの女性から支持を得ている。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(2306) [1]=> int(1914) [2]=> int(502) [3]=> int(1651) [4]=> int(1646) }

人気の記事Pick Up Topics

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

厚切りシャリアピンステーキ【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

第5回・ラープムー(豚ひき肉のスパイシーハーブ和えサラダ)【プロに教わる逸品レシピ「ソムタムダー」ユットシェフ】

人気ファッションエディター、大草直子さんに聞く「似合う服の見つけ方」【好感度アップコラム】

イベント「Kai House Club料理家 meet up!」開催のお知らせ

宮澤奈々さんに聞く【著者に聞く、話題の料理本出版記】

緒方美智子さん主宰「Cucina Italiana Via Frua(クッチーナ イタリアーナ ヴィア フルア)」【人気料理家のレッスン拝見】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...