SHIORIさんに学ぶイメージ戦略

スキルアップ

ソーシャルメディア(SNS)の発達のおかげで、今や誰でも料理家として自由に発信できるようになりましたが、だからこそライバルと自分の差別化を図るのが難しい時代とも言えます。自分の特徴を打ち出し、多くの人に共感してもらうにはどのようにすればいいのでしょうか。22歳で初の料理本を出版し、現在ではシリーズ累計370万部を超えるロングセラーに成長した「彼ごはん」の作者であり、今も進化を続けるSHIORIさんに、自分の価値を打ち出す方法を伺いました。

2019年02月19日

コンセプトづくりとは、自分の思いを突き詰めること

短大を卒業する頃、就職活動にも失敗し、長年交際していた彼との突然の別れも重なって、将来への希望も生きる目標も見失った22歳のSHIORIさんの頭に浮かんだのは、“自分は料理を作ることが好き”という思い。それを仕事にすることで明日への一歩が開けるかもと考え、さらに掘り下げていった結果、 “初めて料理をする若い女の子のための料理本を作りたい”という思いがはっきりしたといいます。

「コンセプトとターゲットが明確になれば、行動すべきことは少しずつ見えてくると思うんです。私の場合は、自分と同じ世代の、料理をしたことのない若い女性たちがターゲット。彼女たちが、自然に料理を楽しむライフスタイルを定着させるにはどうしたらいいか? ただそれだけのことについて徹底的に考えたんです」。

今でこそ人気料理家となったSHIORIさんですが、当時、 “どんなふうに人と自分を差別化しようか”と考えたのではなく、ひたすら自分の思いを突き詰めた結果が、幸いなことに確固たるオリジナリティーの確立へとつながっていったのでした。

リスクの中にこそ、チャンスが隠れている

「若い女性料理家による若い女性のための本」というコンセプトがあったため、“22歳までに出版する”ということに大いに意味があると考えたSHIORIさん。まずはフードコーディネーターになるため、膨大な数のスクールのなかから指導理念や授業内容、卒業生の活躍などをリサーチし、ここだと思える学校に入学します。週末の授業のかたわら、売れ筋レシピ本を研究するため、毎日のように書店に通っていました。

「学校で学ぶにつれ、無名の新人がいきなり出版をするのは難しいことがわかりました。なので、まずは雑誌で実績を積もうと考えました」。

SHIORIさんが最初に門を叩いたのは、ファッション誌の編集部。

「私のターゲットは、料理雑誌じゃなくてファッション誌を読んでいるような女の子だと考え、いつも愛読しているファッション誌にアプローチしました」。

愛読誌の編集部に加え、人気ファッション誌と言われる編集部に片っ端から手紙を送ったけれど、なしのつぶて。けれどその営業活動から1年ほど経った頃、売り込み先の編集部担当者から突然、連載の話がきました。そしてこれを足がかりにして、また別のファッション誌にも売り込みを行い、いくつもの現場経験を重ねたところで念願だった書籍の売り込みを開始しました。

Pages: 1 2 3 4

撮影/山下みどり 取材・文/吉野ユリ子

お話を聞いた人:SHIORIさん(料理家)

代表作『作ってあげたい彼ごはん』をはじめ、著書累計400万部を超える。和食や世界各国で学んだ家庭料理を得意とし、料理教室『l’atelier de SHIORI』を主宰。中目黒で100%VEGANでサステナブルなファラフェルスタンド『Ballon』を経営する。

料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...