ビジネスの必須ツール「笑顔」の効果とは?【好感度アップコラム 】

好感度アップコラム

料理家に限らずどんな仕事でも、笑顔はビジネスの基本です。「料理家は、おいしい料理の作り方さえ教えていればOK」と思っていませんか? それではもったいない。一人でも多くの生徒さんにその料理の魅力を伝えるために、コミュニケーションの架け橋になってくれるのが「笑顔」。安心感あふれる笑顔で人々にメッセージを届ける、フリーアナウンサーの小泉恵未さんにアドバイスをいただき、すぐできる笑顔のコツを紹介します。

2018年04月1日

ビジネスで笑顔はなぜ効果的?

ビジネスで笑顔はなぜ効果的?

「笑う門には福来る」ということわざがありますが、心理学や脳科学でも、笑顔の価値は実証されています。笑顔というものは、相手に与える印象をより明確なものにしてくれるため、一度会っただけの人から次のビジネスにつながるチャンスが得られたり、また自分自身にとっても、笑顔のときの筋肉の動きが脳にポジティブな働きをするよう司令を送ることによって、前向きな気持ちで過ごせるようになると言います。

そんな科学的な例を取り上げるまでもなく、笑顔はビジネスに多くのメリットをもたらしてくれますが、特に料理家にとって、笑顔は強力な武器。そこで、なぜ笑顔が大切なのか、その理由を小泉さんに伺いました。

笑顔の効果その1)仕事相手との人間関係が良くなる

「笑顔が得」というより「笑顔で過ごしていないと損することがあるんですよ」と小泉さん。「料理をしているとき、多くの人は集中しすぎて、思わず眉間にシワが寄ったり、口角が下がって不機嫌そうに見えたり、肩に力が入って猫背になったりする傾向にあるのですが、そのときの表情というのは、自分が思う以上に人を寄せ付けない雰囲気になってしまいます。単に集中しているだけなのに、『あの料理家さんはなんだか気難しそう』『あの先生は気軽に質問しづらい』なんて思われてしまっては、百害あって一利なしですよね。調理中は真剣な表情になったとしても、顔を上げたときに相手の目を見てニコッと出来れば、生徒さんや仕事相手の方も一気に安心します。要するに、笑顔は『この人と一緒に仕事をしたい』と思ってもらうための重要なツールなんです」。

笑顔の効果その2)周りも笑顔になって雰囲気が良くなる

小泉さんは、TOKYO MXで10年間アナウンサーを務めた後、フリーアナウンサーとしてさまざまな分野で活躍しています。アナウンサー時代には、報道番組で悲しいニュースのあとに明るい話題を伝えなくてはいけないことも多々あります。そんな時、キャスターの微笑みがその場の空気を切り替える重要な役割も果たしていたそう。
「料理家のみなさんが、プロのアナウンサーと同じようなテクニックを身につける必要はもちろんありません。けれど、喜怒哀楽を今よりもう少し分かりやすく表現してみるだけで、周囲に与える印象がずいぶん違うということは、ぜひ知っておいてほしいと思います」と小泉さん。

先生がいつも笑顔なら、生徒の皆さんも安心して過ごせたり、楽しい気持ちになって、レッスンの雰囲気が良くなり、結果的に「あの先生のレッスンは楽しいね」とポジティブな印象で終わるでしょう。また雑誌やテレビの取材、撮影などになったとしても、先生の笑顔が印象的なら、スタッフの皆さんは「また一緒に仕事をしたい」と思うはずです。味の記憶と同じくらい、笑顔の記憶も料理家のビジネスに欠かせないエッセンスだということを覚えておきましょう。

笑顔の効果その3)ストレス軽減や集中力の助けにも

相手に与える印象だけではありません。実は笑顔でいることは自分自身のメンタルにも大きな影響を与えます。笑顔になることで、人は副交感神経が優位になって、イライラしそうなときにも穏やかになれたり、脳内にα波が分泌されて、集中力や記憶力がアップすると言われています。生徒さんや仕事相手といるとき以外でも、意識して笑顔で過ごすことで、自分自身の状態もよい方に整えてくれるのです。もちろん、日頃から笑顔で過ごせれば、生徒さんや仕事相手の方の前でも、自然に笑顔が生まれやすくなるでしょう。

小泉さん流・自然な笑顔の作り方

ビジネスの必須ツール「笑顔」の効果とは?~好感度アップコラム Vol.1~

作り方のコツ1)自分の顔のクセやズレをチェック

そんな小泉さんに、「料理家に求められる笑顔とはどのようなものか」について伺いました。「みなさんが作るお料理が“おいしそう”と思われることにつながる笑顔が、何よりも大事。とは言え、例えば食品メーカーのCMに登場する女優さんのような笑顔を目指しましょう、という話ではないんです。まずは鏡を見て、自分の本当の顔を知るところから始めましょう。鏡に向かってニコっと笑い、左右どちらかにゆがんでいないか、両方の口角がちゃんと上がっているか、目が笑っているかなどをチェックします。人の顔は左右非対称なので、ズレは当然ありますが、“右側の顔を、気持ちオーバーめに笑ってみよう”などと少し意識するだけでも変わってきます。極端にゆがみを感じるなら小顔矯正のサロンなどを利用するのも手です!」。

作り方のコツ2)デスクワークや講義中の“素の顔”を知る

好感度があがる、自然な笑顔の作り方

冒頭でも「真剣になっているときの表情は意外と厳しい」という話を紹介しましたが、「人は仕事中のほとんどの時間、自分の顔は自分が思っているよりもずっと怖い表情を浮かべているものです」と小泉さんから衝撃のコメントが。

「化粧室などで鏡に写る自分の顔は、何気なく見たつもりでも瞬間的にみんな、無意識のうちに自分の一番いい顔を作っています。ふだんどんな表情をしているのか知るために、パソコンの脇にスタンド式の鏡を置いてみるといいですよ。仕事中でもこまめに見る習慣をつけてみてください。真剣になるとへの字口になったり唇をとがらせたりするクセのある人も結構います」

作り方のコツ3)プロフィール写真を撮るときの、笑顔の作り方

料理家の第一印象を目にするのは、実際に会った人だけではありません。ホームページやブログ、SNS、イベントのチラシなどで顔写真が掲載される機会も一般の人よりはずっと多いものです。「そんなプロフィール写真というのも、実は生徒さん集客の際の重要な鍵になる」と、小泉さん。

「料理家さんの多くは、誰かのためにおいしいものを作りたい、知らせたい、という“裏方仕事”に燃えてしまう人でしょう。そして料理への情熱がだれよりも強いのですから、ついつい自分がどう見られるかよりは料理のことを考えたいと思ってしまうのかもしれません。けれど、人は料理雑誌や料理教室のウェブサイトを見るとき、必ず料理家の顔写真も見るものです。会ったことのない人の料理写真だけを見て、『この人に料理を習いたい』と思わせるって、実はハードルの高いこと。本人が写っている写真が重要なファクターになるんです。そして、それが好印象でなければ、せっかくのおいしそうな料理にもアプローチするのはちょっと難しいことではないでしょうか」。
そんなとき、健やかな笑顔は欠かせない必需品だと小泉さん。料理家自身がプロフィール写真から醸し出す雰囲気が、料理の味の印象まで左右してしまうのだということを頭の片隅に置いておきましょう。

とはいえ、ふだんのコミュニケーションでは笑顔になれるけれど、カメラを向けられると急に笑顔がこわばってしまう、という人もいるでしょう。そんな人でもすぐ効果が上がる笑顔の作り方を教えてもらいました。

「プロフィール写真を撮影してもらう時、どこを見ればいいのかわからないという人は、フォトグラファーに“どこを見ればいいですか?”と臆せず質問しましょう。レンズの方を見てくださいと言われたら、ファインダーの向こうにいるのは大好きな人やペット、大好きな料理だとイメージすると、やわらかい表情が生まれます。また、自分の顔の左右で好きな側があるという場合は、ぜひそちら側から撮ってもらうよう、お願いしてみてください。カメラ目線で笑顔を浮かべるがどうしても苦手なら、皿などを手に持って盛り付け中のイメージでポーズをとるのも有効な手です。手に持った皿に向かって微笑むと、料理家さんらしいいい笑顔になると思いますし、カメラマンを見なくて済むので多少緊張感は和らぎます」。

そして、日頃からカメラに慣れることも大切。顔写真をたくさん撮られることも効果がある、と話してくれました。

プロフィール写真を撮るときの、笑顔の作り方

「ブログやSNSに投稿するために先生と写真を撮りたいという生徒さんもいると思います。そんなとき、積極的に一緒に写ってあげるようにしてみてください。写真に慣れることが、笑顔に悩まなくなるための一番の近道です」

いかがでしたでしょうか。笑顔の大切さを知り、自分の顔を知って、少しずつ幸せな笑顔に近づけることを意識すれば、仕事相手とも生徒さんとももっと円滑なコミュニケーションが取れ、自分自身もポジティブに過ごせるようになるはず。ぜひ今日から始めてみてください。

撮影/北川鉄雄 取材・文/吉野ユリ子

プロフィール
話を聞いた人 小泉恵未さん(Emi Koizumi)

フリーアナウンサー。「東京メトロポリタンテレビジョン」では報道をはじめ、さまざまな職場に勤務したのち、フリーに転身。現在も多くのメディアに登場し、報道からバラエティまで幅広く活躍中。

array(5) { [0]=> int(1533) [1]=> int(454) [2]=> int(466) [3]=> int(433) [4]=> int(945) }

人気の記事Pick Up Topics

山内千夏さん主宰「Mille Piatti (ミッレ ピアッティ)」【人気料理家のレッスン拝見】

【★成功する料理教室開業の法則】教室を開くための資格とポイント

西祐子さん主宰「MANGER LE MONDE(マンジェ・ル・モンド)」【人気料理家のレッスン拝見】

ホタテと春野菜のテリーヌ【プロに教わる逸品レシピ 「イレール人形町」島田哲也シェフ】

「Kabi(カビ)」驚きと感動の連続! 伝統的な技法を駆使した新たな解釈の日本料理

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

人気ヘアアーティスト、「アンフルラージュ」倉田正樹さんに聞く、好感度UPのヘアスタイル術【好感度アップコラム】

ベストサラダ【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

料理家 渡辺有子さん【私の駆け出し時代】

プロに学ぶイタリア料理セミナー【Kai House Clubイベントルポ】

ビジネスシーンでの「正しい仕事の断り方」【ビジネスマナー塾】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...