フォトグラファーが伝授! スマホカメラを使ったきれいな写真の撮り方【料理家のためのデジタル塾】 

フォトグラファーが伝授! スマホカメラを使ったきれいな写真の撮り方【料理家のためのデジタル塾】 

ホームページやブログ、SNS、そして教室でのレシピ配布用に…と、作った料理を「写真に撮るまで」が仕事と言っても過言ではないほど、今や料理家にとって料理と写真は切っても切れない関係にあります。どんなおいしい料理も、どんなに優れたレシピも、多くの人が最初にあなたの料理と出合うのはまず写真。そしてそれを、プロのフォトグラファーに撮影してもらえるチャンスは限られていますから、自分で上手に撮影できるようにならなくては! でも、ほんの少しコツを覚えるだけで、料理撮影の腕は格段にアップします。

そこで、料理写真家としても人気のフォトグラファー、福田喜一さんが、2回にわたって料理撮影のコツを伝授します。前編の今回は、スマホで上手に料理を撮影する方法です。

2018年06月11日

自由なアングルで臨場感のある撮影ができる「スマホ内蔵カメラ」の魅力

写真家として雑誌や広告を中心に活躍している福田さん。「スマホで撮影なんて」と考えているかと思いきや、「スマホにしか出せない臨場感があります」とスマホ肯定派。フードディレクター・野村友里さんの著書『Tokyo Eatrip』では、フォトグラファーとして参加していますが、なんとこの本、撮影はすべてスマホで行ったのだとか。

「スマホは人物撮影の場合、撮られる側にとっても抵抗感がなく、相手にすっと入っていける魅力があります。静物撮影でも、撮る側にとって、まるで体の一部のように自由に撮影できる身体性の高さは大きな特徴。一眼レフカメラなら基本的に両手を使わないと撮影できませんが、スマホなら片手で背伸びをしても撮れます。アングルの可能性がものすごく広がりますね。例えば料理を撮影する場合も、どうぞ、と料理が提供された時の、その目線のままに表現することができると思います」

スマホカメラで写真を撮る時の基本的な撮り方

そんなスマホカメラでの撮影の魅力を最大限生かすために、押さえておきたい基本テクニックを福田さんに聞きました。

テクニック1)スマホカメラのレンズを綺麗にする

レンズが汚れているのは問題外。メガネ拭きのような柔らかい布で拭きましょう。「レンズももちろんですが、スマホの画面が汚れていたり割れていたりしている人、多いですよね。被写体をきちんと見るために、画面もいつも綺麗にしておきましょう」

テクニック2)スマホカメラのグリッド線を表示する

縦横のマス目のような表示をする「グリッド線」。例えばiPhoneの場合なら、設定の画面からグリッド線の表示を設定することができます。「スマホでは水平を測るものがないので、表示しておくと便利です」

テクニック3)デジタルズームを使うか、寄るかを考える

「iPhoneの画面はレンズでいうと28mmくらいの広角レンズ。その特性を考えると、近づきすぎると画面がゆがんでしまい、料理や器などが頭でっかちな雰囲気になってしまいます。それはそれで面白い写真が撮れますが、正しいフォルムで撮影したいと思ったらズームを使った方がいいでしょう。ただしズームを使うと画像が荒れるので拡大率には注意が必要です。“歪み”と“荒れ”のバランスをみて、ズームと物理的に寄っていくバランスをいろいろ試してみてください」

テクニック4)スマホカメラもピントを合わせてから撮る

画面にタッチするとその部分にピントが合い、明るさも調節してくれるのがスマホの機能。これはぜひ活用すべき、と福田さん。「逆光のときは真っ黒になってしまうので必ず行った方がいいでしょう。手前にカトラリーや植物などを置き、奥に料理を置いて手前をボケさせると、奥行きのある写真が作れますが、スマホは基本的に手前のものに自動的にピントが合ってしまいます。そのため、まずは構図を整えてからピントを合わせたいものに調整することが大事ですね」

テクニック5)暗いところでは、カメラの手ブレに注意する

「スマホは一眼レフカメラに比べて“ミラーショック”がないので手ブレしにくい傾向があり、片手でも気軽に撮影ができる魅力があります。とはいえ、暗いところではやはりブレが起きるもの。一眼レフカメラでは撮れないような暗い場所でも写真が撮れるのもスマホの魅力ですが、そんなときは底辺を安定した場所につける、脇を締めるなどして、ブレない工夫をするといいかもしれません」

テクニック6)写真編集、カメラの加工アプリを試してみるのもいい

スマホの加工機能はあまり使わないほうがいいのでは?というのが福田さんの考え。「僕自身が使うとしたらiPhoneに入っている機能なら“vivid”という加工くらい。これは彩度だけ上げられるので、写真の印象が変わらずに鮮やかになります。コントロールバーも同じですね。露出と明るさはいじってもいいと思いますが、カラーバランスの調整などはしないほうがいいでしょう。それ以外の調整はアプリでごまかそうとせず、まず自分の光の使い方などの工夫で身につけていったほうが、写真が上手になると思います。ただ、写真撮影という枠を離れてアートとして考えるなら、好みの写真加工アプリを探してみるのは楽しいものです」

 

なお、スマホカメラのプリインストールのソフトでなく、外部のカメラアプリを使っている場合、フォーカスモードの設定が可能なものもあります。「オート」「マクロ」「ロック」「無限」などの設定がある場合はぜひ使ってみましょう。通常は「オート」でOKですが、単品料理を迫力たっぷりに撮影したいときなど、特に近づいて写真を取りたいときは「マクロ」を使うと至近距離の撮影に便利です。またピントの対象物を決めてから構図をいろいろ考えたいときは、一度料理などの対象物にピントを合わせた上で「ロック」をセレクトし、落ち着いて構図を考えるのもいいでしょう。

 

これは間違い?スマホ写真のOK or NG

スマホの撮影テクニックをネットなどで調べると、「これをやるといい!」「これはやってはダメ!」などと書かれていますが、本当はどうなのでしょうか? 福田さんにその真偽を教えてもらいました。

1)「日の丸構図」は避ける?

ど真ん中に被写体を持ってくる「日の丸構図」。平凡な写真になりやすいから避けるべきだという人もいるけれど、「いつもそればかりになってしまうとつまらないかもしれませんが、迫力があってインパクトのある写真が撮れることもあります。シチュエーションや被写体によって違ってきますから決して避ける必要はないと思います」

2)スマホカメラを斜めに傾けて撮影しない?

前述のとおり広角レンズが搭載されているスマホは、傾けると露骨に歪みが出る傾向が。「ただし、傾けるといってもどこか一辺、平行が取れていれば問題ありません。例えば底辺がまっすぐなら、前に傾けたり上に仰いだりするのはOKだし、逆に縦がまっすぐなら、斜めの角度から撮影してももちろんOK。縦と横、両方が傾いた角度にならないように気をつけるといいでしょう。とはいえこれも、歪んだ形を楽しむという写真もあります。自分が何を求めて撮影しているかを考えて選択してみてください」

3)スマホの写真設定でフラッシュは禁止?

「スマホ撮影全般でいえば、フラッシュを使うことでちょっとシュールな生々しい雰囲気を演出することもできます。ただし、おいしそうな感じを出したい料理写真にはあまり向かないでしょう。やはり料理は自然光で撮るのが一番です」

スマホカメラを使う料理撮影の上達の秘訣

スマホでも、もっと素敵に撮影できるようになりたい!そんな人のために福田さんがさらに上達するためのトレーニング方法(?)を紹介してくれました。

ポイント1/いろんな角度からたくさん撮ること!

「スマホの魅力はどこからでも自由に撮影できること。その特徴を生かして、360度、そして下から、真横から、上からと、1つの料理でもたくさんの方向から撮影してみてください。逆光にも順光にもそれぞれの良さがあります。とにかくたくさん撮ることで、それぞれの料理のおいしそうに見えるポイントも、スマホカメラのくせも、どんどん感覚で理解できるようになります。ただし料理が冷めると本末転倒なので、撮影はスピーディに」

ポイント2/自然光で一番美しく撮れる場所を確保しよう

これはスマホに限った話ではありませんが、料理はまずは自然光で撮るべき、というのが福田さんの持論。「自宅やアトリエの窓辺のコーナーで、光が美しく、テーブルや壁などの背景も美しいベストポジションを見つけましょう。いつも同じ場所で撮影したってOK。ホームページに写真が並んだ時もトーンが揃いますし、場合によってはそのまま書籍にしましょう!という話がくるかもしれません。一番いい場所を見つけ、かつその場所で一番光が美しく見える時間帯を知っておくことです。朝日が入る時間やサンセットタイムなど、いくつか知っておいて、その時間を撮影タイムに決めるのがオススメです。撮影のことを考えるなら、“料理ができた時に撮る”のではなく、“撮影のベストタイムから逆算して料理を作る”というくらいの気概が必要です」。

ディナーの撮影をしたい時も自然光がオススメだと言います。「日没後のほんの一瞬の、残光の美しい時間帯、いわゆるマジックタイムに、料理を並べてキャンドルを置くだけで、自然光でも素敵なディナースタイルの撮影が可能です。撮影用のライトはお金もかかるし上手にセッティングするのは難しいもの。なれないライティングをするより自然光の方が断然美しく撮れると思います。曇りの日は柔らかい光に、雨の日はブルーの光になり、それぞれに美しい光があります。まずは自然光で経験を積んでいろいろな光を見つけてみてください」

ポイント3/自分の好きな料理写真の構図を真似てみよう

これもスマホに限りませんが、自分がどんな写真が好きかを知っておくことは大事、と福田さん。「料理雑誌によっても『Dancyu』みたいな写真が好きなのか、『ELLE gourmet』みたいな写真が好みなのか、さらにその中でも好きな写真家さんが見つかったらその人の写真を真似してみるのもいいと思います。配置やコーディネイトを真似してみて、何が違うのか考えてみたり。光の感じ、俯瞰の写真、斜めから見た写真、真横から見た写真、カトラリーの置き方、お皿は全部入れるのかなど、真似するとわかることがあると思いますよ」

福田さんの撮影した「東京Eatrip」の写真。まるで店にいるような臨場感が伝わるのはスマホ撮影の力。

いかがでしょうか。スマホは手軽な記録用で、綺麗な写真は一眼レフカメラやミラーレスカメラを使わないと難しいんじゃないかと思っていた人もいるかもしれませんが、スマホだからこそ撮れる写真の魅力がたくさんあることがわかりますね。まずは手元のスマホで、料理の魅力を引き出す撮影に挑戦してみましょう。

撮影/田上浩一 取材・文/吉野ユリ子

話を聞いた人 福田喜一さん(Kiichi Fukuda)

 

フォトグラファー。東京綜合写真専門学校卒業。写真家・若木信吾に師事後、独立。ポートレイト、風景写真を中心に雑誌やタレント、広告などの分野で活動中。ライフワークとして友人が行っている中国内モンゴル自治区での 砂漠緑化を毎年記録している。また料理写真家としても活躍し、映画「Eatrip」にはメイキングスチール撮影で参画。また野村友里さんの東京食案内本『Tokyo Eatrip』の撮影も行う。

人気の記事Pick Up Topics

フードスタイリスト マロンさん【私の駆け出し時代】

料理家 枝元なほみさん【私の駆け出し時代】

「Ode(オード)」斬新な遊び心とインパクトのなかに、丁寧な仕事ぶりが凝縮

「Kabi(カビ)」驚きと感動の連続! 伝統的な技法を駆使した新たな解釈の日本料理

話題沸騰、オレンジワインを味わうセミナー【Kai House Clubイベントルポ~『エル・グルメ フードクリエイター部』編】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

いんげんのジェノヴァ風【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

山内千夏さん主宰「Mille Piatti (ミッレ ピアッティ)」【人気料理家のレッスン拝見】

自然の恵みを丸ごと味わう「スイカのゼリー」【ちまたで話題の料理にトライ!】

プロ技!山本浩未さん直伝、好感度が上がるポイントメイクの方法【好感度アップコラム】

ひよこ豆とバカリャウのスープ【プロに教わる逸品レシピ フードプランナー 桑折敦子さん】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...