一眼レフを使った料理写真の撮り方

スキルアップ
プロのテクニックを伝授! 一眼レフカメラを使った料理写真の撮り方【料理家のためのデジタル塾】

ホームページやブログ、SNS、そして教室でのレシピ配布用に…と、作った料理を「写真に撮るまで」が仕事と言っても過言ではないほど、今や料理家にとって料理と写真は切っても切れない関係にあります。どんなおいしい料理も、どんなに優れたレシピも、多くの人が最初にあなたの料理と出合うのはまず写真。そしてそれを、プロのフォトグラファーに撮影してもらえるチャンスは限られていますから、自分で上手に撮影できるようにならなくては! でも、ほんの少しコツを覚えるだけで、料理撮影の腕は格段にアップします。

そこで、料理写真家としても人気のフォトグラファー、福田喜一さんが、2回にわたって初心者のための料理撮影のコツを伝授します。後編の今回は、デジタル一眼レフカメラで上手に料理を撮影する方法です。

>>スマホを使うきれいな写真の撮り方をフォトグラファーが伝授!

2018年07月9日

「ボケ味」を楽しめるのが、一眼レフカメラの魅力

前回はスマホカメラで撮影する魅力を伺いましたが、スマホでもそんなに素敵な写真が撮れるのに、高価で複雑な一眼レフを使うのはどんな魅力があるからなのでしょうか?

「一番レフの一番の長所は“ボケ”の味わいを楽しめるところでしょう。対象となる被写体以外の部分をボケさせることで、立体感や柔らかい雰囲気、特別感を生み出すことができます。またレンズを変えられるのも一眼レフの楽しさ。最初は1種類あればいいけれど、自分らしい写真を楽しみたくなってきたら、いろいろ揃えると写真の幅が広がりますよ」

初心者はまず基本をマスター!一眼レフカメラで上手に写真を撮るためのポイント

一眼レフカメラを使ったことがない!という方のために是非覚えておいてほしい2つのポイントをご紹介しします。

1)正しいカメラの持ち方

まず右手でグリップを握り、左手はズームリングに添えつつレンズ全体を下から手のひら全体で支えるように持ちます。下で支えることで、カメラの重さを受け止めて手ブレが起きにくくなります。また脇を締めて体に固定させることでも、ブレが抑えられます。脚は肩幅程度に開き、重心も安定させましょう。

縦位置で撮影する場合は、シャッターボタンを下にして撮影するのが、ブレにくい写真のためにおすすめですが、窮屈さを感じるならシャッターボタンを上にして撮影しても良いでしょう。その場合はカメラを安定させることを特に意識して。横や後ろに柱や壁がある場所なら、体を保も掛けさせて撮影することでも、ブレを抑えられます。台や手すりなどに肘を載せて撮影するのもおすすめです。

2)ホワイトバランスで色調を調整する

デジタルカメラでは、光源による「色被り」を調整する機能があり、蛍光灯、曇天、電球などの状況によって不安定になりがちなものをホワイトバランスで調整することができます。さまざまな光の状況を想定したいくつかのモードが搭載されていますし、オートホワイトバランスで自動的に調整もしてくれます。

Pages: 1 2 3 4

撮影/田上浩一 取材・文/吉野ユリ子

話を聞いた人 福田喜一さん(Kiichi Fukuda)

 

フォトグラファー。東京綜合写真専門学校卒業。写真家・若木信吾に師事後、独立。ポートレイト、風景写真を中心に雑誌やタレント、広告などの分野で活動中。ライフワークとして友人が行っている中国内モンゴル自治区での 砂漠緑化を毎年記録している。また料理写真家としても活躍し、映画「Eatrip」にはメイキングスチール撮影で参画。また野村友里さんの東京食案内本『Tokyo Eatrip』の撮影も行う。

料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...