一眼レフカメラを使う料理写真の撮り方をプロが伝授!【料理家のためのデジタル塾】

プロのテクニックを伝授! 一眼レフカメラを使った料理写真の撮り方【料理家のためのデジタル塾】

ホームページやブログ、SNS、そして教室でのレシピ配布用に…と、作った料理を「写真に撮るまで」が仕事と言っても過言ではないほど、今や料理家にとって料理と写真は切っても切れない関係にあります。どんなおいしい料理も、どんなに優れたレシピも、多くの人が最初にあなたの料理と出合うのはまず写真。そしてそれを、プロのフォトグラファーに撮影してもらえるチャンスは限られていますから、自分で上手に撮影できるようにならなくては! でも、ほんの少しコツを覚えるだけで、料理撮影の腕は格段にアップします。

そこで、料理写真家としても人気のフォトグラファー、福田喜一さんが、2回にわたって初心者のための料理撮影のコツを伝授します。後編の今回は、デジタル一眼レフカメラで上手に料理を撮影する方法です。

>>スマホを使うきれいな写真の撮り方をフォトグラファーが伝授!

2018年07月9日

「ボケ味」を楽しめるのが、一眼レフカメラの魅力

前回はスマホカメラで撮影する魅力を伺いましたが、スマホでもそんなに素敵な写真が撮れるのに、高価で複雑な一眼レフを使うのはどんな魅力があるからなのでしょうか?

「一番レフの一番の長所は“ボケ”の味わいを楽しめるところでしょう。対象となる被写体以外の部分をボケさせることで、立体感や柔らかい雰囲気、特別感を生み出すことができます。またレンズを変えられるのも一眼レフの楽しさ。最初は1種類あればいいけれど、自分らしい写真を楽しみたくなってきたら、いろいろ揃えると写真の幅が広がりますよ」

初心者はまず基本をマスター!一眼レフカメラで上手に写真を撮るためのポイント

一眼レフカメラを使ったことがない!という方のために是非覚えておいてほしい2つのポイントをご紹介しします。

1)正しいカメラの持ち方

まず右手でグリップを握り、左手はズームリングに添えつつレンズ全体を下から手のひら全体で支えるように持ちます。下で支えることで、カメラの重さを受け止めて手ブレが起きにくくなります。また脇を締めて体に固定させることでも、ブレが抑えられます。脚は肩幅程度に開き、重心も安定させましょう。

縦位置で撮影する場合は、シャッターボタンを下にして撮影するのが、ブレにくい写真のためにおすすめですが、窮屈さを感じるならシャッターボタンを上にして撮影しても良いでしょう。その場合はカメラを安定させることを特に意識して。横や後ろに柱や壁がある場所なら、体を保も掛けさせて撮影することでも、ブレを抑えられます。台や手すりなどに肘を載せて撮影するのもおすすめです。

2)ホワイトバランスで色調を調整する

デジタルカメラでは、光源による「色被り」を調整する機能があり、蛍光灯、曇天、電球などの状況によって不安定になりがちなものをホワイトバランスで調整することができます。さまざまな光の状況を想定したいくつかのモードが搭載されていますし、オートホワイトバランスで自動的に調整もしてくれます。

 

初めてレンズを買うときのおすすめ

さらにもしレンズを1本買うなら何がオススメか聞いてみました。「レンズを1本買うなら、F値(絞り値)の小さい(明るい)ものがオススメです。とは言えF値が小さいほど高いので、予算とのバランスも必要ですね。通常入門者向けのセットで売っているものはF4やF5.6といったものが中心ですが、これだと思ったほどボケ味を楽しむことができません。F2、F2.8程度のものを購入しておけば一眼レフの醍醐味を楽しめるでしょう。50mm程度のマクロレンズなら、自分の目と対象との距離感をあまり作らずに、自然な視点のまま撮影できると思います」。これからレンズを買う予定の人はこれを参考に!

 

構図より、まず料理をよく見ること

「写真の初心者向けの入門書などには、まず構図を考えよ、といったことが書かれているかもしれませんが、僕の考えでは構図は後でついてくるものと思っています。まず料理をよく見て、その料理のどこが魅力か、何を伝えたいかを考えましょう。食材の新鮮さなのか、彩の美しさなのか、季節感なのか、食材の組み合わせなのか、盛り付けの面白さなのか。盛り付けの面白さの場合も、高さを出した盛り付けや、ソースで描いたアートが面白い場合もあるでしょう。素早く“何を伝えたいか”を見つけ出すことが何より“構図”を作る重要なポイントだと思います。あまり構図ばかり考えていると大切な料理が冷めたり、冷たい料理が溶けたりしてしまいますから。撮影は時間との勝負です」と福田さん。

 

撮影の構図に正解はない!

構図には「日の丸構図」「トンネル構図」「三分割構図」などさまざまな公式がありますが、それらを学んだりこだわったりする必要は一切なし、と言います。「写真に正解はありません。料理写真にしても、お皿が全部入っていても、見切れていても、料理のてっぺんが切れていても、それぞれに面白さがあり、美しさがあります。形式にこだわらずにいろいろ試して、自分らしい写真を探して見てください」

一眼レフカメラ

お気に入りの料理本の写真を真似てみる

とは言え、何をどう撮ればいいのか途方に暮れてしまう…という人に福田さんがすすめするのは、好きな料理写真を真似ること。「スマホカメラの回でもお話ししましたが、好きな料理雑誌、海外の料理本などで素敵だなと思うものを真似して撮影してみてください。好き、の理由が、光かもしれないし、スタイリングかもしれないし、寄り加減かもしれないし、構図かもしれない。好きな写真をたくさん集めて、たくさん真似しているうちに、その理由が見えてくると思います」。学ぶことは真似ること。料理の世界でもそう習った人もいるかもしれませんが、写真の世界でもそんな法則があるようです。

 

絞り優先(A/Av)モードで撮影をする

一眼レフカメラには、さまざまな撮影モードがありますが、使いこなすのはなかなか難しいもの。けれど全部を使いこなそうとする必要はない、と福田さんは言います。「ピントをコントロールしたいときは絞り優先オート、ぶれをコントロールしたいときは、シャッター優先オート(S /T v)、両方ともカメラにかませたいときはプログラムオート(P)、全て自分で調整したいときはマニュアル(M)を選びますが、この中で一番自分のイメージを活かしながら簡単に撮れるのが、絞り優先オートだと思います。プログラムオートでは勝手に絞られてしまい、ニュートラルな写真になってしまいがちで、あまり一眼レフらしさを楽しめません。絞りだけ自分で決め、その状況にあったシャッター速度をカメラが決めてくれる“絞り優先オート”で始めてみましょう」

 

オートフォーカスでピントを合わせる

ピントの合わせ方も、オートフォーカス(AF)でいい、と福田さん。「今のAF
は人間が手動でやるよりも正しく早くピントを捉えてくれます。まして料理写真であれば動くものではありませんので、オートで十分。半押しした時にピントを合わせるタイプのカメラが多いと思いますが、まずはピントを合わせたい箇所に向けて半押しでピントを合わせ、その後手前をぼかすのか、奥をぼかすのかなど落ち着いて研究してみるといいでしょう」

 

シチュエーション別、プロのカメラテクニック

福田喜一さん

1)コース料理を撮影するとき

1皿だけ撮影するときは比較的簡単かもしれませんが、コース料理や定食、パーティーメニューなど、複数の料理を同時に撮影したいときに構図やポイントの作り方で困ることがあると思います。そんなときの対策を福田さんが教えてくれました。「満遍なく取ろうとするとカタログのようになってしまいます。イメージっぽい雰囲気を出したいなら、1つメインの料理を決めてピントを合わせ、他をぼかして撮るのがいいでしょう。それができるのが一眼レフの魅力ですね。一方、4〜5皿あっても全てきちんと見せながらおしゃれに撮りたいなら、真俯瞰で、真上から撮るのがいいでしょう。ただし数皿を全て見せるにはかなり高いところから撮らなくてはいけませんので、一般の家では難しいでしょう。そういうときはスマホカメラで撮った方が、それほど高い位置からでなくても広角で捉えてくれるので便利です。もしくは思い切って床にクロスを敷いてその上に料理をセッティングしてみてください。より高い位置から撮影することができます」

 

2)一人で撮影するときも臨場感を演出できる、セルフタイマーを使ってみよう

一人で料理撮影をするときも、ただ料理を撮るだけではつまらない。セルフタイマーで写真の幅がぐっと広がると福田さんは言います。「例えば料理のプロセスで混ぜているところや筋を取っているところ、フライパンでひっくり返しているところなどを撮りたいときは、自分の手が必要になりますね。そんなとき、三脚でカメラを構えておいて、セルフタイマーを活用すると、プロセス撮影もできるようになります。完成した料理でも、パスタをフォークで持ち上げて撮りたいときや、パッと手で割って中を見せたいスウィーツなどもセルフタイマーなら可能。またパーティーメニューなどを紹介したいときは、奥にグラスを持っている手や料理を取り分けている手、テーブルの向こうで人がいる気配などを入れたいときもあるでしょう。そんなときもセルフタイマーが大活躍。ワイワイ感を演出することができます。三脚×セルフタイマーで、思いがけないシーンが撮れるようになりますよ」。
いかがでしょうか。セルフタイマー撮影が出来るようになれば、アシスタントさんがいなくても幅広い撮影が可能です。ぜひトライしてみてください。

 

用意しておくと便利!一眼レフカメラの小道具

最後に、一眼レフカメラで上手に撮影するために、持っておくと便利な小道具を福田さんに聞きました。それがこの4つ。代用品もあるので、必ずしもそのものでなくても大丈夫ですが、いずれも高価なものではありませんので、手に入れておくといいでしょう。

用意しておくと便利!一眼レフカメラの小道具

小道具1)水準器

液体に浮かんだボールの位置で水平を測定する小さな器具で、カメラ用品店で売っています。「僕は必ずつけています!といっても、今のデジタル一眼レフカメラならほとんどの場合、機能としてついているかもしれません。その場合は、水平表示をするようにしましょう。僕のカメラにもそう言えばついていますが(笑)アナログカメラ時代からの習慣もあって、水準器でバランスを確認すると安心します(笑)」

 

小道具2)レフ板

光を柔らかく回したり、逆に影を引き締めたりするために使う板で、これもカメラ用品店で入手できます。「サイズや形状は色々ありますが、料理撮影で使うならB4サイズ程度で真ん中で二つ折りにできるタイプ、そして片面が白、もう一面が黒になっているものが扱いやすいでしょう。発泡スチロールに画用紙を貼っても作れると思いますが、買った方が早いです。開く角度や撮影対象との距離で光の回り方が変わりますから、影や光をよく見ながら調整して使いましょう」

小道具2)レフ板

小道具3)トレーシングペーパー

マットな質感で薄く透ける紙。文房具店などで販売しています。「自然光で撮影するときに、窓から入ってくる光のコントロールに便利です。窓に1枚貼ることで柔らかい光になります。これも自宅やアトリエなどいつも決まった場所で撮影するなら、レースのカーテンや白いシーツなどでも代用できます」

 

小道具4)ブロワー

ボディ部分を押すことで風を発する道具。レンズやカメラの埃を飛ばしたり、料理を盛りつけてカメラ前にセッティングしたあと、ペッパーミルやソルトミルなどでトッピングして、テーブルやランチョンに落ちたときに、優しく吹き飛ばして払うことがきます。

小道具4)ブロワー

小道具5)三脚

基本的には手持ちで光や料理の表情を見ながら、いろんな角度からベストポジションを探して欲しいと思いますが、いつも同じ場所で撮ると決めた場合、三脚で高さも角度も決めてしまった方が安定した写真が撮れます。また手持ちよりも手ブレ防止ができます。マジックタイム(日没後のほんの一瞬、残光の美しい時間帯を指す言葉)などに撮影をしたい場合は、シャッタースピードが遅くなるから必須でしょう」

 

いかがでしょうか。一眼レフカメラならではの写真の長所や楽しさがたくさんあることがわかりましたね。より効果的な写真を撮るためにも、是非トライしてみてください。

撮影/田上浩一 取材・文/吉野ユリ子

話を聞いた人 福田喜一さん(Kiichi Fukuda)

 

フォトグラファー。東京綜合写真専門学校卒業。写真家・若木信吾に師事後、独立。ポートレイト、風景写真を中心に雑誌やタレント、広告などの分野で活動中。ライフワークとして友人が行っている中国内モンゴル自治区での 砂漠緑化を毎年記録している。また料理写真家としても活躍し、映画「Eatrip」にはメイキングスチール撮影で参画。また野村友里さんの東京食案内本『Tokyo Eatrip』の撮影も行う。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1860) [1]=> int(826) [2]=> int(1479) [3]=> int(2670) [4]=> int(2744) }

人気の記事Pick Up Topics

料理家 渡辺有子さん【私の駆け出し時代】

Facebook(フェイスブック)のビジネス活用術!企業ページを作ろう【料理家のためのSNS講座】

スマホカメラを使うきれいな写真の撮り方をプロが伝授!【料理家のためのデジタル塾】 

中村紫乃さん主宰「just baked!(ジャスト・ベイクド!)」【人気料理家のレッスン拝見】

サンデーベイクショップ直伝!「りんごのトレイベイク」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

人気料理家が企業やメディアに愛される理由【ビジネスマナー塾】

SNSのプロが指南。インスタグラムでプレゼンスを高める方法【料理家のためのデジタル塾】

砂肝のコンフィ、パクチー、ブルーチーズのサラダ【プロに教わる逸品レシピ 「ペタンク」山田武志シェフ】

料理家 坂田阿希子さん【私の駆け出し時代】

鶏レバームースとりんごのタルティーヌ【プロに教わる逸品レシピ 「ペタンク」山田武志シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...