快適に他人と関わる 人間関係ノウハウ

スキルアップ

料理やお菓子の教室主宰者、スタイリストやフォトグラファーなど、フリーで働いている個人事業主にとって仕事の要となるものが人間関係。気持ちよく仕事をしながら、自分の立場を自ら守らなければならないというのは、例え社交的な人であっても簡単なことではありません。さらに昨今は、SNSなどのソーシャルメディアの影響で、自分では気を付けていても人間関係の厄介ごとに巻き込まれてしまう危険性も。フリーで働く人が快適に他人と関わるノウハウをまとめました。

2018年08月14日

個人で仕事をするフリーランスでも人付き合いは必要

どんな世界でも、人間関係の悩みというのは尽きないものです。学生時代なら友人との関係で悩んだ人も多いでしょうし、現在進行中で職場の人間関係にほとほと手を焼いているという人も、たくさんいることでしょう。人付き合いに悩んだ時、「家族や友人、上司や同僚に聞いてもらえば解決できる」という何かしらの手段や逃げ道がある人は、まだ幸せです。今回、ここで考えてみたいのは、同業他者やクライアントとの間で一人悶々と悩み続けることが多い個人事業主、いわゆる「フリーで働く人」の場合。

個人で働いている分には、余計な人間関係のしがらみには振り回されずに済むと思われがちですが、実はそんなことはありません。フリーランスの人の方が、味方もいないところで自分だけの力で人付き合いをし、仕事もプライベートもうまく回るようにしなくてはならないことも多く、悩んでいる人も多いものです。こういう人々にとって理想的な人間関係とは、どのようなものでしょう。あるいはどうすれば築けるのでしょうか。

まず念頭に置かなければならないのは、「昔に比べ、現在では人間関係のあり方が大きく変わった」ということです。これにはまさしく、SNSなどのソーシャルメディアの発達が起因しています。

「エゴサーチ」で見えてくる自分情報

「人間関係の悩み」がこの世から消え失せることはまずあり得ません。インターネットやSNSの普及によって、今や誰もが、一度も会ったことのない人とでも関係が持てるようになり、結婚のような人生の伴侶を選ぶきっかけさえ、ネット上で得ることももはや珍しくありません。しかしその一方で、自分でも気づかないうちに悪意に満ちた情報をネットで流されていたとか、料理教室主宰者やカフェ経営者であれば、一回だけ参加や来店をした記憶にもない人が主観的な不満や意見を一方的にネットや個人のSNSで投稿し、その結果、止めようもないほどに情報が拡散されてしまうという恐ろしい事態がいつ起こっても不思議ではない世の中になりました。

デジタルの世界で使われる「エゴサーチ」という言葉をご存知でしょうか。「Google」や「Yahoo!」などの検索画面で、自分の名前や特定サイトで使用しているハンドルネーム、自身の店や料理教室名などを打ち込んで検索してみることで、思わぬ情報が目に飛び込んでくることがあります。個人で仕事をしているフリーの人であれば、多かれ少なかれ多数の情報が世の中に流れているものです。それらが正しい情報や他愛もない噂程度であればいいものの、中には予想もしないような間違った情報が出ていることもあり得る話です。

プライベートに関することや、自宅や家族に関する個人情報(自宅でレッスンをしている人などは要注意)、「レッスンに参加したけれど期待外れだった」「料理がおいしくなかった」などという中傷に近い書き込みなどを見つけてしまったらもう、落ち込むどころか、身の危険や仕事への不安を感じてしまうことも……。

もちろん、エゴサーチで得た情報をうのみにする必要などありません。知らなかった時は楽しく過ごせていたのなら、たまたまネット上で目にした情報などすべて不要なもの。書いた相手が分からない状態でやきもきしても、時間のむだです。

しかし、そうも言っていられない場合もあります。下記に挙げる事例は、実際にあった出来事です。料理研究家の話ですが、フリーで働く人であれば、誰にでも起こり得ることです。

Pages: 1 2 3 4

写真/Unsplash

料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...