「正しい自己紹介」の仕方を身につける【ビジネスマナー塾】

「正しい自己紹介」の方法を身につける〜ビジネスマナー講座④

オンでもオフでも、初めて出会う人との間で欠かせない通過儀礼といえば、自己紹介です。カジュアルな雰囲気の中でなら誰とでもすぐに打ち解けられるという人も、ビジネスシーンで、初対面の仕事相手とのオフィシャルな自己紹介となると、途端にひるんでしまうこともあるのでは? そんなことにならないためにも、「ここだけは外せない」というビジネスの場で効果を発揮する「大人の自己紹介の仕方」について考えてみましょう。

2018年06月12日

「正しい自己紹介」の方法を身につける〜ビジネスマナー講座④

正しい自己紹介は大人のビジネスマナー

どんな人でも、社会と関わりを持って暮らしている限り、さまざまな人との出会いがあります。そんな時、あなたはどんな「自己紹介」「挨拶」を心がけていますか。「自然体でいることが基本」「名刺交換をしたら、あとは時間や仕事の実績が相手との距離を縮めてくれる」、そんなふうに思っているとしたら、もしかしたら知らない間にビジネスチャンスを逃しているかもしれません。
プライベートでのカジュアルな場での自己紹介であれば、話は別です。友人宅で得意料理を持ち寄るホームパーティーや、旅行参加時、同じグループになった人との挨拶などは、場も盛り上がっているだろうし、気負うことなく最初から仲良くなれることでしょう。
料理教室やワインレッスンなどで一緒になった人との場合は、趣味が同じということで難なく打ち解けられるのも不思議なことではありません。
「私は誰とでも仲良くなれる。コミュニケーションは大の得意」と思っている人もいるのではないでしょうか。

ビジネスシーンでの自己紹介はオフの場合と何が違う?

今回お伝えするのは「ビジネスシーンでの自己紹介」です。会社勤めをしている人であれば、名刺を交換して名乗り合って、ということでそれほど悩まずに済むかもしれません。なぜなら、背後には「企業名」「所属部署名」というものがあり、それらのワードからその人の役割や印象というのは相手の記憶に残りやすいからです。

しかし、フリーで仕事をしている料理家やコーディネーター、スタイリストといった職種の場合、よほどメディアで活躍している人でない限り、名刺交換をして相手に渡せる情報は名前と肩書きだけ。どんな仕事をしているか、どんなことが得意なのかをきちんと伝えられたら仕事につながる確率も高まりますが、自己紹介の場でそれを効果的に行うのは難しいものです。

“好印象”を持たれることの意味

フリーでも会社員でも、ビジネスの場の自己紹介で相手に好印象を持ってもらうことは大切です。良い印象を持ってもらえなかったとしても、名前と肩書きの情報さえ相手に伝わっていれば、とりあえず目の前にある仕事には着手できるかもしれませんが、これからの時代、「どんな仕事をしていても営業能力が求められている」といっても過言ではありません。

最初の自己紹介の時に「感じがいい、話しやすい人だな」と思ってもらえたら、その印象は無意識の記憶となって相手の脳裏に残ります。今回の仕事が終了した後もその記憶は相手の心の奥にずっと留まっていて、数カ月後のある日、急遽発生した仕事を誰に依頼するかという話になった時、その記憶は不意に相手の頭によみがえります。「あの人にお願いしてみよう!」「あの人ならなんとかしてくれるかもしれない」といった具合に……。

ビジネスシーンにおける「印象の良い自己紹介」が役に立つのは、こういう理由からです。必ずしも、相手にすり寄るためとか好きになってもらうためだけではなく、「未来の可能性に向かって営業しておく」ことが自己紹介の意味だと考えると、今の自分のやり方が正しいかどうか、考える基準になるのではないでしょうか。

「正しい自己紹介」の方法を身につける〜ビジネスマナー講座④

自己紹介の基本構成・仕方を考える

ビジネスシーンでの自己紹介の目的についてお伝えしました。学校入学時やクラス替えの時、あるいは初デートなどのぎくしゃくした雰囲気を思い出し、「相手におもねったり快活を装ったりするのは苦手。私の性に合わない」と思っている人も、ビジネスの場での自己紹介では、逆にそのような気苦労は不要です。しかし、友達や異性として好きになってもらう必要はないにしても、「この人に仕事を任せたら安心だ」と感じてもらう必要があります。それがビジネスの場で理想的な自己紹介だからです。
そのために、何から自分の情報を伝えれば良いのかを考えてみましょう。

基本① まずは名前をゆっくり丁寧に名乗り挨拶をする

どんなシチュエーションの自己紹介でも、基本はこれ。「初めまして」と口に出したら、そのあとに自分の名前をゆっくりきちんと伝えてください。
読むのが難しい漢字が入っているならば、その読みについてさらりと説明を加えると良いでしょう。「男性だと間違われることも多いのですが、“友紀”とかいて“ゆき”と読みます」「画数が多くて毛筆書きだと苦労するんですが、旧字の“澤”を書いて澤田と申します」、などといった感じで。大切なのは、そういったさりげないトピックをゆっくり落ち着いた口調で加えることで、名前を覚えてもらうというよりは、「良い印象を残す」のに一役買ってくれることです。
ただし、何が何でもこういったトピックを付け加える必要はなく、逆にいきなりぺらぺらと語り過ぎて「場を読まない人」と思われないように、くれぐれもご注意を。

基本② 仕事につながるように肩書きを説明する

次に大切なキーワード、自分の職業を語ります。フリーで働いている人であれば、ここでどんな風に自己紹介できるかによって、仕事につながる可能性も十分に考えられるので、自己紹介における「仕事説明」については、シチュエーションに応じて話分けができるようにしておくと便利かもしれません。

さて、このウェブサイトでは料理に携わっている人を対象に様々なお役立ちコンテンツをお伝えしているので、ここでも料理家を例にとってフリーの人の自己紹介の成功例について考えてみましょう。

成功する名刺の作り方」の回でも触れましたが、肩書きに選ぶ言葉は重要です。料理業界には多数の資格が存在していますが、一般的に料理家を名乗るのに特定の資格は不要なので、料理教室主宰者や料理家の名刺に刷られる肩書きは、今や百花繚乱。「料理家」「料理研究家」「フードコーディネーター」「フランス家庭料理研究家」などはごく一般的で、「●●●●(特殊な調理法名など)料理研究家」「○○○○○○(教室名や団体名)主宰」といったように、肩書きだけだとその人が何をやっているのか分かりにくい場合も。お互いに時間に余裕がある場合なら、「具体的にはどんな内容なんですか?」と相手が丁寧に質問してくれて話題が発展し、盛り上がることもあるかもしれません。が、ビジネスシーンでそのような名刺を用い、自己紹介時に毎回長い説明を要するのはマイナスになる場合もあります。ここが難しいところなのですが、フリーにとっての「自己紹介」は自分を売り込むための場ですが、それによって仕事を頼みたいと思ってもらえなければ意味がありません。

つまり「興味を持たせたいけれど、押し付けはご法度」というのが自己紹介の鉄則。こんな時、肩書きを一から説明するよりも相手の関心を惹くのにもっと効果的な方法があります。それは、相手が「その話、もう少し詳しく聞かせてほしい!」と思うトピックスを潜ませておくことです。

「正しい自己紹介」の方法を身につける〜ビジネスマナー講座④

基本③ 「やる気」はあって当たり前。それを裏付ける「具体性」が生きる

自己紹介でまずは感じ良く自分の名を伝え、シンプルな肩書きと共に挨拶したら、「主にどんなお仕事をなさっているんですか」「これまでにどんなことをなさってきたのですか」と聞かれることが多いものです。そんな時こそ、チャンスです。例えば、次に紹介する料理家の自己紹介ですが、実は2つとも同じ人の内容です。あなたがもし仕事を依頼する料理家を探しているなら、どちらの人に頼みたいですか?

1)料理教室を主宰している○○○と申します。誰でも気軽に作れて美味しい、旬の素材を生かした家庭料理を心がけています。お伝えする料理はいつも好評で、生徒さんからはスタイリングや食材選びも参考になると言っていただきます。自らのブラッシュアップのために、器店や市場を巡ったりするのが大好きです。

2)1回5名までの少人数家庭料理教室を営んでいる○○○と申します。1回のレッスンで3品と、教える料理点数は少なめなんですが、いくらでも応用が効くように工夫したレシピが好評をいただき、2年前の教室スタート時は20名だった生徒が、今では100名に増えました。スタイリングも好きで、参加できなかった生徒さんも真似できるようにインスタグラムで器のコーディネートを公開しているのですが、そちらでも思わぬ好評をいただき、生徒さん以外の方も含め1万人のフォロワーさんにご覧いただいています。料理以外ではカメラが好きで、写真の教室に1年ほど通っています

いかがでしょう。おそらく、いまどきのメーカーや広告代理店、出版社などが料理の仕事を発注するとしたら、後者を選ぶケースが多いのではないでしょうか。同一人物の話であるのに、ここにどんな違いがあるのでしょうか。その一つが「具体性」です。

(1)の場合は、素直で耳障りのいい言葉を選んで教室を紹介しているのですが、少し俯瞰した気持ちで読んでみてください。すべて「考えてみたら、料理家なんだから当たり前のことでは?」と思えませんか。
逆に(2)の場合だと、淡々と語っているものの、多くの情報が隠れています。特に「1回3点の料理数ながら、いくらでも応用が効くので人気」とあれば、「どんなテーマでも工夫して料理を考案してくれそう」「機転が利きそう」という印象を与えます。「20名だった生徒が2年で100名に増えた」と聞くと、「どうやって増やしたのか?」と聞きたくなるのが人情ですし、その後にインスタグラムのフォロワー数の話を出すことで「SNSを使った人脈作り、話題作りにも長けた人なのでは」と思わせます。

さらに、(1)で「器店や市場を巡るのが好き」とあるのに対し、(2)では「写真教室に通っている」とあるのも興味深い点です。少し意地の悪い考え方をするなら、料理に携わる人が器店や市場巡りが好きなのは、言わば当たり前。(2)の場合は、それらは敢えて話題にせずともスタイリングの例を出していることで十分に伝わりますし、まったく別ジャンルの趣味を語ることで、ビジュアル作りに強い(例えそのレベルまではこの時点で明らかにしなくても)というイメージを伝えています。

基本④ ビジネスシーンでの自己紹介は「営業」だと考える

カジュアルシーンでの自己紹介とビジネスの場でのそれは違う、という話をしてきました。名刺を交換しながら当たり障りのない受け答えをし、「本日はよろしくお願いします」程度の言葉で締めることももちろん不正解ではありませんが、フリーの場合、どんなきっかけから仕事につながるかわかりません。

「料理教室の生徒数を増やしたい」「別の場所でもレッスンを開催してみたい」「料理本を出版したい」「雑誌や広告の現場で料理の仕事をしたい」といった思いがぼんやりとでもあるのなら、今までの自己紹介のやり方を根本から見直してみませんか。

「もっと外の世界と関わりたい」と思った時、自己紹介は「営業活動」に変わります。「営業なんて、ビジネスマンが行うこと」だと思われるかもしれませんが、フリーの人こそ日頃から「私にはこのような才能があり、このようなことができ、このような仕事をしてみたいのです」と世界に向けて発信し続けることが何よりも重要です。そのための第一歩が、自己紹介から始まるといっても過言ではありません。

まとめ

仕事につながる自己紹介について考えてみました。もちろん、大前提として「好感度を持たれる話し方」や「感じの良い笑顔」などが必要なのは言わずもがな。社会人になったばかりの人や、今まであまり企業と接することのなかった人などは、自分のビジネス的価値がどこにあるかをもう一度見つめ直し、それらを伝える最初の場が自己紹介であると考えてみてください。友人同士の自己紹介とはずいぶんアプローチが違ってくるはずです。

困った時は、身の回りにいる企業でのキャリアが長い友人や知人に相談してみるのも良いかもしれません。あなたが「これが私の長所」と思っている部分ではなく、「え、こんなことを?」と思うような意外なPRポイントを見つけてくれるかもしれません。

また、今回はビジネスシーンでの対個人の自己紹介について言及しましたが、今後、大勢を相手にするときの自己紹介や、メールでの自己紹介の仕方などについても改めてお伝えしていく予定です。ご期待ください。

写真/Unsplash

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(2617) [1]=> int(1860) [2]=> int(2460) [3]=> int(1511) [4]=> int(945) }

人気の記事Pick Up Topics

料理家 高橋雅子さん【私の駆け出し時代】

料理家 渡辺有子さん【私の駆け出し時代】

「教室運営を本気で仕事にする!」セミナー【Kai House Clubイベントルポ】

料理家 渡辺麻紀さん【私の駆け出し時代】

「Kabi(カビ)」驚きと感動の連続! 伝統的な技法を駆使した新たな解釈の日本料理

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

人気カメラマン直伝。ビジネス用プロフィール写真の撮り方のコツ【好感度アップコラム】

ごぼうと鶏のから揚げの温きんぴら ハーブサラダ添え【プロに教わる逸品レシピ 「BOLT(ボルト)」仲田高広シェフ】

料理家 高橋雅子さん【私の駆け出し時代】

「教室運営を本気で仕事にする!」セミナー【Kai House Clubイベントルポ】

未経験者・初心者でも大丈夫! イベント開催の成功法【ビジネスマナー塾】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...