人気スタイリストに聞く、通い続けたい!と思われるテーブルスタイリングのコツ【好感度アップコラム】

レシピを考えるのは得意だけれど、料理の盛り付けやテーブルコーディネートはいまいち苦手……という料理家は、案外多いもの。そして、料理教室に通う生徒側としては、レシピや料理技術だけではなく、器使いやカトラリー選びなども含めたテーブルセンスにも多くを期待し、学ぼうという人もまた多いのが昨今の流れです。テーブルスタイリングをアップデートする秘訣について、フードマガジン「エル・グルメ」などでも活躍中の人気スタイリスト、岩﨑牧子さんに伺いました。

2019年03月19日

テーブルの印象は「色」と「質感」で決まる

「料理教室はテーブルスタイリングも含めてひとつの世界を作り上げているものだと思います。雑誌の撮影現場では、料理を作る人や編集者、フォトグラファーと、私たちのようなスタイリストが共同してそれらの作業を行うのですが、料理教室の場合は、テーブルスタイリングも含めて自分の“食に対する世界観”を料理家が個人の力で作り上げる必要がありますね」

少々ハードルが上がってしまいそうなコメントから始まった岩﨑さんによるスタイリングレクチャー。けれど、いくつかのポイントさえ押さえれば、それほど難しいことはないと言います。

「かつては、食卓にブルー系の色を使うと食欲を減退させてしまうのでご法度だとか、和食器と洋食器を混在させて使うのはダメとか、いろいろ言われましたが、今ではそんなルールはないように思います。私自身、ブルーグレーやパープルといった色は頻繁に使いますし、壁に飾るパネルをトレイ代わりに使ったりと、自由な方向に。また、和食器の作家さんが洋食器のような雰囲気の器を作っていたり、世界的にもボーダーレスになってきていると思います」

そのなかでも料理家として意識すべきは、「色」と「質感」だと言います。

「色で言えば、鮮やかな色かくすんだ色かとか、質感なら、硬質なのか温かみがあるのか。布なら、パリッとした光沢のある素材か麻のようなざらっとした質感か、という違いは細かく見極めた方が良い結果につながると思います」。

自分の好きなものがしっかりと分かっていて、そういうものを軸にテーブル周りのアイテムを買い集めていれば、どのように組み合わせてもそんなに大外れはしないのでは、とも言います。

「私の場合は、鈍い色調でムラのある色合いの布や器が好きで、仕事現場でもよく使います。そういった色に合わせると、和食も洋食も映えると思えるからです。けれどそればかりの一辺倒だとつまらないですよね。アジアや南米の料理などは、カラフルな器に盛るのも楽しいと思いますし、要するにルールよりも自分の好みをよく見極めることが大事だということなんです」

まずはメイン料理を盛る器を選ぶ

では具体的にどんな手順でテーブルを組み立てていくと良いのでしょう。

「基本的に、最も大事なのは料理が映える器を選ぶことです」と岩﨑さん。そのなかでも特に重視すべきは、メイン料理を何に盛るかだそう。雑誌や広告の撮影などの際も、まずはメインの料理がどのようなものになるかについて、できるだけ事前に取材するのだそうです。

「細かいレシピは撮影当日まで決まらないことも多いのですが、使われる食材(特に色)、カットされる食材の大きさ、料理に汁気がどのくらい含まれているのかなどを想像し、リムの広さや深さを意識しながら器を選びます。料理が美味しそうに見えること、実際に使っても無理がないようなものを選ぶことは大事にしています」と岩﨑さん。色の合わせ方については、食材を引き立てる色、逆に溶け込ませる色、どちらの発想でも間違いというわけではありません。

「いずれにしても、“今日の料理をどう見せたいか”という、自分なりの方向性をもっておくことは大事だと思います」。

このようにして、メイン料理の器をまずは決定し、そこからそれを軸にして副菜を盛る器を組み合わせていきます。

上質な白のディナープレートは重宝する

またメインのお皿と同じくらい重要な役割を果たすのが、白いディナープレート。上質な白い皿を用意しておくと本当に便利ですよ、と岩﨑さんが教えてくれました。

「クロスと料理を盛った皿の間にアンダープレートのようにm白い皿が一枚入ることで特別感が生まれますし、テーブルには立体感が生まれます。エスニック料理などの場合は、アンダープレートと料理皿の間に大きな葉っぱを一枚敷けば、さらに料理が生き生きとして見えます。白い皿は、もちろん日常の食卓ではメインプレートとしても使えるので、持っていて損はないと思います。装飾の少ないシンプルなものがおすすめですが、そんな器こそ、丁寧に作られた上質なものを奮発して選んでほしいと思います」

テーブルの“隙間”はナプキンを使って

テーブルの大きさや料理の皿数によっては、テーブルの上に隙間が目立ち、寂しい印象に見えてしまうことがあるかもしれません。そんな時に岩﨑さんが活用するのが、ナプキン。

「基本的に、テーブルの上に現実味のないアイテムは置きたくないというのが私の信条です。少し寂しいかなと思う時に使うのは、ナプキンと、せいぜいソルト&ペッパーくらい。テーブル上に花を飾るというのも立体感や季節感を演出できていいと思います。その場合、食材と花の色の相性を考えることと、香りの強すぎない花を選ぶことが大事ですね」。

同様にキャンドルもテーブルの上に立体的なメリハリを生み出すのに効果的だけれど、アロマキャンドルはNG、とアドバイスが。

「生徒さんが座ってテーブル全体を眺めたり、SNS用に写真を撮ったりするときのことまで想定し、立体感を出すように配慮するのも有効でしょう。小道具で立体感を出すのもいいんですが、料理の器もフラットなものばかりでなく、深さのある鉢なども織り交ぜて、高低差を意識するといいと思います」

ファブリックでテーブルの表情に変化を

実はナプキンだけでもテーブルを華やかにすることはかなり簡単、と岩﨑さん。

「色や質感、大きさの異なるナプキンを重ねると、テーブルの表情はいかようにも変化するので、気に入った布を集めておくといいと思います。器をたくさん買い集めるよりも冒険もしやすいのではないでしょうか。また、限られた予算やスペースを考えるなら、お皿は常にすべて白で揃えてもいいかもしれません。最小限に揃えたシンプルな器で、ナプキンの敷き方や畳み方、組み合わせ方などで変化を見せる方が、生徒さんにとっても楽しく参考になるのではないでしょうか」

もうひとつ岩﨑さんが薦めるのが、テーブルランナー。

「一般的には、横はテーブルより長く垂れ下がり、縦はテーブル幅より狭いものを選んでテーブル中央に敷くと思うのですが、サイズがぴったりなテーブルセンターを見つけるのは難しいことです。なので、テーブルより短いサイズをテーブルセンターとして使ったり、逆に四人がけ程度のセッティングなら、同じものを2枚用意して、テーブルの長辺に対して垂直の向きに2本垂らし、向かい合わせの人同士が1枚のテーブルランナーをランチョンのように使えるようにするのも面白いですよ」

最近のトレンドは「シンプルでちょっと硬質」なもの

最後に、「個人的な好みもあるのですが……」と前置きをした上で、最近のテーブルスタイリングのトレンドを分析してくれました。

「全体的にシンプルでドライな雰囲気が好まれているように思います。ラグジュアリーな雰囲気を出したい時も、最近はゴールドなどを用いるキラキラ系よりは、大理石やコンクリートの天板にアクセント的にコッパー(銅色)系のカトラリーを添えるなど、ちょっと硬質なスタイリングが人気ですね」

ちなみに上の写真はフードマガジン『エル・グルメ』に掲載された一枚(photo: KIICHI FUKUDA/ cooking: CHIE ENDO/ties)。「卵の定番メニューを使っておもてなしをする」というテーマがあり、シンプルな卵のテリーヌを色とりどりの根菜で彩るという料理だったため、天板やカトラリーは硬質で少しアンニュイなグレー調を選び、料理の色をビシッと引き立てるために、エッジの効いた黒いプレートをセレクトしたのだそう。

器が好きな人の中には、老舗ブランドの器をコレクションしている方もいるかもしれませんが、食卓の上をすべて同ブランドで揃えるようなコーディネイトは最近のスタイリングとしてはちょっと重いかもしれません、と岩﨑さん。

「テイストは近いけれど少しずつ違う器を組み合わせるほうが、楽しい演出ができると思います。数人のテーブルセッティングをする場合も、大きい器は揃えていても、取り皿など小さい器はあえてミックスを楽しむのがおすすめです。また洋食和食を問わず、凝った柄の器を使うなら、全体をシンプルにまとめた中に1点だけ入るほうがおしゃれに見えるのではないでしょうか」。

まずは自宅の食器棚の器や手持ちのファブリックを並べ、今の自分の“世界観”とフィットするかどうか、点検するところから始めてみてはいかがでしょうか。

撮影/yOU 取材・文/吉野ユリ子 撮影協力/H.P.DECO

話を聞いた人

岩﨑牧子さん

インテリア&フードスタイリスト

スタイリストのアシスタントを経てフリーに。「ELLE gourmet(エル・グルメ)」(ハースト婦人画報社)などの雑誌や広告、書籍など幅広く活躍。器やキッチン道具、家具などに造詣が深く、古いものと新しいものを融合した独特のスタイルにファンが多い。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(5221) [1]=> int(2306) [2]=> int(1651) [3]=> int(502) [4]=> int(1914) }

人気の記事Pick Up Topics

料理家 サルボ恭子さん【私の駆け出し時代】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

第1回・アスパラガスとグリンピースのスモーブロー【プロに教わる逸品レシピ「オルガン」紺野真シェフ】

料理家は“雰囲気美人”を目指そう! 渡邉季穂さんインタビュー【好感度アップコラム】

テーブルを彩るセンスの魔法、スタイリングセミナー【Kai House Clubイベントルポ】

料理家 山脇りこさん【著者に聞く、話題の料理本出版記】

アスパラガスとフェタチーズのシガール【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...