仕事受注につながる料理家のウェブサイトに正解はある?【料理家のためのデジタル塾】

あなたのサイトは大丈夫? 人気アートディレクターに学ぶ、魅力的なサイトの作り方【料理家のためのデジタル塾】

教室やイベントを開催する上では集客の窓口に、出版や企業とのコラボを目指すならポートフォリオとしての役割も果たす個人ウェブサイト。今や、料理家にとって欠かせない武器でもあります。しかし、なかなか着手に踏み切る勇気が持てず、ずっとSNS頼みだったり、最小限のウェブサイトを立ち上げたままほったらかし状態になったりしていませんか? 今回は多くの企業のサイト制作に携わり信頼を得ている、TRACKのアートディレクター、圓島努さんに、最近のウェブサイトの動向について話を伺いました。

2019年03月14日

レシピは大切な「作品」。テキストとビジュアルで蓄積を

まだ見ぬ人々にも自らの存在を示すことができるウェブサイト。企業や個人事業主にとっては大事な存在と言われていますが、制作には手間もコストもかかることだけに、なかなか開設に至っていない方も多いかもしれません。日々忙しい料理教室主宰者であれば、なおさらです。そこでまず、そもそもウェブサイトを開設する必要性はあるのか、なぜSNSでは不十分なのかを、圓島さんに伺いました。

「例えばインスタグラムはほぼビジュアルだけのコミュニケーションで、しかも写真の見せ方はスクエアに限るという制約があり、Twitterならテキストだけのコミュ二ケーションで文字数に制約があります。根本的に、SNSで伝える情報というのは、基本的には流れていってしまうもの。そのため、すべての情報発信をSNSのみで行うのは、単純に、もったいないなと感じます」。

圓島さんは、料理研究家にとってのウェブサイトの魅力とは、 “アーカイブを蓄積できること”と“ビジュアルと言葉で多くの人に情報発信できること”ではないかと言います。

「毎日教室や雑誌などでさまざまなレシピを提案していると思いますが、それらがその場限りで終わってしまうのはもったいないですよね。ウェブサイトにアーカイブとして写真とレシピを蓄積していけば、いつしかそれは立派な作品集となり、財産に変わるでしょう。“簡単レシピ”“お弁当”“おもてなし料理”など、タグで検索性を持たせれば、ますます価値が高まると思いますし、たまたま料理教室に来た生徒さんや偶然雑誌で見かけた人、といった限られた人だけではない新たな出会いに対し、常にオープンでいられる価値は大きいと思います」

ウェブサイトはブランディングの「軸」になる

またSNSが盛んな時代だからこそ、デジタル上の自分のブランディングを明確にするためにもサイトを持つべき、と圓島さんは言います。

「この料理家さんいいな、この先生どんな人だろう? と思った時に多くの人はグーグル検索をすると思いますが、そこでブログやSNS、取材を受けた際の記事などが上がってきてもそれぞれ断片的な情報だし、各メディア側による表現に加工されてしまって、その人自身の人となりやブランディングが明確になりづらいと思います。そんな時にウェブサイトがあれば、自分が見せたい顔や軸にしたい考え方などに近い形で伝えることができ、ブランディングの起点にできるのではないでしょうか」

まずはフリーのウェブ制作ツールを試してみる

 

とは言え、ゼロからウェブサイトを作るとなると、「制作費が何十万円もかかるのではないか」とか、「難しい操作を覚えなくてはならないのではないか」などと、デジタル素人の方なら不安もあるでしょう。そんな人に向けておすすめなのが、無料、または安価でレンタルサーバーやドメインを取得せずに、SNS感覚でウェブサイトを作れるサービス。これらについても圓島さんに聞いてみました。

「代表的なものだと、“Tumblr(タンブラー)”(https://www.tumblr.com)や“Ameba Ownd(アメーバ・オウンド)”(https://www.amebaownd.com)あたりです。Tumblrはアメリカの企業が運営するサービスですが、デザインのアレンジが自由にできて、アクセサリーを販売するクリエイターや、イラストレーターの方など、可愛いものを魅せる・売ることを目的とした層に人気があるのが特徴です。一方、Ameba Owndはブログツールのアメブロの会社です。大手のサイバーエージェントが運営しているので、説明がすべて日本語でわかりやすいですし、アメブロを使ってきた方には馴染みもあり、一番ハードルの低い手法ではないでしょうか。クレジットカード決済もできるので、ネットショップを手軽に始めたい人にもおすすめです」。

大手ファッション誌やファッションブランドなどもこのサービスを利用して手軽にサイトを立ち上げているという実績もあり、やり方次第ではいくらでも自分らしい表現方法が可能だと圓島さんは言います。

「特にAmeba Owndは、基本のフォーマットにも昨今海外で人気のすっきりとしたデザインを採用しています。デザインや操作方法には個人によって好みがあると思うので、まずは無料のサービスを自分で試して選んでみるのがよいかと思います」。

また、英語に抵抗がない人なら“Squarespace(スクエアスペース)”(https://www.squarespace.com)というサービスもおすすめだそう。

「ニューヨーク発のおしゃれなツールです。有料(月$12〜)であること、ガイダンスが英語になること、多少は自分でやらなくてはいけない要素があることがネックになるかもしれませんが、とにかくテンプレートのデザインが美しいので、手軽に自分らしさを表現するにはぴったりだと思います」。

なお、料理系の方のウェブサイトでは、PC版のみ制作していてスマートフォンに対応していないものを割とよく目にする、と圓島さん。「これからWebサイトを作る場合はスマートフォン対応も必須です。デジタルネイティブやミレニアル世代のユーザーは、PCデバイスを持たず、スマートフォンやタブレットだけでインターネット上のコンテンツに接している人が多い層。彼らとの接点としても、スマートフォンやタブレットなどのタッチデバイスに対応したウェブサイト対応は今後常識と考えた方が良いと思います。Tumblr、Ameba Ownd、Squarespaceなどはスマートフォンに対応した仕様になっているので、その点でも評価できると思います」

今ウェブサイトでポイントになるのは「大きなビジュアル」

上記のツールを使ったサイトでも、ゼロから作る場合でも、今一番大事なのは「大きな写真を使うこと」だと圓島さんは言います。

「海外の人気ウェブサイトは皆、画面いっぱいのインパクトのある写真にテキストを載せたり、その下にテキストをスクロールさせたりしています。美しいビジュアルが大きく、また数多くあることで、老若男女、国籍を問わず、感覚的な共感度が高まると言えるでしょう」。

裏を返せば、いくらデザインにこだわってウェブサイトを作っても、そこに載せる写真が適当なものだと台無しになる、とも言えそうです。

「写真へのこだわりは重要です。色合いやライティングを少し配慮するだけでも変わりますから、ぜひともいい写真を準備してください。最近はスマホカメラでも十分クオリティの高いものが撮れると思います。フィルターをこだわって選ぶなどして、自分の世界観をしっかり写真で表現してみてください」

制作会社にウェブサイト制作を依頼するメリットは?

先述したセルフ制作ツールを使うのではなく、もっとこだわって自分のサイトを作りたいという人や、逆にセルフ制作ツールにさえも尻込みしてしまうというデジタル弱者もいるかもしれません。そんな人には、従来式の制作会社に依頼する方法ももちろんあります。圓島さんが作っているのもそんな人たちのためのウェブサイト。

「制作会社によってスタンスは異なると思いますが、弊社の場合でいうと、自分で作るウェブサイトはセルフプロデュースであり、一方制作会社に依頼して作るものは、ブランディング構築も含めた発注という意味合いがあると考えています。その企業や人が何を伝えたいのか、どんなゴールを目指しているのかを伺いながら、客観的な視点やユーザー目線で興味を持ちたくなるストーリーへと組み直します。そのために僕たちは、その業界で何が重要なのか、業界内でその人やブランドがどういう位置付けなのか、なども含めて人やブランドを理解した上で、スタートからゴールまでのストーリーを組み立てていきます」。

つまり、ウェブサイト制作を依頼するというのは、格好いいデザインを作れるとか、難しいコンピュータの操作を任せられるということのみならず、ブランディングのパートナーをもつということでもあるのです。自分の見せ方に迷っている人ならぜひ、そんな味方をつけたいところ。

制作会社選びは、口コミ+相性を見極めて


ところで、そうなると次に気になるのが「誰に頼めばいいのか」「いくらかかるのか」という問題。

「制作会社によって強いジャンルや得意なテイストが違いますし、相性もあるでしょう。当社の場合も紹介の仕事が多いのですが、知人で素敵なサイトを作っている人がいれば制作会社を紹介してもらい、相談に行ってみるのがいいのではないでしょうか。その時に価格感も聞くといいでしょう」と圓島さん。

その際、自分を伝えるものを十分用意することが大事と教えてくれました。

「見せたい自分を伝えるための視覚的な要素、料理の写真や料理教室の様子、雑誌に掲載された時の記事など、自分を伝えられるものをたくさん用意していってください。それだけあなたに対する理解が深まると思います」

圓島さんおすすめのサイト事例

圓島さんが手がけたサイトやおすすめのサイトと、そのデザインのポイントをいくつかご紹介しましょう。
【TRACK制作サイト事例】

・サーモス日和(https://www.club-thermos.jp/thermosbiyori/

「このページは人選も含め企画制作全体を請け負っていますが、食にまつわる各地の人々を訪ね、サーモス製品と人が出会うことで起きる化学変化を人の持つストーリーと製品の持つ世界観とを組み合わせながら表現することで、製品の“新しい顔“を見せていくサイトです。写真のシズル感も大切にしています」

・ブルガリ イル・チョコラート(http://gourmet.bulgari.com/shop/default.aspx

「サイトの写真撮影の企画・ディレクションから携わりました。専属のショコラティエがまるでジュエリーを作るように丁寧にハンドメイドするブルガリの「宝石」という名を持つチョコレートのコンセプトを、シンプルな構成で最高の素材のシズル同士がぶつかりあい渾然一体となったビジュアルで表現しました」

・CITIZEN Lスペシャルサイト(https://citizen.jp/l/special/index.html

「このサイトではCITIZEN Lの、“太陽の光で充電できる”という製品特徴やエシカルなものづくりを、ブランドストーリーとしてリプレゼンテーションしました。製品のもつ神秘性やアクセサリーとして楽しめるファッション性を、月と光、花や波などのビジュアルと組み合わせて表現しています」

 

【その他の国内の参考ウェブサイト事例】

・DUCASSE Paris(https://www.ducasse-paris.com/fr

「トップページの美しく生き生きとした映像、そして料理の前段階である農作や漁のところから描くことで、料理に対するこだわりが伝わると思います。たまたまみた人も思わず見続けてしまうような映像のストーリー性やクオリティも大事です」。特に最近の若い人は動画が基本になっているため、少しでも“動く”サイト作りは大事、と圓島さん。

・archipelago(アーキペラゴ)(http://archipelago.me/

「サイトの掲載情報はわずかなのですが、トップページの数枚の美しい写真と、そこからリンクされているミニEC掲載の雰囲気ある商品写真で構成されています。これくらいの情報量でも、美しいビジュアルや自分の伝えたい世界観にこだわればブランディングにつながる好例です」

・料理研究家 夏井景子さん

( http://natsuikeiko.sakura.ne.jp/ )

「魅力的なトップページで、温かみのある料理写真と手描きのイラストが優しい雰囲気を醸す素敵なサイトです。料理家さんのウェブサイトには、仕事事例と料理教室情報が混ざって更新されているものが多いなか、更新性の高いお仕事事例と料理教室情報を、それぞれWORKSとblogにうまく分けて定期的にアップデートしているサイト運営の好例だと思います。唯一、スマホ対応していないのが残念な点です。

【その他の海外の参考ウェブサイト事例】

・Laufke(http://laufke.net/

「1923年創業のオーストリアの飲食店のウェブサイトです。数ページの小さなウェブサイトですが、トップページの遊び心のある料理の盛り付けアニメーションや、フレッシュなフード写真・動画等、ユーザーを惹きつける魅力が詰まっています」

・Cuvee Chocolate(https://cuveechocolate.com.au/

「オーストラリアのチョコレートメーカーのウェブサイトです。シックでミニマルなデザイン、チョコレートの雰囲気あるシズル、フェアトレード&エシカル&サステナブルな生産の考え方があいまって、メーカーの矜持を感じさせる美しいサイトです」

 

このように伺ってくると、サイトは単なる「料理教室案内」や「キャリアシート」ではなく、自分のメッセージや目指したい世界観を多くの人に向けて表現するための大切な場所だということがよくわかります。

さて、あなたの今のサイトは、そんなツールになっているでしょうか? 自分を振り返り、未来を見つめながら改めてアップデートしてみてください。

撮影/yOU 取材・文/吉野ユリ子

話を聞いた人

圓島努さん

TRACK アートディレクター/Webディレクター

武蔵野美術大学油学科卒。大学ではコンテンポラリーアートを学ぶ。幅広い企業や商品、サービスの広告・プロモーションを担う企業「TRACK」にて、Webサイトやアプリなどのデザインを中心に、お客様のビジネスやサービス・商品を、エンドユーザーが楽しく・分かりやすく体験できるような「使えるデザイン」を常に心がけている。https://www.track.co.jp

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(2744) [3]=> int(3768) [4]=> int(1651) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

サンデーベイクショップ直伝!「りんごのトレイベイク」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

茂村美由樹さん 私のとっておきの一皿

料理家を支えるクリエイターたち スタイリスト・佐々木カナコさん

吉見ななえさん主宰「お菓子教室プレシュ」

話題のシェアキッチン「キッチンベース」って知ってる?

谷尻直子さん 出版とレストランの2つの軸への思い

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...