Facebook(フェイスブック)のビジネス活用術!企業ページを作ろう【料理家のためのSNS講座】

SNSは、今やビジネスに欠かせない強力な集客ツール。料理家の皆さんにとっても、集客のみならず情報収集に、ブランディングに、そして生徒の皆さんとのコミュニケーションにと、無限の可能性があります。そんなSNSを通した料理画像の投稿でファンを獲得し、Instagramフォロワー25万人以上をもつ料理家のHIGUCCINIさんに、成功の秘訣を伺うこの講座。2回目は、Facebook(フェイスブック)のページ作成方法から、ビジネスでの効果的な使い方について紹介しましょう。

2018年04月9日

Facebookは、TwitterやInstagramと何が違うの?

今、マーケティングの手法として注目されているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にはさまざまなものがあります。主だったものにはFacebook、Twitter、LINE、Instagramなどがありますが、特に企業が注目し、多くの会社が公式アカウントを持つのがFacebook。

Facebookの顕著な特徴は、写真とテキストと、両方同程度のボリューム感で読み手に訴えるという点です。Twitterが文字中心、Instagramが写真中心のSNSであるのに対し、Facebookはどちらの視点でも読みやすい構造になっています。またFacebookは実名登録が原則となっているため、宣伝ツールとして使いやすいこと、コメントを投稿する人も実名を出しているため誹謗中傷などで“炎上”に発展することが少なく、ビジネスツールとして安定したメディアであることなどが挙げられます。「Facebookは実名登録で面識のある人とつながり合うことが多いため、いい意味でも注意すべき意味でも、お互い“逃げられない“メディアです。それによって守られる面も、リスクにさらされる面もあるということを意識して使ってください」とHIGUCCINIさん。

 

Facebookはビジネスアカウントの企業ページと個人ページを両方持つべし

「Facebookの特徴は、個人アカウントと「Facebookページ」という企業アカウントの両方を持てること。だからこそ、この2つをうまく使い分ける必要があります」とHIGUCCINIさんは言います。

個人ページしか使ったことのない人は、「企業アカウント」と言われてもピンとこないかもしれません。

作り方は簡単で、個人アカウントを開設した時と同様に、「Facebookページを作る」というページから入り、指示に従って必要情報を入力していくだけ。現在個人アカウントを持っている人も、それとは別に企業アカウント登録が可能です。登録が完了すれば、これであなたも自身の教室についてもう少しビジネス寄りな発信をすることが可能に。このページの最後に詳細をお伝えしますので、ぜひご覧ください。

「Facebookページ」を設定すると、これまで個人アカウントではできなかったこと、例えば、不特定多数の人々に向けて企業として「いいね」を求めることや、管理機能を使ってコミュニティの構築などができるようになります。今までなら口コミや地道な努力でしかなしえなかった「教室の宣伝」や、「生徒同士のコミュニケーションをうまく盛り上げる」ことなどができるようになるので、未体験の人はぜひ試してみてください。

さて、話を戻しましょう。個人の顔と料理家の顔、同じ名前で活動しているとしても、プライベートな顔とビジネスの顔は分けるべきだとHIGUCCINIさんは語ります。

「家族や友人知人とのコミュニケーションはすべて個人ページで投稿することとし、ビジネスの場である自身の企業ページには混在させないほうがスマートです。生徒さんの中でも親しくなった方は“先生のプライベートな部分も知りたい”と思うかもしれませんが、そういう方には個人ページをフォローしてもらえばいいこと。料理家として発信すべき企業ページに家族や友人とのプライベートショットを投稿するのではなく、あくまでご自身のブランディングを意識し、見せるべき情報をきちんと選んで投稿することが、生徒の集客にもつながるし、また料理家としての価値を築いていくための正攻法ともいえるでしょう」。

二つの顔を使い分けて教室運営を行うのは難しそう、と思うかもしれませんが、プライベートとオフィシャルを分けるのは、今後の料理家に求められる条件でもあります。また、ビジネスアカウントを上手に利用できていることで、企業や出版関係者からも注目され「ビジネスセンスがある」とみなされることにもつながります。使い分けに悩んだら、憧れの料理家や、個人で事業をしている著名人のアカウントをチェックして、投稿の仕方を事例として学んでみてはいかがでしょうか。

親密なコミュニケーションに活用する

グループページやイベントページを作成できるのもFacebookの特徴です。「教室を運営している料理家さんなら、こういったグループページやイベントページを利用して、生徒の皆さんとより深く交流したり、新たな生徒さんの獲得につなげたりすることができます。クラスごとにグループを作ることもできるので、クラスごとに次のレッスン内容の告知や準備物についての情報を掲載するなど、掲示板や連絡網的な機能として活用すると、教室の運営がずっと楽になるのではないでしょうか」。

Facebookは「いいね」と「シェア」で広がる

FacebookはInstagramと違い、個人のアカウントについては友達数の上限が5,000人と決まっています。その点も重要な特徴だとHIGUCCINIさんは言います。

「上限が決まっているからこそ、Instagramのように“フォロワーを増やす”ことを目指すのではなく、コミュニケーションツールとしての側面を意識した情報発信が効果的です。また『いいね』機能や『シェア』機能があるため、興味関心の近そうな人から、さらにもっと近しい人々へリンクしていく可能性が高いという特性もあります。“誰が発信している情報か”“誰とつながっている人の情報か”という人間関係が重要な意味をもつツールだということを頭において活用するといいでしょう」。

Facebookをビジネス利用する際の使い方の注意点

「Facebookは個人情報だらけの場所」とHIGUCCINIさんは警鐘を鳴らしています。

「ふだん会っている生徒たちが見てくれていると思っていても、知り合っている同士の人間関係の人だけが目にするわけではありません。自分自身の個人情報の開示についてはもっと慎重になる必要がありますし、生徒さんなど、周囲の人々の個人情報の扱いに関しても十分配慮して行ってください」。

例えば生徒と一緒にレッスン風景の写真を撮る場合、勝手にタグ付けをするなどがNGなのはもちろんのこと、顔が写っては困る人がいないか、撮影前に必ず確認する必要があります。自分自身に関しても、生徒が悪意なくレッスンの場所が特定できるような投稿をしてしまう可能性だってあります。自宅兼教室という場合は、近隣の住所情報がわからないようにする、防犯上の理由から長期不在にする時期を明確にしないなど、想像する以上に注意が必要かもしれません。

ビジネスアカウントの企業ページ活用法、広告を掲載しよう!

もっと積極的に営業ツールとして使いこなすために、Facebookには、企業ページを使用している場合「広告」という機能があります。Facebookページの宣伝とともに、投稿を広めたり、ウェブサイトへのアクセスを促したりといった効果が期待できます。タイムラインに友達の書き込みと並列に表示されるので、一般的な広告よりも読まれる確率が高いと言えます。

また、広告を掲載する地域やターゲット年齢、性別、言語、趣味・関心などを設定することによって、自身のターゲットにフィットした相手に情報を届けられることも魅力的です。予算や掲載期間も設定でき、少ない予算でも実行できるので、個人でもトライしやすい広告形態です。

Facebook企業ページにある「インサイト」を分析に活用する

Facebookの企業ページには、「インサイト」というタブがあります。これを開くことで、1日〜4週間の間に新たにどんなフォロワーがついたか、どれだけ見られたかなどがデータで表示できる分析機能です。どんな時間帯やどんな曜日に反応が多いのか、どんなコメントに良い反応が着くのかなどを分析することで、より潜在顧客のニーズにフィットした投稿を適切なタイミングで行えるようになります。潜在顧客とはすなわち、あなたの料理教室に興味を持ってくれるであろうまだ見ぬ人々のこと。「Facebookを集客対策に取り入れたけれどなかなか結果につながらない」という人は、このデータを見て分析しながら手法を変えてみると良いでしょう。

Facebook企業ページの作成方法

1)アカウントを開設する

まずFacebookのページ作成画面に入ります。個人のアカウントをもっている人なら自分のページを開いたところで左側のタブの下の方に「作成」→「ページ」という項目とかがあるのでここから開きます。料理教室を構えている料理家なら「ローカルビジネスまたはスポット」を選ぶと良いでしょう。教室だけでなく、調理器具や調味料の商品開発に携わっているなど、多様な活動をしているなら「会社または団体」、テレビや講演などの活動が多い人なら「アーティスト、バンドまたは著名人」をセレクトするのもいいかもしれません。

2)Facebookページ名を決める

ページに入ると、最初に「ページ名」を記入する欄があります。「ローカルビジネスまたはスポット」「会社または団体」をセレクトした人は、個人で活動している人でも、料理教室名や屋号、法人名をタイトルにするほうが良いでしょう。

3)カテゴリを設定する

次にページカテゴリ名を決めます。「料理家」「料理教室」「クッキングサロン」など、誰が見ても分かる名称を設定します。「幸せを食卓に」とか「みんなが笑顔に」など、その人ならではのこだわりキーワードなどがあるかもしれませんが、これは不特定多数に見られるキャッチ。まずは料理教室主宰者であることが伝わらなければ元も子もありませんのでくれぐれもご注意を。

さらにその後に続く「電話番号」「郵便番号」「都道府県・市区町村」「住所」も順に続けて記入します。自宅兼料理教室、または自宅兼事務所で、一般に所在地を公開していない場合は、番地などは掲載しないほうが良いでしょう。電話番号についても同様に、「いつ誰からかかってきても良い番号」を記載するように注意してください。

4)プロフィール画像とカバー画像を設定する

スタートすると最初に写真の設定を要求されるので、プロフィール画像及びカバー画像をセレクトします。プロフィール画像は個人名で活動している場合は顔写真、教室名で活動している場合は、料理写真やロゴでもいいでしょう。カバー画像は横に長いレイアウトになるので、そのデザインを意識した写真選びをしましょう。

5)基本データを入力する

教室の内容や料理家としての活動内容の説明、ページのユーザーネームの作成などを行います。企業のウェブサイトがあればそのURLを入力しておくと、関心を持ってくれた人をウェブサイトに誘導しやすくなります。FacebookページのURLも一部分を独自のものに変更することができるので、教室名や個人名など、わかりやすく、入力しやすい長さのものを設定するとよいでしょう。

6)管理人権限を設定する

Facebookの企業ページは、複数の関係者で管理することができます。アシスタントの方やスタッフの方などの人で管理したい場合は、管理者を追加しましょう。管理者は、ページ名でのメッセージの送信や投稿、ページのコメントへの返信や削除、広告の作成、投稿やコメントをした管理者の確認、インサイトの閲覧などができます。

 

まとめ)企業ページと個人ページの使い分けが、Facebook成功の秘訣!

いかがでしたか? これまで個人のFacebookアカウントを仕事にも使ってきた人は、まずはビジネス用の企業ページを設定すること、その上で、個人と料理家のアカウントを使い分けることが、料理教室としてのブランディングや新たな集客などにつながります。ぜひ始めてみてください。

撮影/神林環 取材・文/吉野ユリ子

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(2617) [1]=> int(1860) [2]=> int(2460) [3]=> int(1511) [4]=> int(945) }

人気の記事Pick Up Topics

料理家 高橋雅子さん【私の駆け出し時代】

料理家 渡辺有子さん【私の駆け出し時代】

「教室運営を本気で仕事にする!」セミナー【Kai House Clubイベントルポ】

料理家 渡辺麻紀さん【私の駆け出し時代】

「Kabi(カビ)」驚きと感動の連続! 伝統的な技法を駆使した新たな解釈の日本料理

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

人気カメラマン直伝。ビジネス用プロフィール写真の撮り方のコツ【好感度アップコラム】

ごぼうと鶏のから揚げの温きんぴら ハーブサラダ添え【プロに教わる逸品レシピ 「BOLT(ボルト)」仲田高広シェフ】

料理家 高橋雅子さん【私の駆け出し時代】

「教室運営を本気で仕事にする!」セミナー【Kai House Clubイベントルポ】

未経験者・初心者でも大丈夫! イベント開催の成功法【ビジネスマナー塾】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...