著書出版後に目指すのはおいしさの共有

インタビュー

おしゃれに見えて手軽に作れる。確実に味が決まる。そんな、誰もが求める再現性の高いお菓子や料理のレシピで定評のある料理家の若山曜子さん。子どもの頃からお菓子作りに触れ、フランスで技術とセンスを磨いた若山さんの、お菓子作りや料理に対する想いを聞きました。

>>あの人気料理家も登場! これまでの記事はこちら

2018年12月13日

手作りのおいしさを共有したい

子どもの頃からお菓子とレシピ本が好きで、そのまま料理の道へと真っすぐ歩んできた若山さん。今でも、自宅キッチンでお菓子を作っている時間が、何よりも好きだといいます。

「イベントやテレビに出て話すのは上手くなりたいと思いつつ、なかなか慣れなくて。でも、これからもいろんなおいしいものに出会って、おうちのキッチンで作りやすいレシピにして、それをいろんな方法でお伝えしていけたらいいですね」

今後は、海外で出合った使いやすいキッチンツールなど、食にまつわるレシピ以外のものも紹介していきたいと笑顔で話す若山さん。

「レシピ本を出すという夢は叶ってしまったので、おいしいって思ってもらえたら、それが一番の幸せです。私のレシピでお菓子や料理を作ってくれた人の写真やコメントを、SNSで見るのも楽しみのひとつ。SNSがあれば、一方通行ではなく、つながりができるのが楽しくて。おいしいものを共有できるのが、何よりうれしいです」

Pages: 1 2 3

撮影/大木慎太郎 取材・文/江原裕子

若山曜子(ワカヤマ ヨウコ)
製菓・料理研究家。東京外国語大学フランス語学科卒業後、パリへ留学。ル・コルドン・ブルーパリ、エコール・フェランディを経て、パティシエ、グラシエ、ショコラティエ、コンフィズールのフランス国家資格(C.A.P.)を取得。パリのパティスリーやレストランで研鑽を積み、帰国。現在は自宅での製菓・料理教室のほか、書籍の出版、雑誌やテレビ、企業へのレシピ提供など幅広く活躍している。

製菓から料理まで、数々のレシピ本を手掛け、そのどれにも思い入れがあるという若山さん。ここ最近で転機になったのが、2018年春に出版された『30分で3品!  毎日のふたりごはん』(家の光協会)(写真・右)。これまで1品料理のレシピ紹介が多かった若山さんが、初めて手掛けた献立本。「組み合わせでここまで提案できれば、自分もちゃんと料理家だなぁって(笑)。料理は学校ではなくフランスの家庭で普段のフランスの味を習ったくらいなのですが、納得できるレシピが紹介できたと思っています」


フランスの蚤の市で出合ったアンティークの食器類。自宅で日常に使用するほか、著書にもたびたび登場。ケーキスタンドやキッチンツールなども海外で見つけてくるものが多く、使いやすさと美しさを兼ね備えたものが好みだそう。


料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...