売り込みベタにおすすめ、売り込まずに売り込む方法【ビジネスマナー塾】

「控えめでいるのが美徳」という日本的教育のもとで育てられた、いわゆる「お嬢様」的な人が多いと言われる、料理研究家。しかし「のんびり楽しく料理教室を続けていたが、いつの間にか教え子や知人の料理研究家がどんどん企業やメディアの人たちと仲良くなり、雑誌やテレビで見かけるようになって悶々としてしまう……」というのもよく聞く話です。「自分から売り込むなんて苦手だし出来ない」と思っていませんか? そんな悩めるフリーの料理研究家がどうすれば良いかを考えてみました。

>>売り込みベタな人のためのPR資料作成術
>>企業やメディアに愛される料理家の秘密
>>正しい自己紹介の方法とは

2019年02月12日

自分を売り込むのは格好悪い?

これまでにこのウェブサイトでは、さまざまな自己PRのためのアプローチ方法をご紹介してきました。自分という存在を世に知らしめ、料理の腕やセンスを武器に楽しくワクワクするような仕事を得るにはどうすれば良いか。あと少しでチャンスがつかめそうなポジションにいる人ほど、客観的にそれを認識することができず、もがいてしまうことが多いというのはすでにたくさんの事例でお伝えしてきた通りです。

前回は「自分を売り込むための効果的な資料作り」について考察しましたが、今回はそれよりももっと根源的なことについて考えてみたいと思います。それは、「自分を売り込むとはどういうことなのか」について。

料理を仕事にするフリーの人の中には、主宰する料理教室の生徒数が増えないことや、雑誌やテレビでの活躍のきっかけさえ見出せないこと、企業やブランドとの接点をつかめないことに悩んでいる人が大勢いることでしょう。そんな時、よく聞くのが「私は引っ込み思案で売り込みなんて出来ないから」「私は押しが弱いから」という“自己分析”。その背景にあるのはおそらく、幼い頃から「人を押しのけてまで前に出るなんてみっともない」と厳しかった両親の存在や、「私は私は」と押し出しが強い(ように見える)同業者への密かな嫌悪感があるのではないでしょうか。特に前者の「前に出るのはマナー違反」という、日本独特の古きゆかしき美徳は、フリー稼業にとっては無意識のうちに大きな足かせになっていることも多いものです。

しかし、自分を売り込むことは本当に格好の悪いことなのでしょうか? それはきっと違います。おそらく自分を売り込むことが苦手なのではなく「周りが引いてしまうような強引な方法で自分を売り込むこと」ができないだけ。でも、そんな必要はありません。昨今、テレビや雑誌で活躍が目覚ましかったり、企業やブランドと組んで知名度も稼ぎも上げている料理家というのは、意外に「私が私が」という典型的な自己押し出し型の人は少ないものなんです。

では、活躍出来ている料理家というのはどのような方法で自分を売り込んでいるのでしょう?

 

 

売り込むのではなく「私と仕事すればメリットがありますよ」と示す

ストレートな言い方をすると、活躍中のフリーの人というのは、料理家に限らずシェフでもスタイリストでも「わかりやすい売り込みはしない」ものです。では、売り込みをあまりしないのに売れっ子になっているのはなぜか? 彼らは自分の言動やこれまでの事例、SNSやウェブサイトなどを駆使して、「私と一緒に仕事をすればいいことがたくさんありますよ、収入増に繋がる可能性が見つけられますよ」というメッセージをたっぷりと発信しています。いわば、過去の仕事例やSNSでの投稿が、モノを言わない彼らの“影の宣伝部長”を務めてくれているのです。しかも、それらの力は絶大です。料理家本人は特に営業活動も行わず、毎日目の前にある仕事に邁進しているだけなのに、知らないところで過去の仕事例やSNSを見た人々が興味を持ってくれ、次々と新しい仕事の話を持ちかけてくるのですから。

逆に言えば、売り込み下手で自己PRに自信のない人も、だからといって無理をする必要はないということなのです。必要なのは、もう少し戦略家になること。自分という人材が、相手にとって(ここが重要です)どんなメリットを与えられるかを具体的にわかりやすい数字や実績などで示せること。そのための材料作りを日頃からきちんとやっておくことが大切です。

意外に効果が高く、そして今日からでも始められる「売り込まずして効果的に売り込むコツ」をいくつかここでお伝えしましょう。

売り込まずに売り込む方法1. ありあまる情熱は言葉以外で証明する

「売り込みは苦手」と感じている人の多くは、ガツガツするのはお行儀悪い、という認識をお持ちでしょう。それはビジネスシーンでは正しいことです。ただ、そんなつもりはなくてもついつい、大好きな料理のこととなるといつものテンションを上回り、水を得た魚のように夢中で語ってしまうこと、ありませんか? SNSなどはいくらでも自分の言葉で自分を表現できてしまうので、まさにあふれる情熱をノンブレーキで世界にぶつけてしまっているかもしれません。

もし上記のようなことに覚えがある場合、今日から少し作戦を変えてみませんか? 例えば、「パンが好きという情熱は誰にも負けない」という思いを口にしたり文章にしたりするのではなく、淡々と実績に変えていくというような。次から次へと創作するパンを生徒に教えているうちにレパートリーが1000を超えたとか、日々季節の食材を用いたパンを焼き、それを美しいビジュアルと静かな言葉でインスタグラムやブログで投稿し続けていたら、サムネイルが多彩な作品集になっていた、とか、例を挙げるならそういったことです。どれほど言葉少なにしていても、それらを目にした人はあふれる情熱を感じてくれるでしょうし、その才能を生かした仕事もたくさんあるのではないでしょうか。

 

売り込まずに売り込む方法2. 世の中の流れを貪欲に知る努力をする

こんなことが売り込みにつながるの?と思われるかもしれませんが、何よりも効果があるのがこの方法かもしれません。フリーで働く人は、自らが属する業界の情報には敏感です。おそらく、これを読んでくれている方も、最近話題になっている調味料や新しくオープンしたレストラン、人気の料理本などのことは、誰よりも詳しいことでしょう。

しかしその一方で、「他の業界のことは何も知らない」という人が多いのも事実。けれど、ここに大きなビジネスチャンスがあります。というのも、自身の業界にいくら詳しくても、同時に、そこにはライバルの同業者がひしめき合い、皆が必死にチャンスをつかもうと手ぐすね引いているわけで、これから活躍していこうと考えている人が飛び込むにはなかなかハードルの高い世界です。ドボンと飛び込んで、多くのライバルたちとゼイゼイ言いながら死闘(?)を繰り広げるよりはおそらく、「まだ台頭する料理家はいないけれど、今後多くの人々に望まれるであろうジャンル」を探す方が近道になるかもしれません。

ここで必要になるのが、専門外の情報です。

少し脱線しますが、思い出していただきたいのは「タニタ食堂のレシピ」の大ヒットです。健康機器のメーカー「タニタ」が、運動不足やダイエットに悩む社員に向けて社員食堂で提供していた料理をレシピ本にして出版したところ、空前の大ヒットとなり映画化までされました。レシピ本は500万部に迫る勢いで、現在では全国に「タニタ食堂」がフランチャイズチェーンとして展開されているのは多くの人々の知るところです。いくつかのきっかけが複合的に重なったのでしょうが、「美味しくて健康的に無理なく痩せられる食事は、現役世代のサラリーマンに支持されるだろう」と考えた最初の人物こそ、目指すべき姿です。自分が作りたい料理はいったん視野の隅に置き、必要とされるジャンルは?求めている人々はどんな層?という問いを持ってみてください。敏感に世間の情報を追っていれば、その糸口に気付けるかもしれません。

情報を得るためには様々な方法がありますが、偏らないようにするのがコツです。ビジネス系ネットニュースの会員になって世界の商業的なニュースに精通する一方で、朝の主婦向け情報番組で紹介される話題のダイエット法にも目を向ける、など。ヒントはあらゆるところに隠れています。SNSでは、仲良したちのプライベートの投稿も眺めつつ、著名な実業家や敏腕プロデューサーをフォローして、彼らが日々何に着目し、どんなことを発信しているかチェックしていると、世の中の大きなうねりを次第に感じられるようになります。そこに、自身が料理の腕を生かして出来ることを当てはめれば、新たなニーズにつながるかもしれません。

 

売り込まずに売り込む方法3. ビジネスライクなコミュニケーション力を身につける

誰とでも臆せず仲良くできるコミュニケーションの力は、おそらく料理教室を主宰しているような方であれば自信のあるところでしょう。しかし、ここで言うコミュニケーションはビジネスの現場でのやりとりを指します。あまりに多岐にわたるのでグッと絞ってお伝えするならば、下記のようなことが難なくできるようになればそれだけで、無意識のうちに相手から「この人とは仕事がしやすそう」と思ってもらえる=売り込みにつながります。

  • メールを使って簡潔に短い文章で必要条件が伝えられる
  • レスポンスが早い(すぐに答えられなくても、まずは「メール拝受。●日までに戻します」などと返信する配慮ができるなど)
  • レシピや企画書などの文章に間違いが少なく簡潔である
  • 朗らかで健康的な明るさがある
  • 相手の状況を把握し、慮(おもんぱか)る努力をする

最後の「相手の状況を知る」のは、これは学生時代に就職活動を経験した人ならピンと来るかもしれません。そう、企業研究のことです。徹底的な自己分析結果をもとに自分の長所を滔々と語る人よりも、「御社が先週先行発売された商品、早速試してみました。意外に@@@@@@なところが周りの友人たちの間でも好評でした」などと言って、ちゃっかり相手から気に入られ、質問責めにあう学生を思い浮かべればイメージできるかと思います。「ちゃっかり好かれる」というのは、ビジネスシーンで求められるコミュニケーション力を物語っているといえます。もちろん、その後の付き合いにおいては、その裏に実は誠実で真面目なキャラクターもあると示さなければならないのですが。

 

売り込まずに売り込む方法4. いつでもアクセスしてもらえるようにしておくこと

これだけSNSやインターネットが発達した世の中では、知り合った相手だけが仕事を発注してくれるとは限りません。それどころか、思わぬところであなたの活動が注目され、知らない企業の知らない人ばかりの会議の席で「インスタグラムでこんな料理を発信している料理家がいるんです。この人に仕事をお願いするにはどうすればよいだろう?」などと打ち合わせが行われている可能性が大、なのです。

そんな時のために絶対にやっておきたいのが、「アクセス手段を明らかにしておく」ということ。自分へのアプローチの手段をたくさん準備しておくのは、いわば仕事のチャンスに対して“はしご”をかけておくようなものです。インスタグラムであればプロフィール欄に「お仕事のご依頼はDM(ダイレクトメッセージ)からどうぞ」と一言入れておくとか、ウェブサイトを作るなら「お仕事のご依頼はこちらから」と、簡潔なメールフォーマットを用意しておくなど、できることはたくさんあります。ケータリングで配るフードに、仕事依頼用のメールアドレスを印刷したオリジナルカードやシールを添えたり、会う人ごとに「こんな仕事があったらやりたいと思っているので、もし推薦していただけるシチュエーションがあったら、私のことを話してもらえたらうれしい」と伝えておくことも、効果のある方法です。

また、SNSの投稿では「仕事の用命があれば受けますよ」というニュアンスを漂わせておくことも大事です。季節の料理の写真に添える言葉が、その食材や料理への思い一辺倒であるよりは、「この食材を使う料理であれば和洋中スイーツといくらでもアレンジが可能。生産者の方と繋がれたら情報交換できてさらに楽しいことができそうです」などと書いておけば、見ず知らずの生産者や食材による町おこしを考えている地方の自治体などに注目してもらえるかもしれません。

そんなしたたかさが、これからのフリーの料理家には必要不可欠といえそうです。

乞われて仕事をする立場の方が楽

売り込み下手を自認する人に、売り込まずして自己アピールができるさまざまな方法についてお伝えしました。結局、自分を宣伝するのが苦手だと考えている人が、短期間で、言葉巧みに自らの価値を見ず知らずの相手に語って仕事を得るなんて難しいことなのです。慣れない営業電話をかけたり、メールで見知らぬ人に「こんな仕事があったら私にご用命ください」とお願いしたり、あるいはパーティーやイベントに参加して「私と仕事をすればいいことがありますよ」とワイングラスを片手に語るなんて、ものすごく難しそうだと思いませんか?

ありがたいことに、今ではそんなことはしなくても他にもいろんな手段が持てる時代になりました。SNSやネットの世界でプレゼンスを示すことが上手な人は、特に営業をしなくてもいろんな世界の人が注目してくれ、仕事の発注が舞い込んできます。学生や地方在住、主婦など、特に特別な世界との繋がりがなく社会経験も乏しかったとしても、LINEのスタンプ制作でブレイクしたり、ネット通販で自身の作品を展示販売するようなことも可能です。You Tuberと呼ばれる人々が自宅の部屋や学校を舞台に世界的な人気者になるケースだって珍しくありません。

自分から売り込み営業をするのが難しいと考えているなら、せめて自分の代わりに“営業”してくれるSNSやウェブサイトの制作に力を注ぐ方が、現実的ですし楽しく努力できそうです。そして、「私に仕事をさせてください」とお願いするのは大切ですが、「あなたにお仕事をお願いしたいのですが条件はどのようなものですか?」などと発注主に乞われて仕事に着手する方が、やはり精神的なアドバンテージが取れる分、楽です。

まとめ

2回にわたって「売り込み」について考えました。売り込むという行為をガツガツやると、ライトな仕事感覚が定着した現代においては、逆に相手に躊躇を与えてしまうこともあります。これからの時代は、売り込まないで自分の価値を伝えたものが勝ち。しかし、そのためには自分の作品(料理やレシピ制作、教室などすべてのことです)、自分の日常を映すもの(SNSなど)は徹底的にブラッシュアップし、あなたに代わってそれらに働いてもらわないと。

今すぐ出来ることも、お手本にしたい例も、身の回りにはたくさんあるはずです。自分をアピールする作戦について、一度立ち止まって考えてみませんか。

 

写真/Unsplash

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...