Twitter(ツイッター)ビジネス活用術! アカウント開設から広告の使い方まで【料理家のためのSNS講座】

今の時代、ビジネスで成功するうえでSNSは無視することのできないツールです。情報発信に、情報収集に、ブランディングにと、幅広く活用できるこの道具をうまく活用していきましょう。
SNSを通じた料理画像の投稿でファンを獲得し、Instagramフォロワー25万人以上をもつ料理家のHIGUCCINIさんに、成功の秘訣を伺うこのデジタル講座。3回目は、Twitter(ツイッター)のページ作成方法から、ビジネスでの効果的な活用方法について紹介します。

2018年05月14日

TwitterはFacebook、Instagramと何が違うの?

 

これまでInstagramFacebookについてそれぞれの特徴とビジネスでの活用法を紹介してきましたが、Twitterには他とは違うどんな特性があり、どのように活用すれば良いのでしょうか。
まずTwitterにどのような特性があるのかを考えてみましょう。最も特徴的なのは、1投稿あたりの文字数の上限が140字に制限されていること。また、一般的に文字情報を中心としたSNSとして捉えられているということです。他に、Facebookとの違いとしては「匿名で登録できること」があり、Instagramとの違いとしては、リツイート(シェア、拡散)ができることが挙げられます(Instagramでもリポストが可能ですが、それよりはもう少し広義)。それがどのような意味をもたらすのかについても、考えていきたいと思います。

 

Twitter用語をマスターしよう

ビジネスでのTwitterの活用法を考える前にまず、このSNSだけで独自に使われているいくつかの用語を紹介しておきましょう。初心者はそれらを耳にするだけで「はてなマーク」が頭をよぎり、拒否反応を示してしまうかもしれませんが、以下に挙げた代表的な言葉だけでも知っておくと便利です。
●ツイート:つぶやき、書き込みのこと。本来は小鳥のさえずりのことで、ここから「ツイッター」という名称が誕生している。
●リツイート(RT):Facebookの「シェア」と同様の機能。他の人の投稿を自分の投稿と同列に、自分のタイムラインで発信することができる。その際は「◯◯さんがリツイート」という表示になる。
公式リツイート(RT):他の人の投稿に、コメントを加えたり改変したりせずに原文をそのままリツイートすること。
●非公式リツイート(QT);他の人の投稿を引用し、一部を改変して投稿すること。
●リプライ(リプ):@(相手のツイッターID)でツイートすることで、相手のツイートにコメントや返信をすること。
●タイムライン(TL):自分のホーム画面を開いた時の、自分がフォローしている人のツイートや自分のツイートなどが時系列で並んでいるライン。
●フォロー:気になる特定の人の投稿が常に自分のタイムラインに表示されるようにする機能。
●フォロー返し(フォローバック、リフォロー):フォローしてくれた人に対して、こちらからもフォローをすること。
●ダイレクトメッセージ(DM):タイムラインに表示するのではなく、本人だけに見られる直接メッセージ。

HIGUCCINIさんが考える、Twitterの特徴とは?

最初にTwitterの機能の特徴として、「匿名性」「文字数」「リツイート」を挙げました。これはどのような意味があるのでしょうか。「TwitterはInstagramと同様に匿名性が高いメディアですが、文字が中心だということもあり、Instagram以上に相手がどんな人なのかわからない、より匿名性が高いメディアと言えます」とHIGUCCINIさんは言います。
「ほかのSNSに比べても投稿数が多く、またリツイートしかしない人もいるので、あまりフォロワーの属性に神経質にならなくてもいいと思います。Instagramに比べて男性が多い傾向があるので、もし料理を仕事にしている人がInstagramとの差をつけた展開にしたいと思うなら、男性の嗅覚や好奇心に響くことを考え、オシャレやヘルシーさよりも“うまそうなもの”を投稿するのがいいのではないでしょうか」

若い女性層も、Twitterでは実は狙い目

Facebookと比べ、Twitterの利用者は若年層が多いという傾向があります。10代〜20代ではFacebook、InstagramよりもTwitterを利用している人が圧倒的に多いという調査結果も。また10〜20代はSNSに費やす時間数そのものが他の世代に比べて圧倒的に多く、女性に特にその傾向が強いというデータもあるので、学生や料理初心者などの若い女性をターゲットにしている料理教室なら、Twitterでのビジネスとしての情報発信は効果的と言えるでしょう。

140文字の文字数制限をどう生かす?

140文字という文字数制限があるのがTwitterの顕著な特徴。その結果「短くてインパクトのある情報」を「どんどん流す」という文化が定着し、「即時性」「トレンド性」「直感性」ということが重視されるメディアになりました。読む人もそういった「パッとわかる情報」を求めているといえます。
「何が求められているか、すぐにはわからないかもしれませんが、Twitterでは頻繁に投稿することが嫌われない文化があるので、どんどん投稿数を増やして、トライアンドエラーを行ってみることが大事」とHIGUCCINIさん。「例えば、少し前に僕が提案した、はんぺんで簡単に作れる骨型のおでんだね“はんぺんボーン”は、ほとんどTwitterだけで人気に火がつきました。ビジュアルもほめていただけたのですがもう一つ、Twitterで盛り上がりそうな“言葉探し”も大事な要素かもしれませんね」

「なう=今」、世の中で起こっていることがわかる

今何をしているかを伝える流行語、「◯◯なう」を生み出したのもTwitter。その「即時性」という特徴から、Twitterはトレンドを読むメディアとしても活用できる、とHIGUCCINIさんは言います。
「SNSで今日はどんなテーマの投稿をしようかと迷った時、Twitterのタイムラインを眺めていれば、ニュースやトレンドのキーワードが目に入ってくると思います。 “巷の情報”とのつながりが強いSNSなので、情報収集のツールとして使うのもいいでしょう。また情報発信の観点では、テレビとの親和性がとても高いので、テレビ番組の情報とうまく絡められると、いわゆる“バズる”(SNS上で一気に話題になる)チャンスがグッと上がるのではないでしょうか。例えばNHKの大河ドラマ「西郷どん」の番組放映直後に、「番組に出てきた鹿児島料理を現代風にアレンジして作ってみました」などと自作料理をアップすれば、これまでリーチできていなかった層にも一気にフォロワーが増える可能性があります」

カジュアルなメディアとしての長所と短所

Twitterは他のSNSに比べて他人とのコミュニケーションの敷居が低いメディア。井戸端会議のように何気なく話題に参加し、言いたいことを言うこともできます。その気軽さは確かに魅力的ですが、同時にビジネスとしてはリスクも多いとHIGUCCINIさん。
「料理研究家として使っているアカウントであれば、料理以外の話には首を突っ込まないのが鉄則です。政治やゴシップなどのニュースに料理家アカウントで意見を出すのはとても危険なこと。浮き足立ってしまっているニュースや、炎上(誹謗中傷などのネガティブな形で盛り上がっている状態)しかかっている情報には、接触しないのが賢い付き合い方でしょう」

 

たったこれだけ! Twitterアカウントの取得方法

ツイッターのアカウント作成はとても簡単です。ここではiPhoneでアカウントを作るケースをご紹介します。PCでの作り方やアンドロイドとは少し異なりますが、大きくは変わりません。
まず、Apple Storeからツイッターをインストールします。アプリを開くと登録の選択画面が出ますので、案内に沿って情報を入力しましょう。名前、ユーザーID、メールアドレス、パスワードを求められます。ユーザーIDはその後自分の名前として表示されるので、長すぎず、わかりやすく、他の人と混同されにくい名前を決めておきましょう。
次にアカウントというアイコンを開くと、自分のプロフィール画面になります。自分のプロフィールを入力したり、アイコン写真を決めたりしてキャラターを確立させていきましょう。ここでHIGUCCINIさんからアドバイスが。
「ほかのSNSでも同じですが、プロフィール部分はとても重要です。料理家としての信ぴょう性をここで表現しておく必要があります。どんなことをやっているのか、肩書きはなんなのか、テレビや雑誌でレギュラー出演や連載を持っている人、著書のある人はそれも書いた方がいいでしょう。テレビ番組の制作の人や雑誌社の編集者がこれを見て出演の可否を判断するかもしれない、ということを念頭においてプロフィールを構成しましょう。プロフィール内容はその時々の状況に応じてアレンジしていくことをお勧めします」

Twitterでのビジネスアカウントとは?

Twitterには個人アカウントやビジネスアカウントという区分が存在しません。大企業も一般の人も横並びになるのがこのSNSの面白みでもあります。Twitterではアカウントは個人に紐づくものではなく、メールアドレスに紐づくものなので、メールアドレスを変えればアカウントをいくつでも増やすことができます。Yahoo!メールやGメールなどのフリーメールアドレスを取得しておけば、個人のアカウントと料理家としてのビジネスのアカウントを棲み分けることができます。個人のアカウントでは気ままに日常のことをつぶやきたい、という人は、サロン名などを冠した別のアカウントを用意するといいでしょう。

Twitterをビジネスで活用するメリットとは

Twitterをビジネスで活用するのに疑問を持っている人もいるかもしれません。それほど効果があるのか?という思いもあるかもしれませんが、多くの人の目に触れる機会が増えればそれだけ自分の料理家としての知名度や教室の認知度も上がりますし、「こんな料理を習ってみたかった」と漠然と感じていた潜在顧客、料理教室を探していた見込み顧客とのコンタクトポイントが増えることになります。またオープンなイベントの告知や、変更や中止などのインフォメーションの窓口として使うこともできます。すぐに集客が増えるというわけにはいかないと思いますが、あまり難しく考えず、まずは始めてみましょう。

ビジネスでTwitterを活用するテクニック

では、さらに一歩進んで、ビジネスでより効果的にTwitterを活用する方法を紹介していきます。Twitterでの情報発信で行き詰まった、より具体的な効果が欲しいと思っている人はぜひ試してみてください。

テクニック1)フォロワー数を増やす

ビジネスで利用するTwitterで求められるゴールの代表的なものは「フォロワー数」。リツイートなどを除けば、自分のツイートを目にする人の数といってもよく、この数をひとつの基準にするのは重要でしょう。フォロワー数が増えれば、他の生徒やテレビ、雑誌などのメディア関係者からも“信頼の置ける人”という目で見られるようになっていきます。
アカウントを開設した当初はフォロワー0人ですが、知人や、発言に親和性のあるユーザーを探してフォローしていく、関連性のあるツイートをしている人のツイートにコメントをしたりリツイートをしたりするなどして、アカウントの認知度を高めていくことになります。その先にツイートごとの「いいね」の獲得数、「リツイート」数も、効果測定の基準として見ていく必要があるでしょう。

テクニック2)人気のハッシュタグを活用する

ハッシュタグ(#)を用いた投稿をするというのも、情報を見てもらう大きなきっかけになります。というのも、そのタグに関心のあるユーザーが、検索して読んでいる可能性があるからです。インスタグラムでは30個くらいまでハッシュタグをつけることができますが、Twitterではハッシュタグは2つまでが推奨されています。検索されやすい効果的なワードを探してうまく使っていきましょう。

テクニック3)Twitterの3つの広告スタイル〜プロモアカウント・プロモツイート・プロモトレンド〜を活用する

Twitterには「プロモアカウント」や「プロモツイート」という広告スタイルがあります。「プロモアカウント」はおすすめユーザーとして、PC画面なら右上、に表示され(スマホはPCでタイムライン上に表示させることも可能)、「プロモトレンド」はPC画面なら右か左、スマホならキーワード検索画面に表示、「プロモツイート」はタイムライン上にインフィード広告として表示されます。
PCの場合、Twitterにログインした状態で右上の自分のアイコンをクリックすると、「Twitter広告」という選択肢があるので、そこから入り、「Twitter広告を設定する」を選ぶと「Twitter広告へようこそ」のページに入れます。フォロワー数の増加、ウェブサイトへの流入、エンゲージメントの増加、アプリのインストール数など、目的別にゴール設定ができるさまざまな選択肢があるので、目的に合わせて選びましょう。スマホの場合、iPhone6なら、Twitterのオフィシャルアプリを使用している場合は、自分のツイート画面を開き、広めたいツイートの右下に棒グラフのようなマークがあるのでそこをクリックするか、自分のツイートをクリックして下段にある「ツイートアクティビティを表示」をクリックすると「Twitter 広告」のボタンがあり、そこから中に入って登録をします。オフィシャルアプリ以外を使用している方や他のキャリアの方はそれぞれやり方が異なります(できない場合もあります)のでご注意を。またこういった自分自身で手続きを行う方法の他に、広告代理店などを経由して行う方法など、さまざまな方法があります。
成果報酬型の課金制度なので、広告を表示しただけでは課金されず、読んだ人が具体的な行動に出た時点で初めて課金されます。興味関心、フォロワー、地域、言語、性別、キャリアなどで表示先を選ぶことができるので、潜在顧客にリーチできる可能性が高いと言えるでしょう。またプロモツイートはタイムラインに流れてくるため、広告として受け取られず、ほかのツイートと同じように読んでもらえる可能性が高いと言えます。

 

テクニック4)Twitterアナリティクスで分析する

Twitter専用の無料分析ツール「Twitterアナリティクス」を使うと、自分のアカウントのツイートやフォロワーのデータを分析することができます。例えば、ツイートした回数とツイートがユーザーに表示された回数、プロフィールへのアクセス数などがわかったり、月ごとに、高いリアクションを得られたツイートがどれだったのかを分析したりすることができます。
これは主にPC版で行うことができます。Twitterにログインした状態で、右上の自分のアイコンをクリックすると、先ほどの「Twitter広告」の下に、「アナリティクス」という選択肢があるので、ここから入ります。上部のタブの「ツイート」を開けば、どのツイートに対して反応があったか、「オーディエンス」をひらけば、リツイートなどの反応を示した人の属性や興味関心がわかります。いろんなパターンのツイートを試みて、「アナリティクス」でその反応を見ることで、より効果的なツイートにたどり着けるはずです。
スマホでも簡易的にアナリティクスを利用することができます。先述したスマホでの広告出稿画面がそれに該当します。ツイートの中の「ツイートアクティビティを表示」を開くと、インプレッション数とエンゲージメント総数が表示されます。これによって簡単なリアクションの確認を行うことができます。

テクニック5)アカウントの凍結に注意

Twitterでは、ルールに違反したユーザーに対して「アカウント凍結」といって一時的、または無期限でアカウントがロックされてしまうことがあります。これはハッキングなどをされたアカウントを守るためのセキュリティの意味もあります。攻撃的なツイートや、他の人になりすましたアカウントなどもその対象になります。ツイートの内容と関連性がないハッシュタグをつけて何度も投稿した場合なども、スパムと判断されて凍結の対象になることもあるので、注意しましょう。

 

HIGUCCINIさんに学ぶ効果的な活用事例

「今」を切り取ること、そして「トレンド」や「巷の文化」と親和性が高いことがTwitterの特徴、というHIGUCCINIさん。こんな活用方法を教えてくれました。
「例えば僕自身、過去に投稿したツイートでも、トレンドキーワードに関連するものが上がってきたらすかさず再投稿します。今の旬のキーワードでハッシュタグをつけて過去の投稿のアーカイブを活用します。流れていくメディアだからこそ、タイミングに合わせたこまめなアプローチが効果を発揮します」

まとめ)情報収集から発信、出会いまで、Twitterでチャンスを掴もう!

いかがでしょうか?Twitterを初めて使う人も、これまで使ってきたけれどいまひとつビジネスに効果的な使い方がわからなかった人も、新しいアクションが見つかったはずです。日頃生徒とのコミュニケーションに限界を感じている人なども、Twitterを通して、今のトレンドやニュース、世の中の風潮をつかんでみるなど、情報発信以外にもさまざまな活用法があるのでぜひ一度お試しを。また気軽なコミュニケーションが取れるツールでもあるので、著名人や憧れのシェフや料理家と直接SNS上で接することのできるチャンスも! 慣れてきたら広告なども積極的に活用するとさらにビジネスへの効果が高まります。まずは始めてみてはいかがでしょうか。

撮影/神林環(HIGUCCINIさん)、UNSPLASH(イメージ) 取材・文/吉野ユリ子

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...