Twitter(ツイッター)ビジネス活用術! アカウント開設から広告の使い方まで【料理家のためのSNS講座】

スキルアップ

今の時代、ビジネスで成功するうえでSNSは無視することのできないツールです。情報発信に、情報収集に、ブランディングにと、幅広く活用できるこの道具をうまく活用していきましょう。
SNSを通じた料理画像の投稿でファンを獲得し、Instagramフォロワー25万人以上をもつ料理家のHIGUCCINIさんに、成功の秘訣を伺うこのデジタル講座。3回目は、Twitter(ツイッター)のページ作成方法から、ビジネスでの効果的な活用方法について紹介します。

2018年05月14日

TwitterはFacebook、Instagramと何が違うの?

 

これまでInstagramFacebookについてそれぞれの特徴とビジネスでの活用法を紹介してきましたが、Twitterには他とは違うどんな特性があり、どのように活用すれば良いのでしょうか。
まずTwitterにどのような特性があるのかを考えてみましょう。最も特徴的なのは、1投稿あたりの文字数の上限が140字に制限されていること。また、一般的に文字情報を中心としたSNSとして捉えられているということです。他に、Facebookとの違いとしては「匿名で登録できること」があり、Instagramとの違いとしては、リツイート(シェア、拡散)ができることが挙げられます(Instagramでもリポストが可能ですが、それよりはもう少し広義)。それがどのような意味をもたらすのかについても、考えていきたいと思います。

 

Twitter用語をマスターしよう

ビジネスでのTwitterの活用法を考える前にまず、このSNSだけで独自に使われているいくつかの用語を紹介しておきましょう。初心者はそれらを耳にするだけで「はてなマーク」が頭をよぎり、拒否反応を示してしまうかもしれませんが、以下に挙げた代表的な言葉だけでも知っておくと便利です。
●ツイート:つぶやき、書き込みのこと。本来は小鳥のさえずりのことで、ここから「ツイッター」という名称が誕生している。
●リツイート(RT):Facebookの「シェア」と同様の機能。他の人の投稿を自分の投稿と同列に、自分のタイムラインで発信することができる。その際は「◯◯さんがリツイート」という表示になる。
公式リツイート(RT):他の人の投稿に、コメントを加えたり改変したりせずに原文をそのままリツイートすること。
●非公式リツイート(QT);他の人の投稿を引用し、一部を改変して投稿すること。
●リプライ(リプ):@(相手のツイッターID)でツイートすることで、相手のツイートにコメントや返信をすること。
●タイムライン(TL):自分のホーム画面を開いた時の、自分がフォローしている人のツイートや自分のツイートなどが時系列で並んでいるライン。
●フォロー:気になる特定の人の投稿が常に自分のタイムラインに表示されるようにする機能。
●フォロー返し(フォローバック、リフォロー):フォローしてくれた人に対して、こちらからもフォローをすること。
●ダイレクトメッセージ(DM):タイムラインに表示するのではなく、本人だけに見られる直接メッセージ。

HIGUCCINIさんが考える、Twitterの特徴とは?

最初にTwitterの機能の特徴として、「匿名性」「文字数」「リツイート」を挙げました。これはどのような意味があるのでしょうか。「TwitterはInstagramと同様に匿名性が高いメディアですが、文字が中心だということもあり、Instagram以上に相手がどんな人なのかわからない、より匿名性が高いメディアと言えます」とHIGUCCINIさんは言います。
「ほかのSNSに比べても投稿数が多く、またリツイートしかしない人もいるので、あまりフォロワーの属性に神経質にならなくてもいいと思います。Instagramに比べて男性が多い傾向があるので、もし料理を仕事にしている人がInstagramとの差をつけた展開にしたいと思うなら、男性の嗅覚や好奇心に響くことを考え、オシャレやヘルシーさよりも“うまそうなもの”を投稿するのがいいのではないでしょうか」

Pages: 1 2 3

撮影/神林環(HIGUCCINIさん)、UNSPLASH(イメージ) 取材・文/吉野ユリ子

料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...