第5回・ラープムー(豚ひき肉のスパイシーハーブ和えサラダ)【プロに教わる逸品レシピ「ソムタムダー」ユットシェフ】

人気店のシェフに、プロならではの素材や調味料の選び方、食材の組み合わせ、テクニックなどを教えてもらう連載企画。タイ人シェフによる、タイ東北地方の料理を提供することで大人気の「ソムタムダー」。プチプチした米の粉の食感がやみつきになるひき肉のサラダ、「ラープムー」の作り方を聞きました。

レモンの酸味が心地よい旨味たっぷりのサラダ

バンコク、ニューヨーク、ホーチミンに店を持つ、タイ東北のイサーン地方料理を提供する「ソムタムダー」。ニューヨークではミシュランの星も獲得。2017年にオープンしたこちらは、厳選した食材を使い、地元の料理を忠実に再現したスパイシーな味わいに、クセになる人が続出しているとか。

今回、「ソムタムダー」のユットシェフに教えてもらうのは、日本人にも人気の高いサラダ「ラープムー」。ひき肉と混ぜ合わせたプチプチとした米の粉が小気味よく、酸味、旨味、辛味のバランスが絶妙です。

「ソムタムダー」では野菜や肉、魚などは新鮮なものを日本国内で入手しています。パクチーファランはパクチーよりも香りの強い、ギザギザの葉をもつ「ノコギリコリアンダー」とも呼ばれるハーブ。入手するのが難しいようでしたらパクチーで代用してください。豚ひき肉は市販の細挽きのひき肉よりも、粗挽きが好ましいので、ない場合は豚バラ肉を手切りで細かくすると食感がよくなります。

タイ米を炒って、カオクア(炒り米粉)を作ります。日本米でも構いませんが、香りが異なるので、タイ米を使う方が現地感がでます。

米が茶色になるまで弱火で10〜15分ほどじっくり炒めます。店では大量の米を3時間も炒めるのだとか!

タイの石臼クロックヒンやすり鉢で炒り米を潰し、細かくします。フードプロセッサーで細かくする場合は粒の大きさに気をつけてください。

粒が残るぐらいに挽きます。フードプロセッサーだとすぐ粉になってしまうので、ちゃんと粒が残るように調整してください。

鍋を熱し、油を引かずに豚ひき肉を加え、軽く炒めます。

水大さじ1を加えて、豚ひき肉となじませ、炒めます。

豚ひき肉から脂が出てくるので、炒め煮の状態になります。豚ひき肉に火が通ったら、火を止めます。

豚ひき肉のみ取り出します。豚ひき肉から出てきた脂は使用しません。

ナンプラーとレモン汁をボウルに入れ混ぜ合わせます。

豚ひき肉をボウルに加えてよく混ぜ、最初に作ったカオクア(米炒り粉)を加えます。次に、プリックポン(粉唐辛子)を加えて全体をよく混ぜ合わせます。

ホムデン、万能ネギ、パクチー、パクチーファランを加え、軽く混ぜ合わせます。

器に盛り、ミントの葉と揚げた唐辛子を飾ります。唐辛子を揚げるのは香りを出すため。面倒であれば唐辛子はなくても構いません。

ラープムーのお供に、タイの黒餅米を蒸したものを添えていますが、タイ米でも生のキャベツの葉でも構いません。3gのプリックポン(粉唐辛子)は日本人にとってちょっと辛めですが、タイ人の好む辛さは5gほど。お好みで減らしたり、増やしてみてください。

2019年08月19日
レシピ作成 「ソムタムダー」ユットシェフ
調理時間 30分 ※内準備時間20分

材料2人分

豚ひき肉

100g

万能ネギ(小口切り)

10g

パクチー(小口切り)

10g

パクチーファラン(小口切り/なければパクチーで可)

15g

ミントの葉

適量

ホムデン(または紫玉ねぎ/薄切り)

20g

プリックポン(粉唐辛子)

3g

タイ米

15g

揚げ唐辛子(なくても可)

2本

レモン汁

大さじ1

ナンプラー

大匙3/4

作り方

1.

万能ネギ、パクチー、パクチーファランは小口切りに、ホムデンは薄く切る。カオクア(米炒り粉)を作る。フライパンにタイ米を入れ、きつね色になるまで乾煎りする。粗熱を取ったらタイの石臼クロックヒンやすり鉢、フードプロセッサーで粒が残るぐらいの粉状にする。

2.

小鍋に豚ひき肉と水大さじ1を入れ、中火で炒め煮し、豚肉に火が通ったら火を止める。

3.

ナンプラー、レモン汁をボウルで混ぜ合わせ、2を加えて混ぜ、プリックポン、1を入れ、味がなじむように混ぜ合わせる。

4.

3にホムデン、万能ネギ、パクチー、パクチーファランを加え、軽く混ぜる。

5.

皿に盛り、ミント、揚げ唐辛子を飾る。

撮影/大木慎太郎 取材・文/高山裕美子

「ソムタムダー」ではスパイシーな料理に合わせるのにカクテルも人気。右はパクチーの香りがパンチのある、「パクチーモヒート」(¥850)。左はノンアルコールのローゼルジュース(¥550)。甘酸っぱく、タイの若者にポピュラーなドリンクだ。


シェフ紹介
トライトット・チュティパックティマーポンさん
(ニックネームはユット)
タイのイサーン地方、ノーンカイ出身。20歳でタイ料理の世界に入り、タイ国内の有名店で経験を積んだ後、インドのチェンナイへ。現地のホテル内にあるタイ料理店で6年間にわたり活躍。その後、故郷イサーンの味を世界の人々にもっと知ってもらいたい、との思いから「ソムタムダー」に入社。2019年より東京店のシェフを務める。


SHOP INFORMATION
店名:ソムタムダー
住所:東京都渋谷区代々木1-58-10 松井ビル1F
Tel:03-3379-5379
営業時間:11:30〜15:00、17:00〜23:00
定休日:無休
エリア:東京・代々木
http://somtumdertokyo.com


料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(1651) [3]=> int(3768) [4]=> int(3677) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

ピエール・エルメ・パリに教わる「パン・デピス」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

石井英美さん 大好きなお菓子作りで独立

料理家を支えるクリエイターたち Mr.CHEESECAKE 田村浩二さん

茂村美由樹さん 私のとっておきの一皿

料理家を支えるクリエイターたち スタイリスト・佐々木カナコさん

吉見ななえさん主宰「お菓子教室プレシュ」

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...