タイのライスサラダ「カオヤム」【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

料理のプロフェッショナルにレシピの極意を教わる連載。料理教室を主宰する「料理の先生」による、リクエスト率ナンバーワンの人気レシピを紹介します。おいしさはもちろん、生徒たちに愛される理由が満載のメニューに隠れた秘密を探ります。

>>おしゃれでおいしいレシピはまだまだこちらでも!

夏のホームパーティーに喜ばれる、おしゃれな大皿料理

自然と心がウキウキする夏真っ盛り。週末や夏休みを利用してホームパーティーを企画し、家族や友人と一緒にワイワイ過ごしたいという人も多いのではないでしょうか。

ホストとして自宅にゲストを招くときも、持ち寄りパーティーに参加するときも、悩ましいのがみんなに振る舞う料理選び。見た目が華やかで、ありきたりではなく、誰にでも喜ばれて、作るのにそれほど負担がかからない料理。そんなよくばりな条件を満たすレシピを教えてくれたのが、各国料理に精通した料理家の岡嶋美香さんです。

料理が好きで人と集まるのが好きだったという岡嶋さんは、料理留学でイタリアに1年、駐在でタイと中国に7年暮らした経験をもち、さまざまな国の人と食を通して触れ合ってきました。万人に愛され、食べる人に驚きと感動を与える気の利いた料理は、得意中の得意。豊富なレパートリーの中から、タイ南部の家庭料理「カオヤム」を披露してくれました。

「『カオヤム』は、タイのライスサラダ。レモングラス、こぶみかんの葉、ミントなどの爽やかなハーブ、しゃきしゃきとした色とりどりの生野菜、柑橘、干し海老、チリなどを、ジャスミンライスと一緒に盛り付けます。混ぜ合わせて食べると、酸味と辛味、そして食材それぞれの食感と香りが混然一体に。使っている食材はほぼ野菜なので罪悪感なく食べられますし、美しく盛り付ければ見栄えがするので夏のパーティーにはぴったりだと思います」

主宰する料理教室「Il Legame(イル・レガーメ)」では、“生徒たちが習ってみたい話題性のある料理”から“調理方法やレシピをものにしたい定番メニュー”、“食材や調味料の使い方を身につけたい料理”を、織り交ぜて紹介しているという岡嶋さん。「カオヤム」は、SNS映えする料理で習ってみたいと興味を引くメニューとして、またタイのフレッシュハーブの使い方とその風味を知ってほしいと、レッスンに採用したメニューだったといいます。

その狙いは見事的中し、生徒からは「色合いがきれいで、ホームパーティーで出すと歓声があがった」という声をはじめ、「爽やかなタイのハーブの香りにやられた!」「タイ料理好きでもこの料理は知らなかった」という感想が届くなど、レッスンで初めて食べたという人がほとんどで、味もルックスも深く印象に刻まれたようです。

食材はお好みでアレンジ可能で、香り、食感、色合いのバランスを考慮しながら、最低7~8種類の食材を使うとよいそうです。その際、レモングラスとこぶみかんの葉を入れると、グンとタイ料理らしい味わいになるとか。

「フレッシュなレモングラスとこぶみかんの葉は、アジア食材専門店やデパートなどで買い求める必要がありますが、このハードルさえ乗り越えれば、あとは食材を切るだけ。暑い夏に火を使わずに作れるうえ、食欲の落ちるときにも食べやすいと、夏の間何度もリピートして作ってくださった生徒さんもいらっしゃいました」

では、どんな食材を選んでも、おいしく、見栄えよく作るためのポイントは?

「まずはフレッシュなハーブを使うこと。そして、混ぜたときの味と食感のバランスがよくなるように、食材によって切る大きさと盛る量を変えること。特に、レモングラスやこぶみかんの葉は、食べたときに口に残らないように、ごく薄く切ってください。また盛り付けるときは、同系色のものが隣同士にならないように、彩りよく並べましょう。事前に時間をとって、紙やノートに食材の配置図案を描いておき、それを手本に盛り付けするのもおすすめです」

たっぷりの野菜やハーブをジャスミンライスと和えて食べる、タイのライスサラダ。ヘルシーで低カロリー、色鮮やかなルックス、そして辛すぎないエスニックな味わいで、女性からの支持率が抜群に高い一品です。

2019年08月5日
レシピ作成 「Il Legame(イル・レガーメ)」岡嶋美香さん
調理時間 30分 ※内準備時間0分

材料2人分

ジャスミンライス(1合のうち大さじ2杯分を黒米に変えて混ぜ、炊いたもの)

2皿分

ハーブ(レモングラス、こぶみかんの葉、ミント、パクチーなど)

適量

野菜(きゅうり、にんじん、もやし、スプラウト、さやいんげん、赤玉ねぎなど)

適量

フルーツ(文旦、夏みかん、マンゴーなど)

適量

その他(ライム、ピーナッツ粉末、干し海老、チリ、ココナッツなど)

適量

ソース

アンチョビ(みじん切り)

1枚

レモン果汁 

大さじ3

ナンプラー

大さじ2

しょうゆ

大さじ1と1/2

みりん

大さじ1/2

砂糖

大さじ1/2

作り方

1.

食材はすべて生のまま形を揃えて切る。こぶみかんの葉、きゅうり、にんじん、マンゴーは千切り、レモングラス、さやいんげん、赤玉ねぎは薄くスライス、もやしは根を取って食べやすい長さに切る。

2.

ソースを作る。すべての材料をボウルに入れ、混ぜ合わせる。

3.

皿の真ん中にジャスミンライスを盛り、1を彩りよく並べる。

4.

ソースを適量かけ、すべてを混ぜていただく。

撮影/大木慎太郎 スタイリング/小坂桂 取材・文/江原裕子

PROFILE
岡嶋美香(オカジマ ミカ)さん
料理教室「Il Legame(イル・レガーメ)」主宰。2000年に渡伊し、トスカーナ州「シエナ料理学院」で学ぶ。シナルンガのリストランテ「Walter Redaelli(ワルテル・リダエッリ)」にスタージュとして勤務した後、帰国。料理教室でレッスンを行いながら、定期的にイタリア各地におもむき、郷土料理を学ぶ。2008年~2015年、タイと中国に駐在し、現地で料理を習得。JSAソムリエ、野菜ソムリエのほか、中華人民共和国認定高級茶藝師、面点師、中華調理師資格を持つ。

 



LESSON INFORMATION
教室名:おもてなし料理教室「Il Legame(イル・レガーメ)」
実習スタイルで、最大6名までの少人数制。和洋中いずれかのテーマを設け、各国の料理学校やレストランで習得したメニューをベースにしたおもてなし料理を提案。家庭で再現できることを重視した作りやすいレシピには定評があり、季節を感じるテーマごとのテーブルコーディネートも好評。ワインソムリエの資格を持ち、試食タイムに料理に合わせて提供されるワインを楽しみに通う生徒も。
エリア: 神奈川県川崎市
URL: https://www.mikaokajima.com/

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...