高みを目指す、本格イタリア料理教室

注目の料理教室

バラエティあふれるキャラクターが揃う、「Kai House Club」の料理家たち。オリジナリティにあふれるおしゃれで楽しいレッスンの様子を、毎回一人ずつレポートする連載。自分に合う料理教室を探している人や、今後自分が主宰する料理教室にヒントを得たいと思っている人、共に必見です。

2018年04月19日

より高みを目指すグルマンたちが集う本格イタリア料理教室

イタリア料理の研究家として、料理教室「クッチーナ デル チェーロ」を主宰する吉沼弓美子さん。管理栄養士やソムリエの資格も持ち、そのレッスンはかなり本格的です。

参加する生徒たちは、レッスン中大忙し。雰囲気は和やかですが、とにかく「学びたい」という志の高い受講者が多く、メモを取る、料理のプロセスをデジカメやスマートフォンで撮影する、自身でも実践し、先生に質問する、さらには味わうという5つの作業の繰り返しで、約3時間のレッスンはあっという間に終わります。料理初心者でも充分に楽しめる内容ではありますが、学んでいる生徒たちの意識が高く、いわゆる“食べ手”としても経験を積んだ向上心のあるグルマンであることが、会話からもうかがい知れます。

そんな生徒たちに向かう吉沼先生自身も、かつて自身が抱いた葛藤や希望を忘れず、教える内容に盛り込んでいるそうです。例えばレッスンで学ぶメニュー点数。

「うちの通常レッスンでは、前菜、パスタ、メイン、デザートの中から3品を作っていただきます。季節によってはデザートが重要な時もありますし、前菜に味わうべき食材が出回る時もありますし、ケースバイケースです。ですが、3品をみっちりやることで、今後自宅で再現する際の完成度が上がることは確か。欲張らず、確実に自分がマスターするのを実感できるので、生徒さんにも支持していただけているように思います」と話す吉沼さん。実際、一度通い始めた生徒の定着率は高く、中には「すべてのレッスンを受けてきました」と誇らしげに語る人もいます。

吉沼さんがもうひとつ、気を配っているのが、「新しい食材との出合い」。この日のレッスンでも、イタリアのフレッシュチーズ「ブッラータ」が登場した途端に、教室内の空気は一変。「よく店で売っているのを見かけるけれど、どうやって調理するのか知らなかった」「イタリアを旅した時に食べたけれど、自宅キッチンでも使えるんですね」と、生徒たちは興奮を隠せない様子です。

Pages: 1 2 3

撮影/井上美野

教室主宰者紹介
吉沼弓美子(ヨシヌマ ユミコ) さん

栃木県出身。 管理栄養士としてメニュー開発に携わり、退職後1年間、イタリア・ボローニャのシミリ料理学校にてイタリアの家庭料理を学ぶ。 帰国後、料理研究家に師事する傍ら、イタリア料理店にて先端のイタリア料理にふれ、現在はフードコーディネーターとして雑誌やテレビ番組制作に携わり、イタリア料理教室の講師を務める。 管理栄養士・JSA認定シニアソムリエ。

 


SCHOOL INFORMATION

名: Cucina del Cielo(クッチーナ デル チェーロ )

エリア:東京都 世田谷区

特徴:8名までの少人数スタイルのイタリア料理のレッスンは、レギュラーとベーシック、2つのコースに分かれる。いずれも月一回の開講で、何日かの中から行きたい日を決めるシステム。入会金¥5,000、月謝¥7,000(材料費込み)。詳細や問い合わせはWebページから。

URL: http://cielo-cucina.cocotte.jp/

問い合わせ先: tel. 03-6314-5636


料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...