中村紫乃さん主宰「just baked!(ジャスト・ベイクド!)」【人気料理家のレッスン拝見】

個性豊かなキャラクターがそろう「Kai House Club」の料理家たち。オリジナリティにあふれるおしゃれで楽しいレッスンの様子を、毎月一人ずつレポートしています。新たな習い事として料理教室を探している人、今後自分が主宰する料理教室にヒントを得たいと思っている人、共に必見です。

2018年09月25日

アメリカの本格ベイクを家庭でもっと気軽に

東京・世田谷区の閑静な住宅街で、アメリカ式のベイクを教えている料理家の中村紫乃さん。アメリカンベイクといえば、アメリカ映画やドラマでもおなじみのパイやスコーン、レイヤーケーキ、クッキーなどが頭に浮かびますが、中村さんはこれまで100軒を超える現地のベーカリーを訪ね、そこからヒントを得た今のアメリカのおいしい味を伝えています。

元はフランス菓子職人だったという経歴を持つ中村さんは、従来の素朴さや作りやすさはそのままに、より洗練された味とルックスに仕上げたベイクがお得意。できる限り難しいことは省きながら、誰でも失敗なく作れるレシピには定評があり、生徒の中にはフランス菓子やイギリス菓子を一通り学んだ後、この教室でアメリカ菓子の魅力に開眼したという人も少なくないようです。

「アメリカンベーキングは、家庭にあるような材料で手軽に作ることができます。打ち粉も分量としてカウントされるほど厳密に作るフランス菓子と比べ、多少誤差があってもおいしく焼き上がるので初心者に優しいジャンルとも言えます。また、季節のフレッシュフルーツがふんだんに使われること、そして毎日食べても飽きのこない味わいも魅力です」

レッスン中は的確な説明とともに、アメリカ文化の話なども交え、わかりやすく楽しく進行していく中村さん。理想の食感に仕上げるために、粉を混ぜるときの手の動かし方もていねいに解説。「酢飯を混ぜるように」などといったユニークなたとえ方に生徒たちからも笑顔がこぼれ、レッスンは終始明るく和やかなムードに包まれています。

ポイントを押さえ、わかりやすさを重視

実習形式で基本を学べる「本科」とデモンストレーション形式で習うアドバンスの「研究科」の2つのレギュラークラスがあり、季節の行事などをテーマにした単発レッスンも不定期で開催。そしてこの日は、2種類のお菓子が習えるという新たなレッスンが行われました。

実習を行った「アップルビネガー・キャラメルをからめたアップルパイ」。中村さん考案のプレッツェル風仕上げを施していて、表面がザクッと香ばしく焼き上がりました。重要なポイントとなるパイ生地の仕込みと成形は、中村さんがひとりひとりに直接指導。包み込まないオープンタイプのパイは、初めての人でも失敗なくおいしく作ることができます。

デモレッスンだった「レモン・ラベンダースコーン」。爽やかなレモンとラベンダーが口いっぱいに広がり、洗練された大人の風味。また、中村さんが語るアメリカ式とイギリス式のスコーンの違いに、生徒たちは興味津々。

試食では当日作ったお菓子ではなく、中村さんが事前に作った別のメニューを提供。この日は、レッスンで作ったアップルパイのアレンジレシピでギリシャ風ほうれん草パイ「スパナコピタ」とサラダを。作ったお菓子は持ち帰り、レッスンのことを思い出しながらおうちでゆっくり味わえます。

レッスン中もレッスン後も、至れり尽くせり

持ち帰れるものは作ったお菓子だけではありません。日常的にお菓子を作る習慣がない人も参加する単発の特別レッスンでは、材料をいろいろ買い揃えることなくすぐに自宅で作れるオリジナルのミックス粉やキットを用意。これまで、小分けで入手しにくい材料が含まれるレシピ、熱々を食べてこそおいしいレシピ、簡単でパッと作れるレシピなどを中心に、スコーン、ビスケット、クッキー、チュロスなどのミックス粉やキットを制作しているそうです。また、手ぶらでも参加できるようにと、筆記用具からエプロン、そしてお菓子の持ち帰り用バッグや保冷剤までを完備。レッスンのクオリティの高さと、生徒のライフスタイルにまで想いを巡らせるおもてなしの心に、料理教室主宰者としての高いプロ意識を感じます。

先生はどんな人?

実家はフランス料理店だったという中村さん。紆余曲折を経てもなおあきらめられなかったアメリカンベイクの魅力を誰よりも知る人で、そのおいしさと楽しさを、持ち前の明るさとセンスで伝え続ける。現在はアメリカンベーキング教室を主宰しながら、定期的にアメリカ各地を訪れて独りでベーカリーを巡り、リアルなアメリカの味を追求し続けているという行動派。

生徒の声

  • 「お菓子教室をリサーチしていてこちらに出合いました。教えてもらうお菓子はどれもおいしくて、2016年に初めて参加して以来ずっと通い続けています。特に『アップルカスタードパイ』は秀逸で、何度も作っています。リアルなアメリカのお話も興味深く、渡米したら買いたい食材やキッチンツールはすべてメモしています」(松尾麻起子さん)
  • 「アメリカが大好きでときどき旅行していますが、ふだんは英語を習ったり、アメリカ映画を観たりして楽しんでいます。去年、アップルパイ尽くしの特別クラスに初めて参加して、ここでもアメリカを感じられると通うようになりました。現地の味そのままのお菓子はもちろん、先生が実際に見聞きしたアメリカのお話、そして素敵なテーブルコーディネートが毎回とっても楽しみです」(山﨑由紀恵さん)
  • 「ようやく少しだけ子どもの手が離れ、こちらに通うようになりました。持ち帰り用のお菓子のラッピングや、筆記用具やエプロン、持ち帰り用のバッグまで毎回用意してくださるなど、小さなことまですべて素敵! 今のところ一番のお気に入りのレシピは『アップルコブラー』です」(高橋枝里さん)
  • 「これまでフランス菓子、イギリス菓子、和菓子といろいろなお菓子を習ってきましたが、アメリカ菓子はシンプルで作りやすいところがいいですね。材料が少なくて、思い立ったらその日にでも作れる。また、中村先生のレシピは、アメリカのお母さんの味のような温かさがあるのも魅力です」(小林宏美さん)

撮影/井上美野 取材・文/江原裕子

教室主宰者紹介
中村紫乃(ナカムラ シノ) さん
東京都出身。東京都港区に三代続くフランス料理店に生まれ、大学卒業後に一般企業勤務を経てお菓子の道へ。「ル・コルドン・ブルー東京」にてフランス菓子を学び、「ダロワイヨ・ジャポン」「パティスリー・マディ代官山」での修業時代にはコンクール入賞も経験。その後、“毎日でも食べたい” アメリカ菓子に出合い、2008年よりアメリカ菓子教室「just baked!」を主宰。今のアメリカの味も伝えるべく、定期的に渡米して各地のベーカリーを巡り、訪れた店は100軒以上。


SCHOOL INFORMATION
名称: just baked!(ジャスト・ベイクド!)
エリア: 東京都 世田谷区
特徴: レギュラーレッスンは基本を学べる「本科」とアドバンスの「研究科」の2コース。季節の行事などをテーマにした単発レッスンも不定期で開催。レッスン料には材料費・受講料、持ち帰り用お菓子などが含まれるほか、単発レッスンでは復習用ミックス粉が付くクラスもあり。
URL: http://justbaked2008.wixsite.com/justbaked


料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...