料理コンペのカクテルレセプションに参加!【Kai House Clubイベントルポ~『エル・グルメ フードクリエイター部』編】

「Kai House Club」の会員になると、楽しい特典が満載です。さらに、クラブ内組織としてメディアとの共同プロジェクトなども。フードマガジン『ELLEグルメ』(ハースト婦人画報社)とのコラボレートによって運営される「エル・グルメ フードクリエイター部(FCC)」はそのひとつで、現在約100名の料理家たちが、バラエティあふれる“部活動”で活躍中。精力的な料理家たちは、セミナーやイベントといったさまざまな企画に参画し、そこで得た知識や人脈を自らのビジネスに生かして成功する人も続々と誕生しています。今回は、「グランド ハイアット 東京」で開催されたプロのシェフたちが腕を競うコンペティションイベントをレポートします。

>>フランス大使館イベント参加レポートはこちら!
>>オレンジワインセミナーレポートはこちら!
>>冬の軽井沢ツアーレポートはこちら!

2018年10月10日

プロのシェフがしのぎを削る料理の戦い「The Good Taste Series」

料理の魅力に取りつかれ、いつしか人に料理を教えたりレシピを提供するのが仕事になっていたという料理家たちにとって、プロフェッショナルのシェフというのは、どれだけ尊敬してもし切れない存在かもしれません。足しげく、話題のダイニングや星付きのレストランに通って勉強する人も多く、実際に料理店の厨房で働いたり、シェフが開催する料理教室に参加するという料理家も。そんな人たちにとって大変興味深いイベントが、「ハイアット」が2017年より世界規模で開催している「The Good Taste Series」です。世界各地にあるハイアットグループのレストランで働くシェフを対象としたグローバルな料理コンテストで、世界中で地区予選大会が開かれ、いくつかの予選を突破した選ばれたシェフたちが、最後は頂上決戦に集うという画期的なコンペティション。ホテル業界でのこのような試みは珍しく、一般的な料理コンペに比べて、「ハイアット」という同じベクトルを目指すグループに属していながらその頂点を競うというのは、さらにし烈さを極めるものでもあります。

今年度の地区代表を選考する「日本・ミクロネシア地区予選大会」が東京・六本木にある「グランド ハイアット 東京」で開かれました。“予選”といっても、日本全国、及び国外ミクロネシア地区にあるハイアット系ホテルで選ばれた精鋭たちが一堂に会するスペシャルなコンテスト。この日集まった予選通過のシェフには、当日朝に課題であるいくつかの食材が伝えられ、そこから2時間でレシピ案を考案し、3時間かけて実際に料理に仕上げます。この日のために招聘された料理人やジャーナリストといった審査員が、完成した料理を審査し、夜には優勝者が発表されるという過酷なスケジュールが挑戦者たちを待ち受けています。

審査発表が行われるのは「グランド ハイアット 東京」のボールルーム「レジデンス バジル」。審査員以外にも多くの関係者がレセプションに招待され、審査の結果が発表される感動の瞬間をシェアしたのですが、ここに「Kai House Club」会員であり、『ELLEグルメ』公認料理家「エル・グルメ フードクリエイター部(以下FCC)」の部員たち10名も駆け付けたのでした。

 

日本・ミクロネシア地区の「ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ」で働きつつ、この日映えあるこの場に呼ばれたのは11名の若いシェフたち。いずれも料理長クラスではなく、各地のホテル内レストランに勤務する未来のトップシェフ候補です。

ゲストを楽しませ、喜ばせるのが何よりも得意な「ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ」のイベントだけあって、一般的な料理イベントとは一味も二味も違うユニークな演出も満載。審査結果の発表までの時間は華やかなカクテルレセプションタイムで、集まった審査員や招待客は、各ブースに並べられたこの日の挑戦者の料理を存分に味わえます。ブースは11あって、これらのブースの料理をすべて味見すれば、審査に関わっていない招待客も自分なりに結果を想像することが可能。振舞われたおいしいシャンパンのおかげもあって、審査発表の頃には場内の熱気と興奮は最高潮に!

 

日頃は、雑誌やテレビ、イベントなどで料理レシピを披露したり、自らの料理教室で生徒向けに料理レッスンを行っているFCCの料理家にとっては、レストランで実際に活躍するシェフ、しかも11名もの現役料理人と触れ合えるのも大きな魅力。レストランでは到底体験できないような近い距離感で、「この料理はどのような着想から生まれたのですか?」「この味付けにはどんな調味料が使われていますか?」など、すっかり取材モードに。

ちなみに、この日の朝発表された「課題食材」は5つでした。内容は、「アトランティックサーモン、豚肉、フェンネル、アボカド、根セロリ」で、ごく一般的に親しまれている食材だけに、料理人のセンスや力量が如実に表れる難しいお題とも言えます。ふだんから料理に悩むことも多いFCCには、そんな難しい部分もダイレクトに理解できてしまうために、同じ食材を用いても11人の個性がヴィヴィッドに表れている料理の数々を見て、すっかり心を奪われている様子でした。

場内の興奮が最高潮に達したのは、日本・ミクロネシア地区予選大会を見事突破した最優秀シェフが発表された瞬間でした。栄冠に輝いたのは、「ハイアット リージェンシー 京都」内のイタリアンレストラン「トラットリア セッテ」で活躍中の奥田壮太朗さん。1992年生まれの26歳で、徳島県鳴門市に生まれ、幼少期より京都・嵐山に育ったという人です。若いながらも経験を積み、実力でこの座を射止めたことはこの後も高く評価されることに間違いありません。

奥田さんは今後、11月に香港で開催されるアジア・パシフィック大会に進み、これを勝ち抜けば、世界大会に参加することになります。まだ先は長いものの、惜しくも頂点には立てなかった10名のシェフたちの思いも背負って、きっと力の限りを尽くしてくれることでしょう。今後の動向に目が離せません。

 

 

栄冠に輝いた奥田シェフの料理が並ぶ「No.11」のブースで、シェフを囲んで。ちなみに奥田さんがこの日作った料理は2種類で、「柚子でマリネしたサーモンのハワイアンポキ仕立て、ディル風味のアブサンマヨネーズを添えて」が前菜、「萬幻豚のアリスタ・ディ・マイアーレ、濃厚な根セロリのクリーム、シナモン香るポルトソースと共に」がメインでした。

この日の朝、食材が伝えられてから数時間で構築したとはにわかに信じられないほど、高い完成度を持つビジュアルと味わいに、FCCの料理家たちは一同、感動! 「今度京都に行くときは、『ハイアット リージェンシー 京都』に必ず行きます!」「香港で開催されるアジア・パシフィック大会もこの勢いで突破して、ぜひ世界で戦ってきてください」と、口々にエールを送っていました。もしかしたらこの集合写真が、近い将来、大変貴重な一枚になるかも! そんな楽しい期待に胸をふくらませながら、改めて料理に携わる人生ってなんて幸せなことなのだろうかと、みなさん、実感した様子でした。

 

写真/井上美野

Information

「Kai House Club(カイハウスクラブ)」

 

正式名称は「Kai House Culinary Artist Club(カイハウス・カリナリーアーティスト・クラブ)」。貝印が運営する“料理家のコンシェルジュ”をコンセプトとしたメンバーズクラブ。さまざまな特典があり、今回ご紹介の「Kai House Club」主催のイベントやセミナーへの参加など、料理家に役立つ情報や経験が満載。入会資格は「現在、定期的に料理教室を主宰していること」。

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(5354) [3]=> int(3768) [4]=> int(2306) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

萌え断の極み!「フルーツサンド」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

アロマフレスカ原田シェフ まかないレシピ

アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

Edition Koji Shimomura(エディション・コウジ シモムラ)オーナーシェフ 下村浩司さん【私の駆け出し時代】

旅するように味わう 個性豊かなイタリア郷土料理の世界

第6回・シメサバのミキュイ 焼きなすソース、フランボワーズ和え 【プロに教わる逸品レシピ「Calme(カルム)」植松裕喜シェフ】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...