プロの逸品 鶏のオーブン焼きマラガ風

プロのレシピ

では早速、作り方を教わっていきましょう。

カスエラ(耐熱陶器皿)に角切りした野菜を入れ、さらにトマトを加えて軽く全体を混ぜる。塩、こしょう、オリーブオイルを振る。

骨付き鶏もも肉は両面に塩、こしょうで下味をつけ、野菜の上にのせて表面にオリーブオイルをかける。

つぶした皮付きのにんにくをのせ、ブランデーをまんべんなく注ぎ、ローズマリーとタイムをのせる。

200℃のオーブンで1時間焼く。ときどき野菜から出るスープを肉にかけてあげると、味が馴染んで鶏肉も焦げ過ぎない。

ハーブの香りが広がって、こんがり焼けたら完成。ブランデーや野菜の水分で鶏肉はしっとりと柔らかく蒸され、表面の皮はパリッと焼き上がる。鶏肉とたっぷりの野菜ソースとを一緒にいただくのが正解。華やかな見た目だから、気軽なおもてなし料理にも向いています。

磯部さんが使った料理道具。にんじんの皮むきに欠かせないSELECT100 T型ピーラー。そして、ソースや野菜を炒めるときに便利なo.e.c マイティー・スパチュラ(黒)

Pages: 1 2

たくさん作るほどおいしくなる、賑やかなスペインの食卓がイメージできるオーブン料理です。

2019年12月26日
レシピ作成 磯部 美木子シェフ
調理時間 60分 ※内準備時間0分

材料2人分

骨付き鶏もも肉

2本

トマト

2個

玉ねぎ

1/2個

ピーマン

2個

セロリ

20cm

にんじん

1/2本

にんにく

2片

ローズマリー

2枝

タイム

2枝

ブランデー

1/2カップ

オリーブオイル

大さじ2

適量

こしょう

適量

作り方

1.

骨付き鶏もも肉は塩、こしょうで下味をつける。トマト、玉ねぎ、ピーマン、セロリ、にんじんは角切りにする。

2.

カスエラ(耐熱陶器皿)に角切りした野菜を入れ、ざっと混ぜて塩、こしょう、オリーブオイルを振る。

3.

野菜の上に1の骨付き鶏もも肉とつぶした皮付きのにんにくをのせ、ブランデーを注ぎ、ローズマリーとタイムをのせる。

4.

200℃のオーブンで1時間焼く。ときどき野菜のスープを肉にかけてあげると、味が馴染んで鶏肉も焦げ過ぎない。

撮影/菊池陽一郎 取材・文/馬田早織

プロフィール

磯部 美木子シェフ

スペインへの語学留学中に料理の美味しさに目覚め、OL時代を経てスペイン・バスク地方を代表する料理学校ルイス・イリサールで学び、小笠原伯爵邸のスペイン料理店や恵比寿の「ティオ・ダンジョウ」(調布に移転)で研鑽を積み、2016年8月にスペイン・バスク料理レストラン「LANBRoA(ランブロア)」をオープン。

SHOP INFORMATION

店名:LANBRoA(ランブロア)
住所:東京都世田谷区用賀3-11-15
tel:03-6432-7017
営業時間:
18時~22時L.O.(火~金)
18時~21時30分L.O.(土、日、祝)
定休日:月曜

料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...