プロの逸品 鶏のオーブン焼きマラガ風

プロのレシピ

人気店のシェフに3つのレシピを教えてもらう連載企画。旬の食材を使ったレシピ、思い出のレシピ、お店で人気のまかないレシピの3品を教わります。12月はスペイン・バスク料理「LANBRoA(ランブロア)」の磯部美木子シェフ。2つ目のテーマ「人気のまかない料理」は「鶏のオーブン焼きマラガ風」。磯部さんがはじめてスペインを訪れたときに、ホームステイした家で習ったものだそう。たくさん作るほどおいしくなる、賑やかなスペインの食卓がイメージできるオーブン料理です。

「ランブロア」オーナーシェフ・磯部美木子さん。

ブランデーは豪快に!鶏のオーブン焼きはバルの定番まかない

磯部さんがはじめてスペインで暮らしたのは、南部の都市マラガ。まだ料理の道に進むことを決める前で、当時は現地の語学学校に通っていたそう。ところが、そのときのホームステイ先が偶然にもバルを経営する家で、これが運命だったのかも知れません。いつの間にか磯部さんもバルの手伝いをするようになり、みんなで賄いを食べたりして環境に溶け込んでいきました。「バルがあったからこそ、言葉や文化を早く覚えられたような気がします。みんな親切でとても優しくしてくれて、スペインが好きになりました。はじめて暮らしたのがマラガだったので、私が覚えたスペイン語もマラガなまりがありましたが、それからバスクの料理学校に通うようになると、今度はバスクの影響も受けて。そのまま休みの日にマラガの家族に会いに行くと、ミキコの言葉がバスクなまりだ!と言われたりして。国土の広いスペインは、地域によって文化も言葉もはっきりとした個性があるのです。最初に出会ったマラガの家族は、今も連絡を取り合う大切なスペインの家族です」。そこで教わったのが、この鶏料理。「本来は10人前ぐらいのボリュームでたっぷり作ります。バル仕事の休憩時間に、家族や働くみんなでこの料理を囲みました。香味野菜をたっぷり刻んだら、カスエラ(耐熱陶器皿)に敷いて下味をつけた鶏肉を乗せ、たっぷりのブランデーを注いであとはオーブンに任せるだけ。忙しいときは、簡単でボリュームのあるこの料理が出番です」

Pages: 1 2

たくさん作るほどおいしくなる、賑やかなスペインの食卓がイメージできるオーブン料理です。

2019年12月26日
レシピ作成 磯部 美木子シェフ
調理時間 60分 ※内準備時間0分

材料2人分

骨付き鶏もも肉

2本

トマト

2個

玉ねぎ

1/2個

ピーマン

2個

セロリ

20cm

にんじん

1/2本

にんにく

2片

ローズマリー

2枝

タイム

2枝

ブランデー

1/2カップ

オリーブオイル

大さじ2

適量

こしょう

適量

作り方

1.

骨付き鶏もも肉は塩、こしょうで下味をつける。トマト、玉ねぎ、ピーマン、セロリ、にんじんは角切りにする。

2.

カスエラ(耐熱陶器皿)に角切りした野菜を入れ、ざっと混ぜて塩、こしょう、オリーブオイルを振る。

3.

野菜の上に1の骨付き鶏もも肉とつぶした皮付きのにんにくをのせ、ブランデーを注ぎ、ローズマリーとタイムをのせる。

4.

200℃のオーブンで1時間焼く。ときどき野菜のスープを肉にかけてあげると、味が馴染んで鶏肉も焦げ過ぎない。

撮影/菊池陽一郎 取材・文/馬田早織

プロフィール

磯部 美木子シェフ

スペインへの語学留学中に料理の美味しさに目覚め、OL時代を経てスペイン・バスク地方を代表する料理学校ルイス・イリサールで学び、小笠原伯爵邸のスペイン料理店や恵比寿の「ティオ・ダンジョウ」(調布に移転)で研鑽を積み、2016年8月にスペイン・バスク料理レストラン「LANBRoA(ランブロア)」をオープン。

SHOP INFORMATION

店名:LANBRoA(ランブロア)
住所:東京都世田谷区用賀3-11-15
tel:03-6432-7017
営業時間:
18時~22時L.O.(火~金)
18時~21時30分L.O.(土、日、祝)
定休日:月曜

料理家のコンシェルジュ Kai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...