趣味と仕事の境界線はどこにある?【ビジネスマナー塾】

「小さい頃から料理が好きで、趣味が高じてこの世界に」。この道に就いた理由を問われると、おそらくほとんどの料理家が疑いもなくこう答えているのでは? もちろんそれ自体に正解も不正解もありません。しかし、同じような理由で料理を生業(なりわい)にしていながら、売れっ子とそうでない人との差は歴然。そこにある違いとは何なのでしょうか。実は、「趣味が高じて」と言いながら、「趣味のまま」でいるうちは仕事にはなりません。趣味と仕事の境界にある歴然とした違いを考察してみましょう。

>>料理家こそ自分マーケティングが大切!
>>効率的に人脈を築くにはこんな方法がおすすめ
>>企業やメディアに愛される料理家の秘密

2019年05月10日

ライバルがどれほど多いか、把握することから始めよう

日本には現在、約7000ほどの料理教室が存在すると言われています。しかし、教室を主宰していないものの料理を仕事にしている人や、SNSやブログなど、実際に人と対面することはないけれど料理メソッドを世に伝え続けるような人もいます。そしてもちろん、レストランやカフェなど、料理を他人に提供することで金銭を得ている飲食店の数たるや、まさに星の数ほど。つまり、現在国内には、「料理」というファクターを使って仕事をしたり自分を世に表現している人が想像をはるかに上回る数で存在しているということになります。

そして、そのほとんどの人々について言えるのは、料理が好きだということ。中には好きすぎて悩みが尽きない状況に陥っていたり、逆にアーティストの域にまで達してしまっているような人もいるかもしれません。が、料理が嫌いなのにこの道に入った人はおそらくいないはず。元は嫌いだった人が面白さに目覚めて志したり、幼い頃から手作りのお菓子を周りに配っては喜んでもらっていたり、かつて必ず「料理が趣味」だった瞬間があったはずです。

「Kai House Club」に所属している約1200名の料理教室主宰者もそれは同様のことでしょう。

「先生はどうして料理教室を開こうと思ったんですか?」
「さぁ……。趣味が高じてずっと料理を作っているうちに、いつの間にかこうなっていたんですよね」

そんな会話が、日本全国津々浦々で日々繰り返されているわけです。

料理が趣味。それは素晴らしいことです。主婦向け雑誌やテレビでは、毎日のように、作り置きおかずや簡単レシピ、食材の使い回し方やマンネリにならない調理法が紹介されていて、裏返せばそれは「料理とは手間のかかる義務労働だ」と考えている人が大変多いということを示しています。

なのに料理教室主宰者のみなさんは、料理が大好きであるばかりか、その素晴らしさを人々に伝えようとまでする崇高な目標を持っている。生徒や身の回りの人が、あなたが教えたり作ったりする料理で幸せを感じたり人生を好転させたりしているのであれば、胸を張って自分に自信を持つべきです。

しかし今回、あえて考えたいのは「趣味のままで歩き続けていないだろうか?」ということ。料理教室をもっとたくさんの人々に利用してもらって盛り上げたい、料理を通じて企業やメディアと仕事がしたい、自身の料理を料理本や番組で発信していきたいと考えているのにうまくいかないようなら、もしかしたら今もまだ、あなたにとって料理は趣味のままなのかもしれません。

 

 

プロになった瞬間から「料理は趣味」という考え方はいったん捨てる

この連載は、「今、幸せに料理の道を歩んでいながら、どこか一抹の不安を感じる」というあなたのような人に読んでいただくためにあります。

その不安の要因は多々あれど、ひとつに「料理教室を主宰するのには免許が要らない」ということがあるのではないでしょうか。レストランなら飲食業許可が必要ですし、「○○流」と付くような流派のある料理教室であれば、免許皆伝を経た人でないと教室は開けません。が、一般的に言って、料理教室を開くだけであればハードルはそれほど高くありません。どんな人でも「明日から私、料理教室を主宰する」と決めたらそれは可能なのです。

ただ、それだけに「こんな感じでいいのかな……」という不安を抱きつつ開業、という人が多いのも事実。医療従事者や教育関係者と異なり、免許も何もなく自らの決意だけでその道に入ってしまった場合、「プロ意識」というのはどうやって持てば良いのでしょうか。いつからプロと名乗って良いのでしょうか。決める手立てさえありません。

その結果、①「最初は近所の友達に請われて得意レシピを無料で伝えるホームパーティーだった」→②「次第に知らない第三者からも問い合わせが来たので材料費のみをいただくレッスン形式をとってみた」→③「さらに人数が集まったので、有料による定期的な教室を開くようになった」というような、「自分でも気づかないうちにこの道に」という、冒頭のパターンが生まれるわけです。幸せな例でもあり、祝福すべきことでしょう。

ここで認識すべきなのは、対価が発生した瞬間からプロとしての責任が発生するということです。上記の例であればおそらく、②の段階からこの人は“ふんわりとしたプロ”であるといえます。いわゆる、新米です。請われたから(レッスンを)開催したとか新米だからといっても、プロはプロ。対価をいただいて料理を伝えるという取引が成り立っている以上、厳しいようですが、失敗は許されません。相手が満足してもらえるように最大の配慮をするのは当然のことで、この瞬間「料理は趣味」という意識はいったん捨てた方がよいのです。

売れっ子だって「料理は趣味」と言っているのに……

ここでお伝えしたいのは、プロになったからといって、何も怖い顔で真剣にレシピや食材のことばかりを考える必要はないということです。大好きな売れっ子料理家の顔を思い浮かべてみてください。みんな一様に、雑誌やテレビに登場するときは、幸せそうな笑顔とふんわりした仕草で、おしゃれなレシピを披露しています。あれでよいのです。

彼らも「料理が大好き。一生の趣味」と口にしますし、そこに嘘はありません。違うのは、プロの料理家や料理教室主宰者というものは、自分だけで完結するシチュエーションと相手がいる場合とで、料理に対する姿勢をガラリと変えているということ。友人や家族が集まるプライベートの場では得意の料理をとっておきの食材や自慢の調理道具で作ったりしますが、読者や視聴者、消費者に向けて展開する料理となると、「この食材はいつでもどこでも手に入るか」「この調理器具は便利だけれど一般の人には難しすぎないか、高価で持っている人が少ないのではないか」などを徹底的に考え、さらに、仕事を発注してくれたクライアントの意向も汲んで料理を考案します。

趣味と仕事の境界線 1. 自分の得意より相手の不得意を優先する

例えばの話です。
上記で料理家が作る料理がとびきり美味しいポトフだったとして、骨付き羊肉と数々のハーブ、中近東の鍋を使って作るような凝った独自の料理であれば、それは「趣味のポトフ」。にんじんやじゃがいも、豚肉とコンソメ、隠し味が醤油ひとさじというような、誰でもフライパン一つで簡単に作れるような手合いのものであれば、一般人に支持される「仕事のポトフ」。人気料理家にとっては、どちらも美味しいのは当たり前の自慢の一皿。でも、作る相手やクライアントが求めている方向性に沿って、臨機応変に料理の表現方法を変えているあたりがプロフェッショナルです。

簡単なことなのですが、プロになり切れない人というのは、意外にこの「裏に潜んでいるプロフェッショナリズム」に気づくことができないものです。なぜなら、自分も料理が大好きだから。

「こんな料理、誰だって作れるし珍しくもないじゃない」
「こんな地味な、見た目もそんなに美しくもない料理の何がよいの」

他の料理家がメディアで紹介しているレシピを目にするとき、ついそのように考えてしまうことも多々あるはずです。そんなときは、その料理を作ってみる人たちが実際はどんな層であるのか、仕事を発注した企業がどのような業界で、どんな目的のもとに依頼したのかまでを読むクセをつけてみてください。なんなら、だまされたと思ってそのレシピを一度自分でも試してみると、手順を減らすために下味の付け方に意外な工夫がしてあったり、レストランのような美味とは言えないまでも素人でも失敗する確率が少なかったりという、細かいことに気づくかもしれません。

趣味と仕事の境界線 2. 納期とお金にはかなり厳しく

大活躍を続けているプロの料理家の仕事っぷりとはどのようなものだと思いますか。「こだわってこだわってこだわり抜いて、一つのレシピを完成させる食のアーティスト」を想像している人には意外かもしれませんが、成功する料理家というのは、決断が早く淡々としている人が多数派です。

彼らはまず、仕事の依頼をされた時に具体的な反応を示します。「できます」か「無理です」の二択。その判断を早く行うために、相手から、①納期、②制作費とギャランティー、③絶対に守らなければならないポイントを、躊躇なく(しかし感じの悪い印象を与えることなく)聞き出すことも上手です。

どんなに魅力的な仕事であったとしても、時間的に厳しすぎたり、制作費やギャランティー、求められていることが自分の状況やジャンルに合わないと判断したら、断る勇気も必要です。時間の調整が付けられるようならいったん返事を待ってもらってもよいでしょうが、自分が躊躇している間はクライアントは次点の人に声がけが出来ないということを考えれば、早い決断はビジネスマナーと言えるでしょう。

その上で、いったん引き受けた仕事はとにかく納期に間に合わせるように努めます。

「あと2日待っていただけたらもっといいレシピが出来るんですが……」

「制作費をあと少しだけ増やしていただけたら、完成度の高い料理に仕上がるのですが……」

つい言いたくなりそうな上記のセリフですが、よほど相手が無理を言っている場合でない限り、いったん受けてしまったら口に出すのは厳禁。それが趣味ではなく、仕事として料理を引き受けた場合のルールです。

 

趣味と仕事の境界線 3. 常に同じテンションで仕事に向き合う

好きこそ物の上手なれ。料理が好きだからこそ、何時間キッチンに立っていても平気だし、レシピの研究にはついつい没頭してしまうものです。しかし、「趣味の料理」であればそこにいくら手間や時間を費やそうが許されますが、「仕事の料理」に対して熱量の差が生じてしまうと、それはプロフェッショナルとは言い難くなります。

どんなに料理が好きといっても、同じような仕事ばかり発注されるとは限りません。

大の得意にしているフランス家庭料理のイベントと、3つの食材で何十種類ものレシピを栄養表付きで考えて提出しなければならない、まるで千本ノックのような料理本の仕事が目の前にあったとして、ここに対する意欲が違ってくるのは人間としては当然のことですが、それが相手に伝わったり周りから見てもなんとなく分かる、というようなことでは、仕事としての意識欠如と言われても仕方がありません。

得意不得意はもちろん、ギャランティーによって取り組み方が変わるというのも絶対にNGです。自分が無理をして持ち出しをするような我慢はもちろん不要ですが、仕事に対するテンションの振り幅が大きいと信頼を得ることはできません。趣味の料理も仕事の料理も、淡々と同じテンションでこなせるようになれば、おそらくその時あなたにはコンスタントに仕事の発注がくるようになっているはず。たくさんの仕事をこなすうちに、経験値は増え、自分なりのちょうど良いテンションが板についてきます。

 

まとめ

今回は、料理家稼業に就く人の「趣味と仕事の境界線」について考えてみました。ベースにあるのが「料理、大好き」という情熱であるだけに、ついつい見失いそうになることも多いのがこの境界線。しかし、一歩上をいく料理家になろうと思ったら、このラインを自分で見極めていくことは、まさに必要不可欠な関門なのです。

時には自分の料理愛が、プロであることを邪魔するようなこともあります。一度納品したレシピにさらに推敲を加えたくなったり、支払われるギャランティーをすべて、不安なあまり試作に費やしてしまったり……。最初のうちはそのようなことがあっても仕方がないし、そんな自分のことを「趣味を逸脱してプロに近づく途中段階にいるのだ」と理解し、むやみに自己嫌悪に陥ったりしないようにしてください。

どんなプロフェッショナルも、最初は初心者で駆け出しの新米だったのです。会社員と異なり、自分の名前を看板に歩いていくしかない、料理家という仕事。目の前の課題を一つ一つ無理しすぎず真面目にこなしていけば、いつしか「料理が趣味」だった時以上に料理という仕事を楽しいと思えるようになります。

 

写真/Unsplash

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(1651) [3]=> int(3768) [4]=> int(3677) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

ピエール・エルメ・パリに教わる「パン・デピス」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

石井英美さん 大好きなお菓子作りで独立

料理家を支えるクリエイターたち Mr.CHEESECAKE 田村浩二さん

茂村美由樹さん 私のとっておきの一皿

料理家を支えるクリエイターたち スタイリスト・佐々木カナコさん

吉見ななえさん主宰「お菓子教室プレシュ」

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...