アロマフレスカ原田シェフ 思い出のレシピ

人気店のシェフに3つのレシピを教えてもらう新連載がスタートしました。思い出のレシピ、お店で人気のまかないレシピ、そして旬の食材を使ったレシピの中から、ひと皿ずつ紹介していきます。10月のゲストにお迎えするのは東京のレストランシーンをリードし続ける『アロマフレスカ』の原田慎次シェフ。イタリアンの名店『ヂーノ』にて19歳でスタートさせたキャリアの中から、思い出のひと皿として選んでくれたのは定番・カルボナーラです。シンプルなレシピながら、原田シェフならではのきめ細かいコツが随所に。あらためて、シェフに作り方を教えていただきましょう。

しっとり感を味方につけた王道のカルボナーラ

原田さんとカルボナーラの出合いは、なんと14歳のとき。「当時は本格的なイタリアンのレシピ本はまだ少なくて、たまたま見つけた本を片手に見よう見真似で家族に作ってみたのがカルボナーラでした。これが大失敗(笑)、全然おいしくなかったんです」(原田さん)。それから時は流れ、六本木「ヂーノ」(現「リストランテレーネア」)の佐竹 弘シェフのもとでイタリアンの基礎を学びはじめた原田さん。修業を積むなかで「佐竹さんに初めて褒められたのが、このカルボナーラだったんです。よく覚えています。嬉しかったですね」と思い出を語る原田シェフ。今も原田さんのカルボナーラが食べたいとリクエストする常連も多いといいます。

銀座『アロマフレスカ』のメインダイニングに立つ原田慎次シェフ。

まずは卵液を作ります。「カルボナーラは本来はとても気軽な料理。パスタを茹で始めてから、卵を割って卵液の準備を始めるくらいでいいんです」(原田さん)。さらに重要なのが水分。「自宅で作るときって、パサパサしてしまいがちでしょう?だから、卵液を作る段階で水を少し加えておくといいですよ。普段カルボナーラを作り慣れていない人でも、卵液が扱いやすくなります」。

ボウルに黄身を入れます。ひとり一個。

そこに、すりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノを加えて混ぜます。

生クリームの分量は、試行錯誤の末、ひとり大さじ1にたどりついたといいます。

卵液に水を少し加えておくのが原田さん流。

スパチュラで手早く、丁寧に混ぜ、なめらかにします。

パスタを茹でる間に、グアンチャーレを炒めはじめます。オリーブオイルをひいたフライパンを中火〜強火で熱し、グアンチャーレを焼きます。オリーブオイルをひく理由は、しっとり感を保ったまま、グアンチャーレの余分な脂分だけを誘い出しやすくなるから。肉の柔らかい噛みごたえを残しておきたいので、あまりカリカリになるまで炒めすぎないように気をつけます。出てきた脂はすべて拭き取ってしまうのではなく、半分程度は残しておくこと。ここにパスタの鍋から茹で汁を少し取って加え、鍋肌についた旨味をまとわせます。もしグアンチャーレが手に入らない場合は?「豚バラのブロック肉に多めに塩をして、30分以上置いたものを使うほうが、肉の旨味がダイレクトに感じられて良いと思います。市販のベーコンや、燻製香のついたような製品はあまりおすすめしません」。

グアンチャーレはオリーブオイルをひいたフライパンで炒め、このくらいの色になったらOKです。脂はすべて取りきらず、半分ほど残します。

パスタの茹で汁を少しフライパンにとり、鍋肌についた旨味を湯にまとわせたら、茹であがったパスタを加えます。よく混ぜ、フライパンを傾けてこのくらいの水分量が残っているのがベスト。

卵液を加えたら、トングを使って手際よくパスタと卵液をなじませます。鍋肌にほんの少しソースがついている状態が、正しいしっとり状態のサイン。塩を少し足し、フライパンをあおるようになじませれば完成です。

 

深さのあるシンプルな白い器に盛り付けます。スパゲッティはひとり70グラムほど。あらびきの黒胡椒の風味も大事なアクセントです。

原田さんがこの日使った料理道具。左から、卵液を混ぜているo.e.c. ミニ マイティー・スパチュラ(黒)ロック式で使いやすいSELECT100 ミニトング 18cm 、人気のo.e.c. フライパン 25cm(ふた付)は原田さんも「いくつもの鍋を同時に扱わなくてはならない厨房では、短い取っ手が便利です」と絶賛です。

 

撮影/中村香奈子

チーズの風味と肉の旨味をしっかりと引き立たせ、しっとり感を味方につけた王道のカルボナーラです。

2019年10月22日
レシピ作成 原田慎次シェフ
調理時間 15分 ※内準備時間0分

材料2人分

スパゲッティ

140g

グアンチャーレ

70g

卵黄

2個分

パルミジャーノ・レッジャーノ

大さじ2

生クリーム

10g

大さじ2

パスタの茹で汁

大さじ2程度

オリーブオイル

少々

適量

粗挽き胡椒

少々

パスタを茹でる湯

適量

作り方

1.

ボウルに卵黄を入れて溶きほぐし、すりおろしたパルミジャーノを混ぜ合わせる。均一に混ざったら生クリームを加え、分量の水を加えてなめらかになるまで混ぜる。※プロは水は加えないが、自宅で作る場合はここで水をいれておけば仕上がりがダマになるのを防げる。

2.

グアンチャーレは7㎜幅の拍子木切りにする。フライパンにグアンチャーレとオリーブオイルを入れて火にかけ、グアンチャーレのまわりがカリッとするまで返しながら炒める。オリーブオイルを加えることで、グアンチャーレの脂が引き出され、柔らかく炒めることができる。

3.

フライパンの余分な脂をペーパータオルで拭き取る。脂はすべて拭き取るのではなく、半分程度。パスタの茹で汁を加えてフライパンについたうまみを溶かす。

4.

アルデンテにゆでたパスタを加えてひと混ぜし、1の卵液を加えて手早く混ぜ合わせ、塩で味をととのえる。

5.

器に盛り、黒胡椒をふる。

原田慎次さんプロフィール
はらだ・しんじ/1969年栃木県出身。19歳でイタリアンの先駆者・佐竹弘さん率いる「ヂーノ」にて修業をスタート。94年に「ジリオーラ」のシェフに就任。98年に「アロマフレスカ」をオープンさせ、南麻布への移転を経て、2010年に銀座にお店を構え現在に至る。小皿料理をメインとしたサロン「サーラ・アマービレ」を併設している。

SHOP INFORMATION
店名:アロマフレスカ
住所:東京都中央区銀座2−6−5 銀座トレシャス12階
Tel:03-3535-6667
営業時間:
11:30~15:00 (L.O 13:00)
ランチ営業は水木金土のみ。
17:30~23:00 (L.O 20:30)
定休日:日曜、第1月曜
エリア:東京・銀座
http://www.aromafresca-afsa.com/

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(502) [1]=> int(1914) [2]=> int(3768) [3]=> int(1651) [4]=> int(3677) }

人気の記事Pick Up Topics

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

ピエール・エルメ・パリに教わる「パン・デピス」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

トラットリア ケ パッキア岡村シェフに学ぶ魚料理

阿部由希奈さん カレーで切り拓いた、自分だけの道

石井英美さん 大好きなお菓子作りで独立

料理家を支えるクリエイターたち Mr.CHEESECAKE 田村浩二さん

茂村美由樹さん 私のとっておきの一皿

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...