アロマフレスカ原田シェフ 旬のレシピ

人気店のシェフに3つのレシピを教えてもらう新連載がスタートしました。思い出のレシピ、お店で人気のまかないレシピ、そして旬の食材を使ったレシピの中から、ひと皿ずつ紹介していきます。10月のゲストにお迎えするのは東京のレストランシーンをリードし続ける『アロマフレスカ』の原田慎次シェフ。イタリアンの名店『ヂーノ』にて19歳でスタートさせたキャリアの中から、今回のお題「旬の食材を使ったメニュー」として選んでくれたのは仔羊のパスタ包みです。ハーブやスパイスをまとった仔羊は、パーティシーズンのおもてなしにぴったりです。

銀座『アロマフレスカ』のメインダイニングに立つ原田慎次シェフ。

 

香りをまとった、贅沢な仔羊

秋の食卓で歓声があがるようなレシピをお願いしますというお題に応えて、原田さんが提案してくださったのは、旬の栗を添えた仔羊。表面を焼き固めた仔羊を、ローズマリー、クミン、粗塩を混ぜ込んだ香り高いパスタ生地でくるんで焼く、という大胆な一品です。「パスタ生地は、材料を混ぜ、手で混ぜてのばすだけ。とても簡単なので、お子さんと一緒に作るのもおすすめです。きれいにのばそうとか、ちゃんと練ろうとしないで、気軽に作ってみてください」(原田さん)焼いた仔羊をパスタ生地で包むだけという一見シンプルなレシピながら、時間をかけて丁寧に焼くことで肉にじわじわと香りや風味が移り、味わい深い一皿に仕上がります。では、原田シェフに作り方を教えて頂きましょう。

仔羊に塩胡椒をしたら、フライパンにラードを熱して、脂をかけながら表面を焼きます。この日のラムはオーストラリア産。「サラダオイルやオリーブオイルなどでも良いですが、動物はやはり同じ動物性の脂で焼いたほうがうまみが増します」。

このあと、仔羊はガスコンロの近くなど温かい場所に置いて休ませておきます。その間に作るのが、もうひとつの主役、パスタ生地。強力粉、水、卵、ローズマリーの葉、オリーブオイルを加えて混ぜ合わせます。

両手のひらを使い、生地そのものの重力をいかしてのばしていきます。

のばした生地にクミンシードをたっぷり敷き詰め、仔羊とローズマリーの枝をのせて、生地で包みます。

生地と生地の継ぎ目は、指でつまんでキュッと押すようになじませながら留めます。

仔羊を焼いたフライパンを洗わずに残しておき、同じフライパンで生地の表面を焼き固めます。岩塩の濃い塩分で生地がだれやすくなるのを防ぐためです。

栗と一緒に耐熱皿にのせ、230度のオーブンで焼くこと約15〜20分。そして、火から下ろしてさらに約15〜20分、余熱の力で肉をしっとりやわらかくします。「肉の大きさや生地の厚みによって、加熱時間は調整してくてみてください」。両手で生地を割ったら、ご覧の通り!いい香りとともに、おいしそうに焼けた仔羊が。栗は、引き続きオーブンに入れたまま20分焼きます。

 

原田シェフがずっと愛用しているという貝印の包丁。刃先が丸く短くなるほど使い込まれています。

ロゼ色の美しい断面が映えるように盛りつけます。色よく焼けた栗を散らし、パスタ生地も添えて華やかにします。「お客様にはパスタ生地はかなり塩辛いですよとお伝えするのですが、それでも食べてみたいという方がほとんどです(笑)。ローズマリーとクミンが効いていて、これはこれですっごく美味しいです」

仔羊を焼くのに使用したのは、人気のo.e.c.シリーズから、鉄製のフライパン。2.3ミリの厚めの底で、ステーキやブロック肉をおいしく焼き上げます。取っ手は耐熱性があるので、そのままオーブンに入れて調理ができます。

 

撮影/中村香奈子

 

表面を焼き固めた仔羊を、ローズマリー、クミン、粗塩を混ぜ込んだ香り高いパスタ生地でくるんで焼く、という大胆な一品です。

2019年10月17日
レシピ作成 原田慎次シェフ
調理時間 80分 ※内準備時間0分

材料2人分

仔羊ロース肉(ラムチョップ)

2切れ(300g)

塩、白胡椒

適量

クミン

大さじ1

ローズマリー

2束

オリーブオイル

適量

粗挽き黒こしょう

適量

適量

パスタ生地

強力粉

600g

2個

240ml

オリーブオイル

大さじ2

岩塩

80g

ローズマリーの葉

2枝ぶん

打ち粉(強力粉)

適量

作り方

1.

仔羊肉に軽く塩、胡椒をする。

2.

フライパンを強火にかけ、1を入れて向きを変えながら、ときどき溜まった脂をスプーンでかけながら表面を焼く。肉の表面に火を通すことで、うまみを閉じ込めることができる。火からおろし、ガス台やオーブンの近くなど温かい場所で10分休ませておく。

3.

パスタ生地を作る。ボウルにパスタ生地の材料をすべて入れ、手でよく練る。打ち粉をふった台に取り出し、2等分にして2〜3センチの厚さの円形に伸ばす。

4.

3の中央にローズマリーをのせ、クミンを散らして、2をのせて包み込む。

5.

4の表面にオリーブオイルをかけ、230度に予熱したオーブンで15〜20分焼く。このとき、皿の空いた部分に殻付きの栗も一緒に入れて焼く。仔羊肉を取り出してから20分置き、粗熱を取る。肉を休ませている間、栗は引き続きオーブンで20分焼く。

6.

パスタ生地を割って仔羊肉を取り出し、厚みを2等分する。器にもり、黒胡椒をひく。栗を割って添える。

原田慎次さんプロフィール
はらだ・しんじ/1969年栃木県出身。19歳でイタリアンの先駆者・佐竹弘さん率いる「ヂーノ」にて修業をスタート。94年に「ジリオーラ」のシェフに就任。98年に「アロマフレスカ」をオープンさせ、南麻布への移転を経て、2010年に銀座にお店を構え現在に至る。小皿料理をメインとしたサロン「サーラ・アマービレ」を併設している。

SHOP INFORMATION
店名:アロマフレスカ
住所:東京都中央区銀座2−6−5 銀座トレシャス12階
Tel:03-3535-6667
営業時間:
11:30~15:00 (L.O 13:00)
ランチ営業は水木金土のみ。
17:30~23:00 (L.O 20:00)
定休日:日曜、第1月曜
エリア:東京・銀座
http://www.aromafresca-afsa.com/

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(502) [1]=> int(1914) [2]=> int(3768) [3]=> int(1651) [4]=> int(3677) }

人気の記事Pick Up Topics

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

ピエール・エルメ・パリに教わる「パン・デピス」【ちまたで話題の料理にトライ!】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

トラットリア ケ パッキア岡村シェフに学ぶ魚料理

阿部由希奈さん カレーで切り拓いた、自分だけの道

石井英美さん 大好きなお菓子作りで独立

料理家を支えるクリエイターたち Mr.CHEESECAKE 田村浩二さん

茂村美由樹さん 私のとっておきの一皿

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...