蒸しサバのポテサラケーキ【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

料理のプロフェッショナルにレシピの極意を教わる連載。料理教室を主宰する「料理の先生」による、リクエスト率ナンバーワンの人気レシピを紹介します。おいしさはもちろん、生徒たちに愛される理由が満載のメニューに隠れた秘密を探ります。

>>おしゃれでおいしいレシピはまだまだこちらでも!

残暑疲れのボディーにエナジーチャージレシピ

残暑が厳しい毎日ですが、暦の上では秋本番。朝晩の気温が下がって過ごしやすくなり、楽しみな食欲の秋の到来です。火を使うことが億劫に感じていた夏も終わり、店頭に並ぶ旬の食材を目にして、キッチンに立つのが楽しみになっている人も多いのではないでしょうか。

夏から秋へと移る、季節の変わり目におすすめの料理を教えてほしいというリクエストに応えてくれたのが、“ココロとカラダが喜ぶレシピ”をテーマに活動する料理家のむらきじゅんさん。フランスで料理を学び、美容食学やスーパーフード、マクロビにも精通。フランスのエスプリの利いた、体にいいおもてなし料理を提案しています。今回披露してくれたおしゃれなオードブルそのものといったこちらのお料理は、なんとポテトサラダ!

「デイリーレシピのポテトサラダを、お酒のアテにもなって大人も喜ぶおもてなし料理にするなら……と考えた一品です。味付けにマヨネーズやオイルなどは使わないので、軽くてさっぱりした風味に。ヨーグルトの酸味とケイパーの塩気、鯖の旨味がバランスよく調和して、ワインや日本酒によく合います」

健康や栄養に重きを置く料理は、ともすると味や食べる楽しみがおろそかになりがちですが、体はもちろん心の豊かさも重視するむらきさんは、食べたときの味わいや見た目の美しさにも妥協しません。ヘルシーなのにおいしいから何度でも繰り返し食べたくなると、料理教室でもたちまち人気に。

「鯖に豊富に含まれるビタミンB2、ビタミンEは、夏に過酷な日差しのダメージを受けたお肌の新陳代謝を高め、修復してくれる大切な栄養素。また、鯖のEPAは、血管の健康維持に欠かせません。レッスンでは『ポテトサラダとは思えない!』『食べるのがもったいない~!』とおっしゃる生徒さんが多いのですが、食べ始めると皆さんあっという間に平らげてしまい(笑)、後をひくおいしさだと大好評でした」

ほかにも生徒たちからは、「年代・時代を問わず定番人気のポテトサラダが、ケーキのような見栄えになって、おもてなし料理になるというアイデアに感動!」「事前に作っておけるから、来客時にもバタバタすることなく、前菜としてお出しできてうれしい」「ポテトサラダはマヨネーズが苦手で食べなかったけれど、これならさっぱりしていて、いくらでも食べられる」など、絶賛のコメントが多数寄せられた様子。日常の食卓からホームパーティーまで、幅広いシーンで活躍する一品になっているようです。

思わず二度見してしまうユニークで美しいポテトサラダは、一緒にテーブルを囲む人みんなを笑顔にし、お酒も会話も弾むこと間違いなし。そんなときにあれこれ語れるように、さらにレシピのポイントを聞いてみました。

「鯖は蒸すことで余分な脂や臭みが落ち、ヘルシーかつ軽い仕上がりに。お好みで焼き鯖を使うと香ばしく、脂の旨味で味わいが増すので、違ったおいしさを楽しんでいただけます。また、形を整えるのにセルクルを使うこと、上に並べるじゃがいもをスライサーで極力薄くすることで、見た目を美しく盛り付けることができます。最後に表面をバーナーで炙るのですが、バーナーがなければ高温のトースターで表面をこんがり焼いてもOK。温かくても常温でも、おいしく召し上がっていただけます」

ヘルシーさと味のバランスを追求したレシピで、目にも体にもおいしいアートなポテトサラダ。食べて体の中から健康で美しくなれる、大人の女性にうれしい一品です。

2019年09月9日
レシピ作成 「SUPER BEAUTY RECIPES」むらきじゅんさん
調理時間 60分 ※内準備時間0分

材料4人分

サバ(半身・背骨の付いていないもの

1枚(約150g)

じゃがいも

280g(中3個)

ヨーグルト(水切り不要)

100g

ケイパー(粗みじん切り)

18g

小さじ1/3

じゃがいも(飾り用・小さめのもの)

1~2個

オリーブオイル

適量

ピンクペッパー

適量

粒マスタード

適量

作り方

1.

サバの両面全体に塩(分量外)をまんべんなく振り、10分ほど置く。出てきた水分をふき取り、湯気の上がった蒸し器で弱火で10分蒸す。小骨を取り除き、ほぐしておく。

2.

じゃがいもは、皮付きのまま柔らかくなるまで茹でるか、耐熱皿に入れてラップをし、600Wで5分加熱する。粗熱が取れたら、マッシュして皮を取り除く。

3.

飾り用のじゃがいもは、スライサーなどを使ってごく薄くスライスし、沸騰したお湯で2分ほど茹で、ざるに上げて水気を切る。

4.

2にヨーグルト、ケイパー、塩を加え、よく混ぜ合わせる。

5.

皿にセルクルを置き、4等分した4を敷き詰める。その上に、同じく4等分にした1をのせ、セルクルを抜く。その表面を覆うように3をきれいに並べ、あればバーナーで炙って焼き色をつける。オリーブオイルを回しかけ、ピンクペッパーを飾り、粒マスタードを添える。

撮影/大木慎太郎 スタイリング/小坂桂 取材・文/江原裕子

PROFILE
むらきじゅんさん
スーパーフードエキスパート、美容料理家。神奈川県横浜市出身・在住。パリ「リッツ・エスコフィエ」にてキュイジーヌのディプロマを修了後、結婚・出産を機に安心安全な食へと意識がシフト。美容食学とスーパーフードを学び、食をサスティナブルなライフスタイルと結びつけ、目にもおいしいレシピを提案。自宅キッチンスタジオにて料理教室『SUPER BEAUTY RECIPES』主宰しながら、雑誌へのレシピ提供、スーパーフード協会Facebookページのレシピ連載、自治体でのスーパーフードセミナーなども行う。

 

 


LESSON INFORMATION
教室名:Super Beauty Recipes
“ココロとカラダが喜ぶレシピ”をテーマした、フレンチベースのおもてなし料理のレッスン。美しい盛り付けやテーブルコーディネートと共に、スーパーフードやマクロビの要素も取り入れた、目にもおいしいレシピが学べる。毎月の定期レッスンのほか、パンとワイン、チーズと日本酒、手作りハムなど、毎回趣向を凝らしたテーマを設けた単発レッスンも人気。
エリア: 神奈川県横浜市
URL: https://www.superbeautyrecipes.com/

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1914) [1]=> int(502) [2]=> int(2744) [3]=> int(3768) [4]=> int(1651) }

人気の記事Pick Up Topics

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

サンデーベイクショップ直伝!「りんごのトレイベイク」【ちまたで話題の料理にトライ!】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

茂村美由樹さん 私のとっておきの一皿

料理家を支えるクリエイターたち スタイリスト・佐々木カナコさん

吉見ななえさん主宰「お菓子教室プレシュ」

話題のシェアキッチン「キッチンベース」って知ってる?

谷尻直子さん 出版とレストランの2つの軸への思い

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...