ビーツのオリエンタルスープ【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

料理のプロフェッショナルにレシピの極意を教わる連載。料理教室を主宰する「料理の先生」による、リクエスト率ナンバーワンの人気レシピを紹介します。おいしさはもちろん、生徒たちに愛される理由が満載のメニューに隠れた秘密を探ります。

>>おしゃれでおいしいレシピはまだまだこちらでも!

春先に体を温める優しい料理

健康志向が高まり続ける昨今、料理には、おいしさはもちろんヘルシーさも求められる時代になりました。また、SNSの台頭によって見栄えの良さも重視される傾向にあります。

そんな時代のニーズにぴったりの料理教室が、料理家の中村まりこさんが主宰する「鎌倉 legame cooking(レガーメクッキング)」。中村さんは料理一家の日本人の父とウクライナ人の母の元で育ち、、世界23カ国に滞在した経験を持つ国際派。祖父の代から日本割烹料理を営んでいたことから、日本の食文化についても造詣が深く、和の食材や技法にさまざまな国のエッセンスを加えたオリジナル料理が得意です。その料理が、見た目も味も新鮮なのに、食べてみると舌になじむとあって評判に。レッスンでは、盛り付けやスタイリングと共に、料理を華やかに演出する方法も伝えています。

今回ご紹介する中村さんの料理教室で人気のメニューは「ビーツのオリエンタルスープ」。ビーツの色を活かした、女性にやさしいスープです。

「ココナッツオイル、ココナッツミルク、しょうがを使うことで、体が芯から温まります。また、“食べる輸血”と異名をとるビーツや、植物性のココナッツミルク、しょうがから体に良い栄養素が摂れると同時に、デトックス効果も期待できるんです。鮮やかなワインレッドのビーツに、ココナッツオイルやココナッツミルクによる南国らしい香りを感じられるスープ。私のもう一つの故郷であるウクライナの料理を代表する『ボルシチ』にビーツは欠かせなく、私にとって小さいころからなじみのある食材を、私らしく紹介するならばと考案したレシピです。野菜をメインにして、マッシュルームでコクとうま味を出し、仕上げのしょうゆで香ばしさを与え、味全体を締める。説明するより、ぜひ味わっておいしさを確かめていただきたい自信作です」

レッスンでは、鮮やかなピンク色とオリエンタルな味わいがたちまち人気となり、「ビーツ好きなので、ビーツを使ったレシピのレパートリーが増えてうれしい」「他では習えないオリジナリティあふれる素材や調味料の組み合わせがステキ!」「簡単に作れて見た目もきれい。しかも体にいいなんてうれしすぎる」「作り置きできるので、栄養バランスが乱れやすい平日に楽しんでいます」といった声が、生徒たちから殺到しているそうです。

この料理の最大のポイントは、ビーツの色。そして、その色をきちんと出すために、あらかじめ加熱調理しておくのがコツだと、中村さんはいいます。

「ビーツの色を活かすことは、栄養を逃さないことにもつながります。変色を防ぐためにあらかじめじっくりと加熱調理することで、ビーツがやわらかくなり、甘味がしっかりと出ます。できれば茹でるよりも、オーブンで加熱するのがおすすめ。調理の工程としては、食材を切る、炒める、煮るだけなので、普段あまり料理をしない人でも失敗なく作れると思いますよ」

寒暖差のある花冷えのシーズンはもちろんのこと、強すぎる冷房が心配な夏、そして秋~冬と、一年中大活躍すること間違いなしのレシピ。見た目の愛らしさから、作る時間も楽しくなりそうです。

鮮やかなピンクのビーツに、栄養価の高いココナッツミルクとしょうががたっぷり溶け込んだヘルシー&ビューティースープ。体を芯から温め、体が喜ぶ女性にうれしいレシピ。作り置きできるので、日々の食卓からおもてなしまで活用できます。

2019年03月25日
レシピ作成 「鎌倉 legame cooking」中村まりこさん
調理時間 90分 ※内準備時間60分

材料2人分

ビーツ

200g

ココナッツオイル

70ml

玉ねぎ(みじん切り)

1/4個

にんにく(みじん切り)

1/2片

しょうが(みじん切り)

小さじ1

ブラウンマッシュルーム(薄切り)

6個

鶏ガラスープの素

小さじ1

ココナッツミルク

70ml

豆乳

70ml

サワークリーム(お好みで)

適量

生クリーム(お好みで) 

適量

塩 

しょうゆ

こしょう

作り方

下準備

1.

ビーツは丸洗いし、皮つきのまま適量の塩とサラダ油(※分量外)をふって230℃のオーブンで30分焼くか、大さじ1の酢(※分量外)を混ぜたお湯で1時間煮る。粗熱がとれたら薄切りにする。冷めたら皮をむき、薄切りにする。

作り方

1.

鍋にココナッツオイルを入れて火にかけ、玉ねぎ、にんにく、しょうがを加えて中弱火で2分ほど炒める。

2.

1にビーツとマッシュルームを加えて3分ほど炒めたら、水1カップ、鶏ガラスープの素を加えて3分ほど煮る。

3.

さらにココナッツミルク、豆乳、しょうゆ小さじ1/4を加えてひと煮たちさせ、塩、こしょうで調味する。

4.

ブレンダーでピューレ状にし、器に盛る。お好みで、サワークリーム、生クリームをかける。

撮影/神林環 スタイリング/小坂桂 取材・文/江原裕子

PROFILE
中村まりこ(ナカムラ マリコ)さん
東京出身。食に造詣の深い父とウクライナ人の母から2つの食文化を習得。世界23カ国での滞在経験で、素材から調理法に至るまでボーダレスな料理を経験。それらを軸にして独創的な組み合わせを表現する「SHOKUart」設立。鎌倉にて「legame cooking saon」を主宰。レシピ開発やフードスタイリング、イベント講師、食に関する執筆などを行うほか、外国人向けの和の料理教室やレシピ提供も手掛ける。



LESSON INFORMATION
教室名: 鎌倉 legame cooking(レガーメクッキング)
素材から「empirical&unleash」を軸に表現する 『legame cooking』主催。
4~6名の少人数制。食材からアプローチし、ジャンルにとらわれない“ボトムアップ&ボーダレス”を通じて、遊び心ある豊かな食生活を提案。季節ごとの色・香・空間を大切にし、旬の野菜をメインに、毎日の献立にもおもてなし料理にも活用できる色鮮やかでヘルシーな料理を学べる。
エリア: 神奈川県鎌倉市
URL: https://www.shokuart.com/

料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(2306) [1]=> int(1914) [2]=> int(502) [3]=> int(1651) [4]=> int(1646) }

人気の記事Pick Up Topics

病みつき必至!「わたしだけのカレー チキン(簡略版)」【ちまたで話題の料理にトライ!】

SHIORIさんに教わる「ファラフェル」レシピ【ちまたで話題の料理にトライ!】

ぎせい豆腐【プロに教わる逸品レシピ~Kai House Club料理家編】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

厚切りシャリアピンステーキ【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

第5回・ラープムー(豚ひき肉のスパイシーハーブ和えサラダ)【プロに教わる逸品レシピ「ソムタムダー」ユットシェフ】

人気ファッションエディター、大草直子さんに聞く「似合う服の見つけ方」【好感度アップコラム】

イベント「Kai House Club料理家 meet up!」開催のお知らせ

宮澤奈々さんに聞く【著者に聞く、話題の料理本出版記】

緒方美智子さん主宰「Cucina Italiana Via Frua(クッチーナ イタリアーナ ヴィア フルア)」【人気料理家のレッスン拝見】

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...