ピエール・エルメ・パリに教わる「パン・デピス」【ちまたで話題の料理にトライ!】

もうすぐ待ちに待ったクリスマス。今月は、この時期に作っていただきたいフランスの伝統的なクリスマス菓子を、フランス生まれの世界的パティシエのレシピでご紹介します。

>>これまでのご紹介レシピはこちら!

フランス伝統のクリスマス菓子「パン・デピス」

クリスマスに欠かせない食べ物といえばケーキ。日本では華やかにデコレーションされたクリスマスケーキが一般的ですが、ドイツの「シュトレン」をはじめ、イタリアの「パネトーネ」、イギリスの「クリスマスプディング」など、世界にはその土地ならではのケーキやお菓子があります。今月は、フランスの伝統的なクリスマス菓子「パン・デピス」を、パティスリー界のピカソと称されるフランス人パティシエでショコラティエのピエール・エルメさんに習います。

フランスでは12月になると、パティスリーやベーカリーのほか、マルシェなどにも並ぶ「パン・デピス」。“スパイスのパン”という意味がある伝統菓子で、パンのようなものからケーキに近いものまで、各地でさまざまなパン・デピスが作られています。

粉に数種類のスパイス、はちみつ、牛乳を混ぜて作るのが一般的ですが、今回は伝統を重んじながら常に新しい発想で革新的なお菓子を生み続けるピエール・エルメ・パリらしいアレンジレシピを特別に公開してくれました。

伝統の味を極めたモダンなパン・デピス

5種類のスパイスをたっぷり入れて作るパン・デピス。そのうちスターアニスは、温めた牛乳に浸して香りを移します。時間があるときは、冷たい牛乳とスターアニスを密封容器やジッパー付ポリ袋に入れ、冷蔵庫で一晩置いてもよいでしょう。

粉類やスパイス以外のはちみつ、グルコースシロップ、バター、牛乳は、温めてから混ぜるのがポイント。こうすることで生地がゆるくなり、焼成前の成形の際にのばしやすくなり、作業性が高まります。

生地は、しっかりとかたさのあるゴムベラを使い、大きめのボウルで混ぜると混ぜやすいそう。均一に混ぜることを心がければ、難しいテクニックは要りません。卵とバターを加えるときは、きちんと乳化するように回数を分けて混ぜましょう。

できた生地を、パレットナイフを使って均一な厚さの正方形にのばしていきます。この作業の前に、少量の生地を調整用として別にしておき、正方形に整えたときにできた穴や生地が足りない部分に使うと、上手に作業できます。

生地を焼くときは、個々のオーブンで焼き加減が変わるため、様子を見ながら焼成時間を調整しましょう。焼いた生地はマーマレードを塗って切り分け、5層になるように重ねていきます。また、マーマレードはお好みのコンフィチュールに変えてもおいしいそうですが、水分の多いものは避けてください。

最後に、生地やクリームにたっぷり混ぜたオレンジと相性のいいグラサージュ・ショコラを掛けて仕上げます。途中で作業を止めずに一気に流し掛けるのが、きれいに上掛けするポイント。そのままにしておくとチョコレートが固まって網に貼り付いてしまうので、表面が落ち着いたらオーブンシートの上に移動しましょう。

ピエール・エルメ・パリが、家庭でも再現しやすいように特別に考案してくれたレシピはいかがでしたでしょうか? フランスでの楽しみ方と同じく、クリスマス前の数週間、毎日薄くスライスしてお召し上がりください。

スパイス香るフランスの伝統クリスマス菓子、「パン・デピス」。フランスでは素朴な焼き菓子として知られていますが、今回はピエール・エルメ・パリが伝統を尊重しつつもチャレンジ精神を発揮し、オレンジを主役に据えたアレンジで仕上げました。

2018年12月3日
レシピ作成 ピエール・エルメ・パリ
調理時間 90分 ※内準備時間30分

材料約14×5.5cm 2台分

ライ麦粉(セーグル)

60g

強力粉(カメリア)

20g

コーンスターチ

11g

ベーキングパウダー

4.8g

カソナード

10g

1.2g

はちみつ

90g

グルコースシロップ(水あめ)

30g

シナモン(パウダー)

2.4g

ジンジャー(パウダー)

2.4g

カルダモン(パウダー)

1.2g

クローブ(パウダー)

0.27g

スターアニス

1g

牛乳

40g

全卵

50g

バター

35g

オレンジセミコンフィ

90g

オレンジマーマレード 

140g

グラサージュ・ショコラノワール(作りやすい分量)

コーティング用チョコレート(ヴァローナ社のパータグラッセノワール)

400g

ブラックチョコレート(ヴァローナ社のベルチュールアラグアニ・カカオ分72%)

160g

ぶどうの種油(サラダ油)     

40g

作り方

下準備

1.

軽く温めた牛乳にスターアニスを入れ、そのまま30分ほど置いて香りを移しておく。

2.

ライ麦粉、強力粉、コーンスターチ、ベーキングパウダーを合わせてふるっておく。

3.

オレンジセミコンフィを3mm角に刻んでおく。

4.

天板に32×32cmにカットしたオーブンシートを敷いておく。

作り方

1.

はちみつとグルコースを合わせ、電子レンジで温めて少しゆるくする。

2.

ボウルにふるった粉類、カソナード、塩を入れ、1を加えてゴムベラで混ぜる。ある程度混ざったら溶いた全卵の半量を加えて混ぜ、シナモン、ジンジャー、カルダモン、クローブを加えてさらに混ぜ合わせる。

3.

残りの卵を加え、しっかりと混ぜる。スターアニスを取り除いた牛乳を電子レンジで少し温めてから、3回くらいに分けて加えながら混ぜる。

4.

バターを電子レンジで温めてクリーム状にし、3に加えて混ぜる。そこに刻んだオレンジコンフィを加えて混ぜ合わせたら、生地の完成。

5.

オーブンシートを敷いた天板に生地をのせ、パレットナイフで均一の厚さにのばしながら、28×28cmの正方形に成形する。

6.

180℃に予熱しておいたオーブンで、13分焼く。焼き上がった生地はオーブンから取り出し、完全に冷ます。

7.

6を作業台に置き、ナイフを使って右端から6cmのところで切り離し、28×22cm(A)と28×6cm(B)の2つの長方形に切り分ける。Aの長方形の表面にオレンジマーマレードを均一に塗る。

8.

マーマレードを塗った大きい方の生地の長辺(28cm)が半分の長さ(14cm)になるように2等分し、できた2枚の生地を上下に重ねる。これで2層の生地の14cm×22cmの長方形になる。

9.

同様にして、長辺(22cm)が半分の長さ(11cm)になるように2等分し、上下に重ねて14×11cmの4層の生地にする。

10.

7のBの長方形を半分の長さ(14cm)になるようにカットし、9の上面に並べて置き、5層のケーキ生地にする。Bの2枚の生地の境目をガイドに、5層の生地を2等分し、約14×5.5cmの2台分の生地とする。側面の凹凸をナイフで整えたら、冷蔵庫で冷やし固める。

11.

グラサージュ・ショコラノワールを作る。すべての材料を耐熱ボウルなどに入れ、電子レンジで加熱して溶かし、均一になるまで混ぜる。10をバットなどに入れた網にのせ、上からグラサージュ・ショコラを流しかける。チョコレートが固まる前に、パレットナイフを使ってオーブンシートの上に移す。

撮影/大木慎太郎  取材・文/江原裕子

料理家紹介
ピエール・エルメさん
パティシエ・ショコラティエ。1961年、4代続くフランス・アルザスのパティシエの家系に生まれる。14歳でガストン・ルノートル氏に師事し、そのキャリアをスタート。1986年に「フォション」のシェフパティシエに就任。1998年、世界第1号店となる「ピエール・エルメ・パリ」を東京・赤坂のホテルニューオータニ内に初出店。2001年にはフランスの第1号店をパリ6区にオープン。2007年にレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ、2016年に世界のベストレストラン 50アカデミー「世界の最優秀パティシエ賞」を受賞するなど、数々の受賞歴を持つ。国際的なプロ菓子職人協会「ルレ・デセール」の副会長としても活躍。


SHOP INFORMATION
「ピエール・エルメ・パリ 青山」
住所: 東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 1・2F
URL: https://www.pierreherme.co.jp/
電話番号: 03-5485-7766
営業時間:11:00~20:00(イートイン1F/L.O.19:30、2F/L.O.19:00)、2F/土のみ11:30~
定休日: 不定休


撮影/三嶋義秀

著書紹介
『ピエール・エルメが教える焼き菓子ブック』(旭屋出版MOOK)
21世紀のパティスリー界を先導する第一人者、ピエール・エルメさんの焼き菓子を、家庭で再現できるレシピ本。写真を多用したわかりやすい解説で、初心者でもエルメさんのおいしさに挑戦できます。サブレ、パウンドケーキ、ダックワーズ、フィナンシエなどの伝統的な味に加え、バラのフレーバーとフランボワーズを組み合わせた「マドレーヌ イスパハン」、塩気のあるブラックオリーブがアクセントの「サブレ ア ロリーヴ ノワール」など、ピエール・エルメらしいレシピも多数掲載。


料理教室のイロハ

料理教室を開きたいと思ったら?

料理教室ってどんなところ?

array(5) { [0]=> int(1860) [1]=> int(2744) [2]=> int(1651) [3]=> int(2670) [4]=> int(3581) }

人気の記事Pick Up Topics

料理家 渡辺有子さん【私の駆け出し時代】

サンデーベイクショップ直伝!「りんごのトレイベイク」【ちまたで話題の料理にトライ!】

ラムかたまり肉のオーブン焼き、グリルトマト【プロに教わる逸品レシピ 「マルディ グラ」 和知徹シェフ】

中村紫乃さん主宰「just baked!(ジャスト・ベイクド!)」【人気料理家のレッスン拝見】

マインドフルネスのプロに聞く、いつもご機嫌な人でいる方法【好感度アップコラム】

話題のキーワードHot Keyword

新着の記事New Topics

カカオの新たな使い方を学ぶ【Kai House Clubイベントルポ~『FCC』編】

料理家が仕事の人脈を築く方法【ビジネスマナー塾】

第1回・シュークルート【プロに教わる逸品レシピ 「ブラッスリー ジョンティ」】

You Tubeで料理動画を配信する料理家、YOSHIROさん【料理家のためのデジタル塾】

「Sublime(スブリム)」フランスと北欧が調和する美しきガストロノミー

料理家のコンシェルジュKai House Club

料理家のコンシェルジュKai House Club
  • 会員限定のイベントやセミナーに参加できる
  • 貝印のキッチン用品を特別価格で購入できる
  • 貝印製品のモニター体験ができる
and more...